WordPressテーマのおすすめ無料3選+有料4選

この記事は約10分で読めます
Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

WordPressのブログをデザインする際に活躍するのがテーマです。

テーマを利用すれば、プログラミングの知識がなくても簡単にデザイン性の高いサイトを構築できます。

そこで今回はWordPressのテーマについて、選び方や入手方法、おすすめテーマ7選も含めて紹介します。

WordPressのテーマとは?

WordPressのテーマとは、ブログ全体のデザインや構成を設定するためのテンプレートのことを指します。

テーマを使用すれば、プログラミングの知識が無い人でも、好みのデザインのブログを簡単に構築できるようになります。

WordPress のテーマは無料でダウンロードできるものから有料で購入するものまでさまざまあります。

昨今では高品質な無料テーマも多数リリースされていますが、やはり有料テーマの方が高機能でデザイン性に優れたものが多い傾向にあると言えるでしょう。

さっそくWordPressのテーマの使い方を解説していきます。

Wordpressテーマの入手方法

WordPressのテーマには公認のテーマ自由販売(野良)のテーマの2種類があります。

公認テーマはWordPressの管理画面からインストールするのに対して、野良テーマはウェブサイトなどで配布されているテーマを自分でWordPress にアップロードして導入します。

公認テーマは野良テーマに比べて、インストールの手間がかからず、安全性が高い傾向にある一方で、野良テーマはものにもよりますが、公認テーマよりも高機能でデザイン性が高いことが多いです。

公式テーマの導入方法

公式テーマをインストールする際の手順は以下の通りで、5分程度で全て完了する簡単な作業となります。

①自身のWordpressの管理画面にログイン
②Wordpress管理画面の「外観」→「テーマを追加」
③好みのテーマを選択して「インストール」をクリック
④画面上の「有効化」をクリック

野良テーマの導入方法

野良テーマをインストールする際の手順は以下の通りで、テーマのダウンロード時間にもよりますが、10分程度あれば全行程が完了します。

①テーマの公式サイトからファイルをダウンロード
②自身のWordpressの管理画面にログイン
③Wordpress管理画面の「外観」→「テーマを追加」→「ファイルを選択」の順にクリック
④公式サイトでダウンロードしたファイルをアップロード
⑤画面上の「有効化」をクリック

WordPressテーマを選ぶ際の3つのポイント

数あるWordPressテーマの中から、自分のブログにあったテーマを選ぶには、どのような点に注目すればよいのでしょうか。

本章では、 WordPress テーマを選ぶ際のポイントを3つ紹介します。

SEO対策を行いやすいか

SEO対策が行いやすいかどうかは、WordPressのテーマを選ぶ際の重要なポイントです。

SEOとは、自分のサイトの記事をGoogleなどの検索エンジンで上位表示させるための施策のことです。

そもそもブログの記事は、検索エンジンで上位表示されなければ、ユーザーの目に触れる機会すらないことから、SEO対策は必要不可欠です。

以下の機能が搭載されているテーマは、SEO対策を行いやすいといえるでしょう。

  • パンくずリストの設定
  • タイトルディスクリプションの設定
  • index、nofollowの設定
  • 構造化データの設定

テーマを導入する際は、これらのSEO対策機能が搭載されているかどうかを確認しておきましょう。

デザインは自由にカスタマイズできるか

ブログ運営において、デザインは非常に重要です。

人は外見で第一印象を判断しますが、これはサイトについても同じことが言えて、特に初回の訪問者は、デザインでそのサイトの良し悪しを判断しがちです。

コンテンツが見にくかったり、違和感があったりするようなサイトからはユーザーがすぐに離脱してしまうでしょう。

また、デザインは他のサイトとの差別化にもつながります。

検索キーワードが同じ場合は、どうしても記事内容が似通ってしまいますが、そこで差別化できるのがブログのデザインで、 デザインが使いやすく印象に残れば、ユーザーのリピート訪問にもつながります。

多くのWordPressテーマの公認テーマには、デモサイトが掲載されているので、自分の思い描いているようなサイトにデザインできそうか必ず確認しておきましょう。

十分な機能が備わっているか

テーマに便利そうな機能や自分が使いたい機能があるかどうかは、必ず確認しておきましょう。

ランキング機能吹き出し機能ブログカード機能など、サイト運営を行う目的によって必要な機能はさまざまです。

テーマを導入する前に、サイトを運営する目的を明確にして必要な機能を洗い出しましょう。

おすすめの無料WordPressテーマ3選

本章では無料で入手できるおすすめのWordPressテーマを3つ紹介します。

Cocoon

CocoonはSEO・高速化・モバイルフレンドリーに対応した無料のWordPressテーマです。

無料テーマの中でも特に人気の高いテーマで、デザインはシンプルかつカスタマイズ性が高く、機能性も十分で、初めての人でも感覚的に使える便利機能を多数搭載しています。

GoogleアドセンスやAmazon商品リンクの挿入も可能であるため、アフィリエイトで稼ぎたいと考えている場合もおすすめのWordPressテーマです。

値段 無料
機能 ・吹き出し機能
・ブログカード機能
・ランキング掲載機能
・アフィリエイトタグの一元管理機能
・定型文のテンプレート化機能
SEO対策 ・メタディスクリプションの設定
・構造化データエラーゼロ
・ワンクリックでAMP対応
・ページ高速化機能
レスポンシブデザイン 対応
デザイン シンプル

Xeory Extension

Xeory Extensionは、ワンカラム型のサイトにコンテンツマーケティング用のブログ機能を搭載した無料のWordPressテーマです。

ウェブマーケティングの分野で有名なバズ部が制作しているだけあって、SEO対策には特に定評があります。

加えて、Xeory Extensionはデザインのカスタマイズ性にも優れていて、自分好みのサイトに作り変えることができます。

公式サイトでデザインのカスタマイズ事例を掲載しているため、気になる人は確認しておきましょう。

また、サービス紹介、会社情報、お問い合わせといった情報を管理画面から設定できるため、企業サイトを運営したい用途にもおすすめできるWordPressテーマです。

値段 無料
機能 ・CTAの設定
・ランディングページの作成
・SNS・アナリティクスの設定
SEO対策 ・タグの設定
・メタディスクリプションの設定
レスポンシブデザイン 対応
デザイン シンプル

Luxeritas

Luxeritasはサイト高速化やSEO対策、レスポンシブデザイン、機能面に定評があるCocoonと並んで人気の高いWordPressテーマです。

管理機能でカスタマイズできる内容は約64種600項目以上もあるため、無料テーマでありながらも、自分好みのサイトが制作できます。

値段 無料
機能 ・ブログカード機能
・定型文・ショートコード登録機能
SEO対策 ・ディスクリプションの自動・手動挿入
・HTML 5の仕様に応じた文法
・サイト高速化
レスポンシブデザイン 対応
デザイン ・文字や背景色など600項目以上の項目から自分好みにカスタマイズ
・グローバルナビのデザインやヘッダー上のメニューの表示有無も変更可能

おすすめの有料WordPressテーマ4選

本章ではおすすめの有料WordPressテーマを4つ紹介します。

賢威

賢威は2万7000人を超えるユーザーが選んだSEOテンプレートの大ロングセラーです。

2007年1月に販売を開始してから現在まで、上場企業や中小企業のウェブ担当者、個人企業家、アフィリエイターまでさまざまな用途に利用されています。

コーポレート版、ビューティー版、プリティ版といった多様なジャンルのデザインテンプレートを用意、カスタマイザーを利用することで、管理画面内でデザインやレイアウトを調整することもできます。

賢威のその他の特徴は以下の通りです。

  • 質問フォーラム利用可能
  • 高機能だが完全初心者向けテーマではない
値段 2万7280円(税込)
機能 ・著者情報の表示
・関連記事の機能向上
・スライダーや全画面表示機能
SEO対策 ・ページ高速化
・タイトルやメタディスクリプションの設定
・SEOマニュアル・SEOサポートあり
レスポンシブデザイン 対応
デザイン コーポレート版やビューティー版、プリティ版といった多様なジャンルのデザインテンプレートを用意

AFFINGER

AFFINGERはアフィリエイトサイトで稼ぐことに特化した有料WordPressテーマです。

有料テーマの中でもトップクラスと言えるほど多くの機能が搭載されていて、その多機能さゆえに、最初は全てを使いこなすことは難しいですが、調べながら使っていくうちに少しずつ仕組みが分かってくるはずです。

AFFINGERは定番のテーマだけあって、使い方を解説したサイトがたくさん見つかります。

デザインは可愛い系ブログ、事務系サイト、メディア系サイトなど、さまざまなジャンル向けのテンプレートが用意されています。

値段 スタンダード版:1万4800円
EX版:2万6800円(スタンダード版に20以上の特別機能を搭載)
機能 ・ランキング機能
・ヘッダーカード(おすすめ記事)機能
・アニメーション機能
・「お客様の声」機能
SEO対策 ・メタディスクリプションの設定
・Googleアナリティクスやサーチコンソールとの連携
・SNS連携
レスポンシブデザイン 対応
デザイン 事務系サイトやメディア系サイト、店舗系サイトなどさまざまな方向けのテンプレートを用意

SWELL

SWELLはデザイン性機能性に特に定評があるWordPressテーマです。

SWELLの魅力は何といってもブロックエディタへの対応で、 WordPressのブロックエディタと連携して多くの機能を利用できることから、HTMLやCSSの知識がなくてもマウス操作で直感的に好みのデザインに仕上げることができます。

シンプルで美しく、読み手がコンテンツに集中できるようなデザインも魅力で、どんなジャンルにもマッチします。

ライセンス制限はないため、複数サイトで自由に利用できることも大きな魅力です。

値段 1万7600円(税込み)
機能 ・ブロックエディタ連携
・ユーザー専用フォーラムでの質問
・広告タグのCTR計測やAB テスト
・Googleアドセンスの簡単挿入
SEO対策 ・キャッシュ機能や遅延読み込みによる高速化に対応
・JSONーLDによる構造化マークアップ機能
・タイトルタグの設定
・メタディスクリプションの設定
・メタキーワードの設定
・robotsタグの設定
レスポンシブデザイン 対応
デザイン シンプルで美しいデザインであるため、どんなジャンルにもマッチ

JIN

JINは、アフィリエイト界で有名な「ひつじ」さんが作成した、アフィリエイトのためのノウハウが凝縮された有料のWordpressテーマです。

インフィード広告や商品ランキング機能、CTAエリアの作成機能などがアフィリエイトでの収益化を後押ししてくれます。

JINには11種類のテンプレートが用意されていて、このテンプレートを選んだ後に色の組み合わせやフォントを調節します。

これ以外にも160パターンの見出しデザインや15種類の吹き出し、10種類のCVボタンなど多様な機能が搭載されているため、自分好みのサイトが完成します。

値段 1万4800円
機能 ・解説ボックス
・ブログカード
・アコーディオン
・商品ランキング機能
・広告一括管理機能
・CTAエリアの作成
SEO対策 ・サイト高速化機能
・役割を理解しやすいブログパーツ
・アクションしたくなる仕組みなど内部 SEO対策済み
レスポンシブデザイン 対応
デザイン ・11のテンプレート
・その他見出しやボタンデザインも豊富に用意

まとめ

今回は、WordPressでおすすめの無料テーマと有料テーマを合計7つ紹介しました。

最近は無料のテーマであっても、デザイン性や機能性に優れたものが多数リリースされていて、コストをかけなくても充分に優れたブログを作成できます。

とはいえ、有料テーマの方がサポートやデザイン、機能の幅が広いことは事実なので、まずは無料テーマでサイトを運営してみて、足りない機能が出てきた段階で有料テーマに切り替えることをおすすめします。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

独自ドメインを取得するなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

独自ドメインを取得しようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください!

お名前.comで
独自ドメインを取得

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
泉 賢

GMOインターネット株式会社お名前.com事業部所属。
お名前.comのドメインに関するマーケティング業務を担当し、現在はオウンドメディアサイト運営を中心に活動中。