ブログ記事の文章構成雛形!書き方テンプレートの活用方法

この記事は約7分で読めます

ブログ記事の作成で、毎回、何をどういう順番で書けばいいのかお悩みの方は少なくないようです。

そんな方は「書き方テンプレート」を参考にしましょう。ブログ全体の構成を見たときに、どのような要素を盛り込むべきかが、雛形として提示されています。

今回は書き方テンプレートの内容と、その活用方法について解説しましょう。

記事の構造の雛形となるテンプレート

ブログの執筆で、書きたいテーマは決まっているのに、何をどう書けばいいのか迷ってしまい、記事の作成に時間がかかっているという人は「書き方テンプレート」の導入をおすすめします。

これは文章構成の雛形で、読みやすい記事にするために、何をどの順番で書けばいいか、そのアウトラインを示したものです。

導入」「本論」「まとめ」という3つの要素をベースに、それぞれの項目において書くべき内容が定義されています。

その雛形に沿って文章を書くことで、どんなテーマの記事であっても、論理に飛躍のないバランスの取れた構成の記事が完成します。

書き方テンプレートを利用するメリットは、以下の3つです。

執筆時の文章構成に迷わない

書き方テンプレートでは、書くべき内容の方向性があらかじめ決められているため、書き手に「迷い」が生じません

次に執筆する内容をいちいち考える必要がないため、記事作成の際にかかる労力と時間を大幅に節約できます。

読者が安心して読み進められる

書き方テンプレートは、読者が飲み込みやすい文章を書く助けとなります。

ウェブの文章で見かけることの多い、スタンダードな論理の構成になっているため、読者は次に来る展開を予測しやすく、自然な話題の流れに乗じて、安心して文章を読み進められます。

記事に欠けている要素を発見できる

文章の過程で論理の飛躍があったり、あるべき記述が抜けていたりすると、文脈の理解が難しくなったり、日本語の座りが悪くなったりしますが、書き方テンプレートを使えば、それを回避できます。

構成の雛形に忠実な文章を作ることで、抜け漏れのない記述となるでしょう。

文章全体を一連の流れとしてそつなく構成する力は、すぐには身に付けるのが困難な能力ですが、書き方テンプレートを利用すれば、それを補完することが可能です。

ブログを書いていて、どうも文章の流れに違和感がある、しっくりこないと感じることが多い人は、ぜひとも取り入れるべきでしょう。

書き方テンプレートを構成する3つのブロック

さっそく書き方テンプレートを使った記事の作成方法を見ていきましょう。

書き方テンプレートは基本的に、「導入」「本論」「まとめ」の3つのブロックによって構成されています。

これ以外にも記事全体を要約する「リード」や、書き手の身元を明らかにする「プロフィール」が追加されることもありますが、記事の本体部分に関しては、「導入」「本論」「まとめ」の3ブロックをベースにした構成が一般的です。

このうち最も大きな割合を占めているのが「本論」で、いくつかの「見出し」と、その下に配置される「小見出し」によって構成されます。

【書き方テンプレートの全体像】

  • ・導入

  • ・本論1
        ・小見出し1
        ・小見出し2

  • ・本論2
        ・小見出し3
        ・小見出し4

  • ・本論3
        ・小見出し5
        ・小見出し6

  • ・まとめ

本論を構成する「見出し」と「小見出し」の数はテーマによって変わりますが、記事で扱う題材の規模が大きいほど、「見出し」と「小見出し」の数も増えることになるでしょう。

この「導入」「本論」「まとめ」の3ブロック構成は、ブログ記事におけるもっとも基本的な形式となります。

次は「導入」「本論」「まとめ」のそれぞれのパートに、具体的にどんな内容を書くかについて、見ていきましょう。

「導入」のテンプレートと使い方

記事の冒頭の部分にくるのが「導入」です。

ここは読者が最初に目を通す箇所であることから、読者の興味や関心を強く惹き付けることが課せられたミッションになります。

そのためには、読者が抱えている「問題」や「課題」を明らかにし、それを掘り下げていくことが重要になります。

導入パートは、主に次のような論理構成で文章が展開されます。

【導入テンプレート】

  • 1.問題設定(例:○○の問題で困っている人がいます)

  • 2.問題の背景説明(例:その問題の原因は○○です)

  • 3.解決策の要約(例:○○によって解決しましょう)

  • 4.解決で獲得できる状態(例:それによって○○になることができます)

「導入」の目的は、読者と問題を共有し、その問題の背景や原因を明らかにした上で、解決策解決後のビジョンを提示することです。

この中でも特に重要になるのが「4.解決で獲得できる状態」で、読者は問題が解決された状態を具体的にイメージし、記事を最後まで読み通す動機付けとなります。

(実際に、本記事の導入部分でも、「4つのメリット」という形で、問題が解消された状態を例示しています。)

「導入」は、記事を通して読者が得られる体験を要約したダイジェスト版であり、以降の文章を読み続けるかどうかは、ここの部分の出来にかかっています。

記事全体の中で、最も難易度が高く、また書き手の腕の見せどころともいえる箇所なので、気合を入れて取り組みましょう。

「本論」のテンプレートと使い方

「本論」には、記事に設定された「問題」や「課題」の具体的な解決策を記述します。

記事のまさに中核となる部分であり、読者はこの箇所の理解を目的として、記事を読み進めることになります。

その一方で、情報量が大きくなりがちであるため、文章の構成が難しいパートでもあります。

そこで、「本論」の構成にはPREP法を応用しましょう。

「結論」「理由」「具体例」「結論」の順番で物事を説明する、ウェブで広く普及している論述形式ですが、「本論」で利用する場合にはアレンジを加えます。

「結論」は既に導入部分で言及されているので大幅に縮小し、「理由」と「具体例」について掘り下げるのが、適切な使い方となるでしょう。

【本論テンプレート】

  • 1.結論(例:問題解決には○○を行う)

  • 2.理由(例:なぜ問題が解決されるかというと〜)

  • 3.具体例(例:このケースの場合は〜)

「本論」パートの最大の目的は、問題解決の方法を読者に正しく理解してもらうことです。

そのためには、「理由」で解決に至るまでの原理や仕組みを説明し、「具体例」で、どのように解決策が実施されるかを、実例に基づきながら解説します。

この部分は、記事のテーマによって文章量が大きく変わりますが、高度で複雑な内容を論じる場合には、当然、文章は長くなりますし、多彩な状況を想定する場合は、具体例も複数挙げなければなりませんので、内容に応じてボリュームを調整しましょう。

なお、PREP法では、最後に結論を再度繰り返すことになっていますが、3ブロック構成のテンプレートでは、「まとめ」がその役割を担うので、二回目の結論の部分については割愛しても問題ありません。

「まとめ」のテンプレートと使い方

最後の「まとめ」のパートでは、記事全体の総括を行います。

この段階では読者に伝えるべき重要な情報はほぼ伝え終えているはずなので、要点の再確認や注意事項など、補足的な記述が中心となります。

下記のテンプレートの中から、必要に応じていくつかの項目を選び、組み合わせて構成するといいでしょう。

【まとめテンプレート】

  • ・本論の要点の再確認

  • ・本論で説明しきれなかった部分の補足

  • ・本論を適用する際の注意点

  • ・問題解決で得られる成果の再確認

これまでにない新しい情報を「まとめ」の段階で追加することは、基本的にありませんので、「導入」と「本論」で既に触れている内容に関連した記述にとどめましょう。

同時に「まとめ」は、3ブロックの中ではもっとも自由度の高い記述が許される箇所であり、例えば、書き手の心情や本音を「まとめ」に盛り込んだとしても、違和感はありません。

書き手のパーソナリティを投影しやすいパートなので、読者に対して伝えたいメッセージがある場合は、ここに組み込むのが良いでしょう。

まとめ

今回は、「書き方テンプレート」の内容と、活用方法について解説しましたが、テンプレートを使った文章構成の手法は、効率化という面においては非常に優れています。

既定のフォーマットにテーマを落とし込むだけで書くべき内容が自動的に決まるため、執筆に速さを求める人や、文章のバランスを取るのが苦手な人にとっては、大変便利なツールとなるでしょう。

その一方で、テンプレートを使って書かれた記事はワンパターンな展開になりやすく、似たような印象を読者に抱かせる傾向があります。

同じテーマを扱っている記事の場合は、誰が書いたか区別が付かないほど似通ってしまうことも珍しくありません。

それゆえに、テンプレートの構成は必ずしも厳守する必要はなく、むしろ定石から外れた展開が積極的に試みられるべきでしょう。

文章の構成は、テーマに応じて変わるのが当然ですので、書き方テンプレートは、文章構成のひとつのパターンとして、必要に応じて崩したり付け足したりすることを前提としながら、記事の執筆に取り入れましょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

アフィリエイトブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

アフィリエイトに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください!

お名前.comで
アフィリエイトブログを
はじめる

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
知るくま先生

国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.info]0円クーポン適用中

クーポンをもらう

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる