大学生にアフィリエイトブログの運営をおすすめしない理由

この記事は約8分で読めます

ブログ運営によって収入を得たいと考えている大学生は、少なくないかと思います。

しかし、期間が限られる大学生活を考えた時に、収益を期待してブログを始めるのは必ずしも良い選択とは言えません。

今回は、大学に通いながらブログを運営することの意義について考えてみます。

大学生はなぜブログに向かないのか

大学生で「これからブログを始めてみよう」と考えている人は少なくないでしょう。

特に、ブログの広告収入、アフィリエイトやアドセンスから得られる金銭的な利益には、強い魅力を感じているかもしれません。

しかし、大学生が収益を目的にブログを始めるのはおすすめ出来ません。収益化を目的としたブログの運営には、大学生には向かない点がいくつもあるからです。

大きな理由としては、以下の3点が挙げられるでしょう。

収益の発生までに時間がかかる

収益を目的としたブログの最大のハードルは時間で、ブログの主な収益源であるアフィリエイトやアドセンスは、最初の収益が発生するまでに長い時間がかかります。

少なくとも半年程度は、収益ゼロの状態で更新を続けなければならず、さらにまとまった収益を得られるようになるには、1年以上の時間がかかる場合がほとんどです。

この期間は、時間に限りのある大学生にとっては長すぎてしまい、ブログが軌道に乗るまでに年単位の時間がかかるとなると、ブログの成功もしくは失敗が明らかになる前に、学生生活が終わってしまう可能性があります。

ブログに活かせる知識や経験の不足

ブログ運営において、大学生が社会人と比べて不利なのは、ブログに活かせる社会経験が少ないことです。

特に、あるジャンルに特化したブログを始める場合、その分野に関する実務的な知識や経験、投資した金銭によって、記事のクオリティは大きく左右されます。

ライバルのブログを運営しているのが、その分野に長年の時間と労力、資金を投じている社会人であることを考えると、あらゆる面において経験の浅い大学生がそれに太刀打ちするのは難しいでしょう。

他のバイトの方が効率が良い

大学生という立場であれば、ブログよりも一般的なアルバイトに勤しんだ方が、収益性は高いため、ブログでは、作業量や労働時間に見合った収益が得られる保証はありません。

ブロガーの中でも収益化に成功しているのはほんの一部で、ほとんど利益を上げられずに退場している人もかなりの割合を占めています。

副業の機会が限られる社会人が、リスクを承知の上で始めるのであれば選択肢としてアリですが、本業を持たない大学生が収益を得る手段としては、アルバイトの方がはるかに確実であり、時給の面でも有利となります。

以上の理由から、大学生には収益化を目的としたブログの運営は向いていない、と言えます。

そもそもブログの収益化は難易度が高く、経験豊富なアフィリエイターであっても、確実に成功させられる保証はありません

ブログを軌道に乗せるまでに、多大な労力と時間を投資しなければならないことを考えると、他にいくらでも稼ぐ手段のある大学生がチャレンジするには、リスクが大きすぎるのです。

合わせて読みたい

【完全ガイド】ブログ収益化手順・心得と収益化の仕組み

大学生のブログは収益化が難しい

ブログによる収益化は実際のところ、どのくらい難しいのでしょうか。

日本学生支援機構 (JASSO)の2021年の調査から、大学生のアルバイトによる月の収入を計算すると、おおむね3万円から4万円が平均値となるようです。
https://karenavi.com/baito

そこで、アフィリエイトで月額3万円の収入を得ることがどれだけ難しいのか、アフィリエイトマーケティング協会が毎年行っている調査結果を元に考えてみましょう。

https://affiliate-marketing.jp/release/202007.pdf
(2020年のグラフを画像化)

これは2020年の調査で、アフィリエイトによる1ヶ月の収入をグラフにしたもので、全体のうち「収入はない」という回答が31.6%、また月の収入が5000円未満の層が半数以上(59.5%)を占めています。

大学生のアルバイトの平均収入である月3万円を超えているのは26.6%なので、4人に1人程度という計算になります。

https://affiliate-marketing.jp/release/202106.pdf
(2021年のグラフを画像化)

次に、アフィリエイトの運営年数を見てみましょう。

2021年の調査によると、運営期間が1年未満のブログは全体の約4割(39.34%)となっています。

前年以前の調査に遡っても、運営期間が1年未満の層は、例年3割〜4割程度を維持していることから、この1年未満の新規層の多くが、毎年入れ替わっていると考えられます。

https://affiliate-marketing.jp/release/202106.pdf
(グラフ全体を画像化)

上のグラフは、アフィリエイトの運営年数と、月の収益を合わせたグラフです。

運営期間が1年以内のブログで、3万円以上の収益を上げているブログは、全体の16.67%、つまり、8割以上のブログは、開始から1年が経過しても(大学生のアルバイトの平均である)月収3万円に到達していません。

3万円以上を目指すのであれば、少なくとも2年以上の運営期間を見なければならないことが分かります。

なお、この調査の対象はアフィリエイトを継続しているユーザーのみで、途中でブログの更新を止めてしまった挫折組は含まれていません

大学生が、学生でいられる間にアルバイト収入の平均金額(3万円〜4万円)以上の収益に到達するのは、現実的にはかなり難しいと言わざるをえないでしょう。

合わせて読みたい

【金額別ガイド】ブログ収益月収1万円・5万円を稼ぐコツ

収益化以外を目的にするならおすすめ

大学生にとって、収益化を目的としたブログ運営は割に合いませんが、ブログの運営に別の目的がある場合、特に文章表現によるアウトプットウェブメディア運営の経験を求めている場合には、その限りではありません。

ブログ運営を通じて得られる知識や経験には様々なものがありますが、特に注目すべきものとしては、以下の5項目が挙げられます。

ウェブプログラミングの勉強

ブログ、特にWordPressの運用は、プログラミング言語の学習に最適です。

WordPressのデザインはHTMLとCSSでカスタマイズができますし、PHPやJavascriptが使えると、システムやプラグインのソースコードを直接操作できるようになります。

プログラミングの学習では、モチベーションを保つための目標設定が重要になりますが、ブログの改造は、その目標としてはベストでしょう。

ウェブマーケティングの実践

ブログ運営によって学べる能力にマーケティングがあります。

マーケティングは市場のニーズを分析し、それに合わせた商品を提供する技術ですが、ブログ運営によって得られるのは、ウェブで効率よくアクセスを集めて収益を稼ぐための「ウェブマーケティング」の技術です。

通常は企業に入らなければ実践する機会はありませんが、ブログを運営していれば試行錯誤のうちに自然とウェブマーケティング的な思考を身につけられるでしょう。

業界研究

大学生は就職活動の際に、志望する業界についての「業界研究」を行います。

業界に関する知識は、筆記テストや面接の際にチェックされますが、直前に付け焼き刃で身に付けたところで、すぐにボロが出るのが落ちです。

そこで、志望する業界をテーマにしたブログを運営して、業界の情報を日常的に集めるという方法があります。

最新の情報を調べるだけでなく、記事としてアウトプットしていれば、そう遠くないうちに業界通となれるでしょう。

インプットの備忘録

授業に出たり、本を読んだり、イベントに出席したり…大学生には様々なインプットの機会がありますが、それだけだと知識が身に付いた気がしないという人は、ブログにアウトプットすることで、知識の定着を図りましょう。

知識は繰り返し想起することで記憶に強く残りますし、さらに文章にまとめることで頭の中を整理すれば、より大きな学習効果を得られるでしょう。

ブログを活用すれば、日々のインプットがより手応えのあるものになるはずです。 

人脈づくりのきっかけ

ブログを中心に生まれる人脈も、ブログ運営で得られるメリットのひとつです。

ブログは自己紹介のツールになるので、未知の人に自分のことを詳しく知ってもらうにはうってつけです。

ブログの記事を多くの人に読んでもらえば、効率よく人間関係を広げることができるでしょう。

また、TwitterやFacebookにブログの記事を投稿することで、リアルで対面することなく新しい出会いを実現したり、既知の友人に自分が関心のあるテーマをアピールしたりすることが可能となります。

このように、ブログから得られる収益以外の経験には、非常に豊かなものがあります。

特にプログラミング技術は、大学生のうちに基礎を学んでおくと、社会人になってから役立つ場面が数多くあります。

WordPressはウェブプログラミングの初学者向けの環境としては最適で、合わせてサーバー周辺の知識も身に付けられます。

大学生がこれからブログを始めるなら、「お名前.com」のレンタルサーバーを利用して、ドメインやWordPressの運用方法をイチから学ぶのをおすすめします。

合わせて読みたい

【完全解説】リスクゼロ!ブログで得られるメリット30選

まとめ

今回は、大学生のブログ運営について解説しました。

ブログは学習を促すツールとしては非常に有用で、大学生が知識や経験を得るために始めるのであれば強くおすすめできますが、収益だけが目的なのであれば非効率と言わざるをえません。

社会人ブロガーであっても、まとまった額の収益を得られるのはごく一部、しかも、そこに至るまでには短くて半年、長ければ数年単位の蓄積が必要となります。

4年間という時間制限のある大学生が、金銭目的でブログに時間と労力を投じるのはリスクが高く、その自由な時間を使ってアルバイトやインターンに精を出した方が、収益率ははるかに高くなるでしょう。

もちろん、大学生がブログを始める上で、収益を全面的に諦める必要はなく、アドセンスやアフィリエイトは導入しておいた方が、ウェブマーケティングの学習においても、またモチベーションの維持においても有意義です。

ただし、収益を第一の目的としてブログを始めるのは無謀ですので、収益は最初から期待せずに、ブログを通しての自己の研鑽に努めることをおすすめします。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

アフィリエイトブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

アフィリエイトに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください!

お名前.comで
アフィリエイトブログを
はじめる

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
知るくま先生

国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.info]無料クーポン適用中

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる