WordPressブログを最適化するおすすめパーマリンク設定

この記事は約8分で読めます

WordPressの設定で後悔しがちなのがパーマリンクの設定です。

記事ページのURLのパターンを定義する設定ですが、ブログが軌道に乗った後では変更が難しいため、初期設定の段階で設定を確定させなければなりません。

今回はパーマリンクのベストなおすすめの設定を改めて確認します。

この記事で分かること

  • ブログのパーマリングの機能と役割
  • WordPressのパーマリンクの設定方法

WordPressのパーマリンク設定とは?

パーマリンクとは、WordPressの個々の記事ページに設定されたURLのことです。

WordPressでは、新たに記事を作成すると「https://●●●blog.com/?p=123/」といったURLで公開されますが、これが記事のパーマリンクであり、この文字列をどのようなパターンの表記にするかは、WordPressの重要な初期設定のひとつです。

パーマリンクは、その意味が「恒久的(permanent)なリンク(link)」であることからも分かるように、一度指定したら基本的に変更することはありません。

パーマリンクを変更すると、URLの文字列が変わるため、その記事ページに外部のサイトから張られたリンクが全て無効になり、ブログの最大の資産である外部リンクが失われてしまいます

外部リンクは検索エンジンの重要な評価項目のひとつであるため、外部リンクが消失すると検索順位も急落します。

パーマリンクの設定は、WordPressのインストール直後に指定したら、以降は触るべきではない項目です。

WordPerssの初期状態では、パーマリンクは「基本」の設定になっています。
これは記事ページに割り当てられた記事IDがURLに含まれる形式で、記事IDが「123」であれば、「https://●●●blog.com/?p=123/」といったURLになります。

この設定では、記事が作成された日時や、どんな内容の記事なのかを伺い知ることはできません。
URLからその記事の情報を読み取れないと、記事ページを管理にする際に不便です。

WordPressには、「基本」を含めた5種類のパーマリンク設定と、要素を自由に指定できる「カスタム構造」という設定があります。

WordPressのインストールが完了したら、パーマリンクの設定を変更して、記事ページを管理しやすく、検索エンジンにも評価されやすいURLのパターンに変更しておくのがおすすめです。

合わせて読みたい

【重要度別ガイド】WordPressインストール後の初期設定

WordPressのパーマリンク基本5設定

WordPressでのパーマリンクの設定は、管理画面の「設定」にある「パーマリンク設定」から変更できます。

設定項目には「基本」「日付と投稿名」「月と投稿名」「数字ベース」「投稿名」の5つの基本設定があり、さらに利用者がタグを組み合わせる「カスタム構造」を加えた6種類の中から選択できます。

まずは「基本」から「投稿名」までの、5つの基本設定について解説していきましょう。

基本

  • 例:https://●●●blog.com/?p=123

WordPressのデフォルトの設定で、ドメインの後に「?p=数字」という形式で記事IDが付いていて、記事IDの数字は自動的に決定されます。

このパーマリンクを採用するメリットは特にないので、別の形式に変更すべきでしょう。

日付と投稿名

  • 例:https://●●●blog.com/2021/05/25/記事タイトル/

ドメインの後に、記事が公開された年月日と記事タイトルが、「/」(スラッシュ)で区切られて続く形式です。
URLから記事が公開された日時を把握できるので、日記系ブログでは便利でしょう。

しかし、それ以外のブログで利用する場合、URLから古い過去の記事であることを推測されて、読者から避けられる可能性があります。
あえて選択するメリットはないでしょう。

月と投稿名

  • 例:https://●●●blog.com/2021/05/記事タイトル/

ドメインの後に、記事が公開された年月と記事タイトルが「/」で区切られて続きます。
これもURLから記事の公開年月が分かってしまうのが難点です。

記事内容を更新して、最新の情報を加筆しても、URLの年月は最初の投稿のときのままなので、古い情報の記事と誤解される恐れがあります。

公開時期によって記事を分類できるのは便利ですが、日記系のブログ以外ではおすすめしません。

数字ベース

  • 例:https://●●●blog.com/archives/123/

ドメインの後、「archives」に続いて記事IDの数字が表記されるパターンです。
「基本」よりはシンプルで見やすいURLになっていますが、これもURLから記事内容を推測することができません。

あえて無機質で分かりにくいURLにしたいという場合以外、選ぶメリットはないでしょう。

投稿名

  • 例:https://●●●blog.com/記事タイトル/

ドメインの後に、記事タイトルが記載されるパーマリンクです。

日付の情報がないので公開日が開示されず、なおかつ記事タイトルから記事の内容を推測できます。
5つの基本設定の中では、もっとも実用性のあるパーマリンクでしょう。

ただし、記事タイトルは自動で短縮される上、日本語のマルチバイト文字をそのまま利用した場合、1バイト文字に変換されて、長大なURLになってしまうという問題があります。

この5つの基本設定はどれも万全の設定とは言い難く、あまりおすすめできません。

そこで、6つ目の設定項目である「カスタム構造」を利用して、使いやすいURLになるように自分で設定する方法を試してみましょう。

合わせて読みたい

WordPressブログに設置すべき4種の固定ページ

パーマリンクを「カスタム構造」で指定する

パーマリンクは、5つの基本設定の中から選ぶなら「投稿名」がベターですが、もっといいのは「カスタム構造」で、パーマリンクの要素を自分で入れ替えて設定する方法です。

「カスタム構造」では、タグを組み合わせることによって、パーマリンクのURLを自由にカスタマイズすることができます。

カスタム設定でパーマリンクを設定する

WordPressの管理画面で、左メニューの「設定」から「パーマリンク設定」を開き、「共通設定」の「カスタム構造」を選択しましょう。

「利用可能なタグ」のタグをクリックすると入力欄に追加されます。
「%year%」(年)、「%monthnum%」(月)など10種類のタグが用意されています。

記事タイトルをURLに表示させたい場合は、「%postname%」を設定しましょう。
これでドメインの後に記事タイトルが続くURL、つまり「投稿名」と同じパーマリンクになります。

これで基本設定の「投稿名」と同じように、URLに記事タイトルが組み込まれました。
しかし、日本語の記事タイトルをそのままURLに利用すると、マルチバイト文字を扱えないために1バイト文字に変換され、URLが長大になってしまいます。

そこで、URL内の記事タイトルを手動で英数字の文字列に変換しましょう。

WordPressの記事作成画面では、パーマリンクに記事タイトルが含まれている場合、その内容を手動で変更できます。
URLに含まれる記事タイトルは「スラッグ」と呼ばれますが、このスラッグを任意の文字列に変更できるのです。

例えば、「独自ドメインを取得しよう」というタイトルの記事の場合、URLは「https://●●●blog.com/独自ドメインを取得しよう.html/」となります。

この日本語の記事タイトルの部分を、短い英数字の文字列に変更して、「https://●●●blog.com/domainget.html」とすれば、スッキリとした扱いやすいURLになります。

スラッグを英数字に変更する

WordPressの記事作成画面で、記事タイトルを入力した後に、画面右上の「下書き保存」をクリックしましょう。

右メニューの「パーマリンク」の項目を開くと、「URLスラッグ」が指定できるようになっています。

「URLスラッグ」にURLに利用したい英数字の文字列を入力しましょう。
一般的に日本語の記事タイトルを英数字で短縮した文字列が使用されます。
この状態で記事を公開すれば、スラッグが反映された記事URLになります。

長すぎるURLは視認性に欠けURLの操作でミスが起きやすいことから、SNSなどの外部サービスにURLを転載する際の障害になります。

「Bitly」などのURL短縮サービスを使って短いURLに変換することは可能ですが、余計な一手間を挟むことによる弊害は大きいので、できるだけオリジナルの記事URLをシンプルな表記にするように心がけましょう。

パーマリンクでもうひとつ考えておきたいのが、「カテゴリー」です。
パーマリンクに記事のカテゴリーを追加することで、記事のURLはさらに使いやすくなります。

例えば、記事のカテゴリーが「ウェブ」であれば、「https://●●●blog.com/web/domainget.html」というパーマリンクにすることで、記事タイトルだけでなくその記事が含まれるカテゴリーを、URLから推測できるようになります。

カテゴリーを含んだパーマリンクは、記事とカテゴリーの階層関係をURL上で明示するため、クローラーがカテゴリーページの存在を検知しやすく、検索エンジン最適化においても有利に働くとされています。

ただし、パーマリンクにカテゴリーが含まれる設定にすると、記事のカテゴリーを後から変更したときに、記事のURLも変わるので、過去のリンクが全て無効になってしまいます。

新たにカテゴリーを新設して、そちらに該当する過去の記事を移動させる、といったことができなくなるので注意しましょう。

「カスタム構造」でカテゴリーを追加する

「パーマリンク設定」で「カスタム構造」を選択し、「利用可能なタグ」から「%category%」「%postname%」を指定しましょう。

新規記事を作成し、タイトルを入力。「下書き」で保存して「パーマリンク」を開きましょう。記事URLにカテゴリーが追加されているのを確認します。

ここでは記事のカテゴリーをまだ指定していないため、「Uncategorized」という表記になっています。

記事のカテゴリーを指定した上で「下書き」を保存しましょう。
「web」というカテゴリーを指定したので、URLも「/web/domainget」に変更されています。

合わせて読みたい

ブログが検索結果に出てこない理由とその対処法

まとめ

今回は、WordPressのパーマリンクの設定について解説しました。

パーマリンクは、記事ページのURLをどのような構成にするかの設定です。
これは記事を管理する上での利便性には関わってきますが、実はブログのパフォーマンス面には、それほど大きな影響を与えません。

もし既にブログの運営を既に始めてしまっているのであれば、記事ページのURLが気に入らなくても、パーマリンクの設定は変更しないことをおすすめします。

パーマリンクの改善によるアクセス数への影響は微々たるもので、それよりも過去の記事のURLが変更されることによるマイナス面の影響の方がはるかに甚大だからです。

初期設定のパーマリンク設定のままで、大きな成功を収めているブログはたくさんあります。

WordPressのインストール後、パーマリンクの設定を行ったら、後は下手に弄らずに、サイト運営の方に集中しましょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

WEB学園をご覧のお客様限定でドメインが0円

お名前.comならドメインが0円で登録できます。ブログに使用するドメインをお探しの方は、ぜひこの機会にお申込みください!

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
知るくま先生

国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!

WEB学園をご覧になった方限定

ここからお申込みで
ドメイン登録料金0円!

お申込みはこちら

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる