WordPressのデータを確実に守る!おすすめのバックアップ方法

この記事は約8分で読めます

WordPressの運用で忘れてはならないのが「バックアップ」。

長年培ってきた設定や、書き溜めた記事が、トラブルで水泡に帰すことのないよう、データの保存は確実に行っておきたいところ。

今回はWordPressのバックアップの方法について解説します。

この記事で分かること

  • WordPressでバックアップすべきデータ
  • WordPressでおすすめのバックアップ方法

WordPressのバックアップはなぜ必要?

WordPressの運営が軌道に乗ってきたら、バックアップ体制の構築に取り組みましょう。
WordPressに関する重要なファイルは、全てサーバー内にあるので、特に不安を感じていないという人もいるかもしれません。

しかし、サーバーにあるからといって、データの安全性が保証されたことにはなりません。
サーバー内に保存してあったデータが破損して、ブログが復元不可能になるケースはいくらでもあります。

代表的なのは次のような状況でしょう。

アップデート後の不具合

WordPressでは、プラグインやテーマ、WordPress本体の最新版が頻繁にリリースされていますが、その最新版が常に安定して動作する保証はありません。

最新版にアップデートしたところ、一部の機能が使えなくなったり、強制終了が頻発したり、最悪の場合、WordPressが表示されなくなる可能性もゼロではありません。

そういったトラブルに遭遇した場合、以前の安定版に戻すには、バックアップデータの存在が不可欠となります。

カスタマイズ中のミス

WordPressは、自由にコードを書き換えられるカスタマイズ性の高さが魅力ですが、後先考えずにコードをいじると、元の状態に戻せなくなることがあります。

コードを書き換える際には、以前のバージョンを保存しておくのが基本ですが、簡単な修正を加えるつもりでそのままコードを変更したところ、ブログが表示されなくなってしまった……なんて話はよく聞きます。

そんなときもバックアップデータがあれば、書き換える前の状態にWordPressを戻すことが可能。
難易度の高いカスタマイズにも、安心して取り組むことができます。

ウイルスなどによるブログの改ざん

WordPressはセキュリティ面のリスクが比較的高いソフトです。

利用しているサイトが非常に多いことから、WordPressをターゲットにしたマルウェアやウイルスが大量に出回っており、気付かないうちに感染しているケースは珍しくありません。

その場合、挙動がおかしくなったり、広告が強制表示されたりといった症状が現れ、駆除しようにもまともな対策がなかったりします。

この場合も、バックアップデータがあれば感染前の状態に戻せるので、確実な対処が可能です。

バックアップがない状態でこういったトラブルに遭遇すると、最悪の場合はWordPress全体の削除を強いられ、長年続けたブログを破棄することになりかねません。

バックアップデータの存在は、多くのトラブルに対する最終的な解決策となりえます。WordPressを利用する以上は、確実に設定しておくべきでしょう。

合わせて読みたい

WordPressにログインできない?サーバーエラーとその対処法

WordPressでは何をバックアップすべき?

WordPressのバックアップでは、どのファイルを保存しておくべきでしょうか。

単純にサーバー内にあるWordPressのフォルダを丸ごとバックアップすればいいと考える人もいるかもしれませんが、それだとブログの最も重要なデータである、過去記事の内容がバックアップされません。

ブログの本体ともいえる記事、設定、ログイン情報などのデータは、WordPressのフォルダではなく、サーバーの「テータベース」に保存されています。

WordPressのバックアップでは、この「データベース」の保存が最も重要になります。

次に重要なのが、WordPressの「uploads」フォルダ内にあるデータです。ここには記事用にアップロードした画像や音声、動画、PDFなどの素材が保存されています。

それ以外では、WordPressのテーマを保存した「themes」フォルダ、プラグインを保存した「plugins」フォルダもバックアップの対象に挙げられます。

これらについては、後から再インストールすることもできますが、その場合、独自に行ったカスタマイズの内容が保存されません。

特にテーマでは、WordPressの「テーマエディター」から、GoogleアナリティクスやGoogleアドセンスのコードを書き加えていることが多いはずです。
再設定の手間を省くためにも、確実にバックアップしておきましょう。

【WordPressでバックアップすべき要素】

・データベース
重要度:高
保存内容:記事タイトル、記事本文、カテゴリ、タグ、WordPressの設定全般、ログインID、パスワードなど。

・「uploads」フォルダ
重要度:高
保存内容:記事に掲載するためにアップロードした画像、音声、動画、PDFなどのメディアファイル全般。

・「themes」フォルダ
重要度:中
保存内容:WordPressのテーマを構成するPHP、CSSなどのファイル。

・「plugins」フォルダ
需要度:小
保存内容:WordPressのプラグインを構成するPHPなどのファイル。

合わせて読みたい

WordPressブログを最適化するおすすめパーマリンク設定

WordPressをバックアップする3つの方法

WordPressでバックアップを行うには、主に2つの方法があります。

ひとつはサーバーに付属しているバックアップ機能を利用する方法です。
レンタルサーバーの多くは自動バックアップ機能に対応していて、サーバーの内容を定期的に保存してくれます。

この機能ではデータ保存の失敗が少なく、安定したバックアップ体制の運用が行えることから最もおすすめできる方法となります。

「お名前.com」のレンタルサーバーの場合、「WEBデータ」「メールデータ」「データベース」の自動バックアップに対応。
最大で14日間の過去に遡っての復元が可能です。

もうひとつは、WordPressのプラグインを利用したバックアップです。
WordPressにはバックアップ機能を追加するプラグインがいくつかありますが、その中でも「BackWPup」は、自動・手動のバックアップ設定を簡単に行えるプラグインです。

機能面においても、保存データの容量制限がない、破損リスクの低い圧縮形式を選択できるといったメリットから、多くのユーザーが愛用しているツールです。

バックアップしたデータはサーバー内に保存されますが、パソコンにダウンロードすることも可能となっています。

「お名前.com」のレンタルサーバーの自動バックアップ機能と、プラグイン「BackWPup」の自動・手動バックアップの設定の手順を解説しましょう。

レンタルサーバー付属の自動バックアップ機能を利用する

「お名前.com」のレンタルサーバーのコントロールパネルを開きます。
左メニューの「サーバー」をクリックしましょう。

「サーバー」が開いたら「自動バックアップ」をクリックします。

自動バックアップの状況が表示されます。
「WEBデータ」「メールデータ」「データベース」の復元が可能です。
復元したい日付の「復元」をクリックしましょう。

復元するデータの詳細が表示されます。
問題ないことを確認して「申し込む」をクリックします。

WordPressに「BackWPup」をインストールする

WordPressの管理画面で、左メニューの「プラグイン」から「新規追加」をクリックします。

「BackWPup」を検索してインストール、有効にしましょう。

「BackWPup」の自動バックアップを設定する

左メニューに「BackWPup」が追加されるので「新規ジョブを追加」をクリックします。
「このジョブの名前」にバックアップの名称を入力しましょう。

「アーカイブ形式」でファイル破損によるバックアップ失敗のリスクが低い圧縮形式「Tar QZip」を選択。
「フォルダーへバックアップ」にチェックを入れます。

「スケジュール」タブを開き、「ジョブの実施方法」で「WordPressのcron」を選択。
「スケジューラー」でバックアップを実施する日時を設定します。

「DBバックアップ」タブで「バックアップファイルの圧縮」から「QZip」を選択します。

「宛先:フォルダー」タブで、「バックアップを格納するフォルダー」を確認。
サーバー内のこの場所にバックアップのファイルが保存されます。

別の場所の方がいい場合は変更しましょう。
全ての設定が完了したら「変更を保存」をクリックします。

左メニューの「ジョブ」を開き、作成したバックアップの設定が登録されているのを確認します。

これで指定した日時に設定した通りのバックアップが自動的に実行されるようになります。

「BackWPup」で手動バックアップを実行する

左メニューの「BackWPup」から「新規ジョブを追加」で「スケジュール」タブを開き、「ジョブの開始方法」の「手動」を選択します。

それ以外の項目は自動バックアップの手順を参考に設定しましょう。

「ジョブ」にバックアップが作成されたら、「今すぐ実行」をクリックします。

バックアップが実行されます。
進行度は棒グラフで表示され、ブログの規模が大きいほど処理に時間がかかります。

バックアップが完了したら「前回の実行」の「ダウンロード」をクリックしましょう。

バックアップしたファイルが表示されます。

「ダウンロード」をクリックすると、それぞれのバックアップファイルをパソコンに保存できます。

合わせて読みたい

WordPressのGutenbergとブロックエディタの使い方

まとめ

今回は、WordPressのバックアップの方法について解説しました。

バックアップというと、重要なファイルを保存するイメージがありますが、WordPressにおいて重要なのは、ファイルではなくデータベースです。

WordPress本体やプラグイン、テーマのファイルは、失われたとしても再インストールと再設定によって同じ環境を構築できますが、過去記事の内容が記録されているデータベースは、ブログのアイデンティティそのもの。失われたら二度と取り戻すことはできません

WordPressのバックアップでは、ファイルよりもデータベース確実に保存することを念頭に置くべきです。

長年にわたって蓄積された大切なブログの資産が失われないよう、バックアップのノウハウをここでしっかり身につけておきましょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

WEB学園をご覧のお客様限定でドメインが0円

お名前.comならドメインが0円で登録できます。ブログに使用するドメインをお探しの方は、ぜひこの機会にお申込みください!

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
知るくま先生

国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!

WEB学園をご覧になった方限定

ここからお申込みで
ドメイン登録料金0円!

お申込みはこちら

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる