Twitterを活用してブログのコミュニティを形成する方法

この記事は約8分で読めます

Twitterアカウントを開設しているブログは珍しくありませんが、重要なアクセス源になるほど有効に活用できている人は少ないのではないでしょうか。

ブログとTwitterの連携では、コミュニティを育てる考え方が重要になります。今回はブログ運営におけるTwitterの活用方法について解説します。

ブログ運営におけるTwitterの役割とは?

ブログにおいて検索エンジンと並ぶ重要な流入元とされているのがTwitterです。

Twitterで投稿が広く拡散される、いわゆる「バズる」現象によって、ブログに莫大なユーザーの流入を確保できるのは、多くの人が知るところですが、Twitterの活用は思いのほか難しいのが現実です。

Twitterでバズりやすいのは、投稿単体で完結したツイートで、外部リンクのあるツイートは拡散されにくい傾向にあります。

また、Twitterでの拡散に成功しても、アクセスが集まるのは一時的で、2〜3日もすれば潮が引いたように元の状態に戻ってしまうのが普通です。

そして何より、Twitterでバズを狙うこと自体が難しく、絶対にウケると自信を持ってツイートした投稿ほど良い反応が得られなかったりします。

このように、Twitterでの拡散を意図的に狙ってブログのアクセス数を稼ぐのは、あまり現実的ではありません。

それよりも、Twitterのフォロワー数を増やすことで、多くのユーザーのタイムラインにブログの記事を届けることの方がはるかに重要です。

Twitterのバズは水物ですが、フォロワー数は丁寧な施策により確実に積み増ししていけます。

一発当てて大きな拡散を狙うよりも、フォロワーに確実に記事を届けることを意識する方が、長期的にはより多くのアクセスを得ることに繋がるでしょう。

今回は、Twitterのフォロワーを着実に増やし、そこからブログの記事を読んでもらうためのノウハウについて考えてみます。

ブログとTwitterを組み合わせた3つの活用方法

ブログとTwitterをどのように連携させるかは、媒体によって様々な事例があります。

単にブログの新着記事をツイートするだけの場合もあれば、独自のコミュニティの形成を目指して、様々な施策が展開されている場合もあります。

ここでは、ブログのTwitter活用を3つの段階に分けて考えてみます。

【段階1】ブログの告知ツールとして活用する

Twitterの最もシンプルな活用が、ブログの新着記事の告知ツールとしての運用で、ブログの記事のURLをツイートすることで、フォロワーのタイムラインに記事を届けます。

もっとも、タイトルとURLだけのツイートでは、他の投稿に埋もれてしまいますので、内容を要約したコメントを付けたり、インパクトのある画像で興味を惹くといった工夫が必要です。

【段階2】情報収集・発信ツールとして活用する

Twitterのより踏み込んだ活用が、情報収集や発信のために利用するやり方です。

Twitter上で情報収集を行い、そこから得た知見をブログに活かす、あるいはブログの記事とは別に独自の話題をツイートする、といった使い方となります。

ブログから独立したメディアとしてTwitterを運用することになるため、管理や運営の労力は増えますが、その分、新しい読者の確保を期待できるでしょう。

【段階3】コミュニティ形成ツールとして活用する

ブログの読者を中心としたコミュニティをTwitter上に形成する使い方です。

リツイートやリプライを積極的に行い、ユーザーと密なコミュニケーションを図りながらフォロワーを増やします。

うかつな内容をつぶやくと炎上に繋がるといったリスクも増えますが、そういった配慮が必要な規模になる頃には、Twitter経由でブログにかなりのアクセスを見込めるようになるでしょう。

ブロガーでTwitterを利用している人でも、その多くは「段階1」あるいは「段階2」で止まっているのではないでしょうか。

ブログの大きな流入元にするには、Twitterをブログとは別個の独立したコミュニティに育て上げる必要があります。

そのための施策を、次の章では見ていきましょう。

Twitterをコミュニティ化する10のテクニック

Twitterでは機械的にブログのURLを発信していても、フォロワーの増加は望めません。

Twitterの特性を活かした情報発信、さらにはフォロワー集団によるコミュニティ形成を促すことで、初めてブログへの安定した流入を期待できるようになります。

ここではブログ運営者が行うべき、10個のTwitter基本テクニックを紹介します。これらの施策を実行することで、Twitter上のコミュニティの充実を図りましょう。

記事をツイートする

ブログによるTwitter活用の基本は記事のツイートです。

記事タイトルとURLの投稿が一般的ですが、内容を要約するコメントを加える、記事を象徴する画像や、記事画面のスクリーンショットを加える、といった方法も考えられます。

Twitterからブログへの直接の流入元となる投稿なので、少しでもフォロワーに受け入れられやすい方法を考えましょう。

プロフィールを充実させる

Twitterで非常に重要なのがプロフィールですが、アカウントをフォローするか否かの判断基準になるので、自身の身元やセールスポイントを丁寧に記載します。

メールアドレスや他のSNSのアカウント情報も合わせて掲載するといいでしょう。

プロフィールのアイコンは、Twitter上で個人を識別するための重要な要素で、アカウントのイメージを決定付けるので、判別しやすく親しみやすいものを選びましょう。

フィードのトップに告知情報を固定する

Twitterではフィードのトップに特定のツイートを固定表示できます。

ユーザーの目に触れやすいので、重要な告知を掲示する用途に使われることが多いので、自身のポートフォリオや、最初に読んでもらいたい記事の紹介に活用しましょう。

ただし、トップに固定ツイートを並べ過ぎると、普段のツイートが下に追いやられて読みにくくなる点には注意が必要です。

宣伝用に定期ツイートする

ツイートは一度投稿しただけだとフォロワーの目に触れないことも多々ありますので、重要なツイートは定期的に投稿を繰り返しましょう。

特にブログの記事のツイートはアクセス数に直結するので、多くの人がTwitterを利用する朝夕の通勤時間昼休みの時間帯を狙って複数回投稿します。

Twitterの公式ツール「TweetDeck」に予約投稿機能があるのでおすすめですが、あまり回数が多いとユーザーに嫌われるので、1日に2〜3回程度に留めておくのが無難です。

身近な話題をツイートする

身近な話題をツイートすることで、ユーザーの関心を惹くことができますが、ツイートの内容はよく考える必要があります。

フォロワーの関心事以外のつぶやきが多いと、タイムラインのノイズになるという理由でフォローを外されてしまう恐れがあります。

フォロワーの関心領域を把握し、その範囲内で有益な話題を提供することが求められます。ブログの延長線上で、記事にするまでもないニュースや小ネタをつぶやくのがいいでしょう。

関連情報をリツイートする

Twitterで自分のブログと関連のある話題を見つけたら、積極的にリツイートしましょう。

ジャンルが近いニュースサイトやブログが発信している情報は、フォロワーにとっても有益である可能性が高いので、どんどんリツイートします。

ライバルサイトに塩を送ることはしたくないという人もいるかもしれませんが、リツイートしたところでこちらが失うものは何もなく、むしろアカウントの情報感度の高さの証明となります。

良質な情報は発信元がどこであっても積極的に拡散に協力しましょう。

ジャンルが近い人をフォローする

Twitterで関心領域の近いユーザーを見つけたら、積極的にフォローしましょう。

Twitterには、特定のジャンルに造形が深く、その情報を熱心に発信し続けているユーザーがいます。

そういったユーザーと相互フォローの関係を結んでおくと、相手が発信する情報が入ってきますし、自分が発信した情報を広めてもらうチャンスが生まれます。

相手の抱えるフォロワーに関心を持ってもらえる可能性もあるので、積極的にフォローしましょう。

まめなフォロー返しを行う

新しいユーザーからフォローされたら、こちらからもフォローする、いわゆる「フォロー返し」を行いましょう。

Twitterでは一方的に情報を発信するよりも、相互的な関係性を築くことの方が大事になります。

フォロワーの嗜好や動向を把握できますし、何よりフォロー返しをされて不愉快になる人はいないので、相手に好印象を与えることができます。

ハッシュタグを活用して繋がりを広げる

フォロワーを増やす施策として有効なのがハッシュタグの活用で、適切なハッシュタグをツイートに付ければ、新しいユーザーに認知されるきっかけになります。

Twitterには多くの人気ハッシュタグがありますが、フォロワーが多いアカウントであれば、独自のハッシュタグを作って、それをフォロワーに利用してもらうことで、影響力を強めることもできます。

インフルエンサーと関係を深める

Twitterのフォロワーを増やす上で有効なのが、インフルエンサーにリツイートしてもらうことです。

巨大なフォロワー数を誇るインフルエンサーは界隈に強い影響力を持ち、ひとつのツイートで大規模なバズを生み出すことも可能です。

インフルエンサーに気に入られれば、Twitterではかなり有利に集客することができますが、Twitterでインフルエンサーの視界に入るような存在感を示すことが大事です。

また、インフルエンサーの興味や嗜好、思想に沿った内容のツイートであることも求められます。

まとめ

今回は、ブログ運営におけるTwitterの活用法と、具体的なテクニックについて解説しました。

もともとブログには、コメントとトラックバックという、コミュニティ形成を促す機能が付いていますが、最近ではこれらが使われる機会はあまりなく、SNSがその機能を代替するようになっています。

ブログの運営側が読者と交流を図ろうとする場合はSNS、特にTwitterを介して行われるのが一般的です。

Twitterは、ユーザーに親近感や愛着を感じさせやすいメディアですので、上手く活用できれば、ブログとは違った親密なコミュニケーションの回路となりますが、その一方で、文字数の制限から誤解を招きやすく、ブログ以上に細部に気を使った運営が求められます。

現在ではブログとTwitterは、切り離せないほど密接な関係となっていますので、その特性を熟知し、有効に運用できるようになりましょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

アフィリエイトブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

アフィリエイトに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください!

お名前.comで
アフィリエイトブログを
はじめる

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
知るくま先生

国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.info]0円クーポン適用中

クーポンをもらう

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる