ブログのアクセスが伸びない悩みを解決する5つのテクニック

この記事は約8分で読めます

記事の更新を続けているのに、ブログのアクセス数が伸びないと悩んでいる人は少なくないはずです。

ブログのアクセス数を伸ばすには、検索エンジンやSNSといった流入元からユーザーが訪れる仕組みを意識した施策が重要になります。

今回はブログのアクセス数を伸ばすための、考え方と方法について解説します。

ブログのアクセス数を伸ばす仕組み

ブログの更新を続けているのに、ブログ全体のアクセス数がなかなか伸びずに困っているという声をよく聞きます。

書いても、書いても、成果が出ない時期が長く続くと、モチベーションが低下し、ブログの継続自体が危ぶまれるようになりますので、ブログが伸び悩んでいると感じたら、早めに手を打つに越したことはありません。

ブログのアクセスを伸ばすには、まず、どこからユーザーを得るのか、その流入経路について考えましょう。

ブログへの大きな流入元となるのは「検索エンジン」と「SNS」で、それ以外のアクセスは微々たるものです。

この2つのプラットフォームから流入を発生させるには、次の方法が有効です。

検索エンジンの上位に記事を送り込む

検索エンジンからの流入を確保するには、検索順位の上位に記事を送り込むのが基本になるので、事前の調査で上位を狙えそうなキーワードを選定し、それを中心に記事を作成します。

ただし、検索される頻度の多い人気キーワードでの上位進出は困難なので、キーワードの人気上位進出の難易度を天秤にかけながらキーワードを探すことになるでしょう。

SNSのフォロワーに記事を届ける

SNSを通じてフォロワーに記事を届けることで、そこからアクセスを得る方法です。

SNSの中でも特に有力なのがTwitterで、多くのフォロワーを抱えるアカウントのツイートからは、安定した流入を期待できます。

また、ツイートの急速な拡散、いわゆる「バズる」現象によって、新しいユーザーに記事が広まることも稀にあります。

ただし、拡散による集客効果は短期間で終わるため、アクセス数を増やすには、基盤となるフォロワー数を増やすことが基本的な戦略となります。

この2つの方法のうち、効果が大きいのは前者、検索エンジンからの集客です。

SNSでは、大きな動員を期待できるのはTwitterくらいしかなく、しかも数千単位のPVを得るために数十万クラスのフォロワー数が求められます。

一方、検索エンジンの場合、中堅のキーワードで上位進出に成功すれば、それだけで数千単位のPVの長期的な確保が可能となりますので、アクセスを集める上では検索エンジンからの集客の方がはるかに容易です。

そこで次からは、検索エンジンからアクセスを集めるための仕組みと手法について見ていきましょう。

ブログのアクセス数が伸びない原因を考える

検索エンジンの検索結果で上位に表示されるように、サイトを検索エンジンの仕組みに適合させる施策のことを、「検索エンジン最適化」(SEO)と呼びます。

SEOには、サイトの内部構造を検索エンジンのシステムに合わせる技術面での対応と、記事の内容を検索ユーザーのニーズに合致させるコンテンツ面での対応があります。

このうち前者については、WordPressにSEOのノウハウが豊富にありますが、その手法は広く普及し、既に多くのサイトが取り入れているため、他を出し抜く決定的な要因にはなりません。

ブログでアクセス数を稼ぐには、前者のシステム面での対策は前提として、後者のコンテンツ面での施策、つまり、検索エンジンでどのような情報がユーザーに求められているかを見抜き、それに最適化された記事を作成する能力が重要になります。

ブログのコンテンツ面における失敗の原因としては、以下の3点が考えられるでしょう。

検索で勝ち目のない記事を書いている

アクセスの獲得に失敗している記事で多いのが、検索エンジンで勝ち目のないキーワードで記事を書いているケースです。

どんなに面白い記事を書いたとしても、検索順位の上位に入らなければ、ユーザーの目に触れる機会がありません。

そして、後から始めたブログでは上位への進出が絶対に不可能なジャンルはいくつもありますが、有名なのは「クレジットカード」や「転職」などの分野で、高額な収益が見込めることから、専業のアフィリエイターが熾烈な競争を繰り広げています。

こういった分野では、新参のサイトはほぼ100%勝ち目がありません。

読者が少ない記事を書いている

記事を書いているのにアクセスが伸びない場合、その情報を求めているユーザーの絶対数が少ない可能性があり、要するに読者が十分に存在しないテーマの記事を書いているということです。

テーマの人気については、Googleキーワードプランナーの検索ボリュームや、Googleサーチコンソールの検索数で調べられます。

質の良い記事を書いて検索結果の上位進出に成功しても、検索回数そのものが少なければ、当然アクセスは伸びません

記事としての基準を満たしていない

記事として最低限の基準に達していない場合もアクセスは伸びません。

例えば、記事の文字数は3000字程度が最低ラインとされており、それ以下の文字数だと、検索結果の上位には表示されにくくなります。

また、タイトルと内容にズレがあったり、文章が支離滅裂だったりする場合も同様に、検索結果の上位には表示されにくくなります。

さらに、Googleの規約に違反しているケース、例えば著作権を侵害する情報が掲載されている場合も、検索順位は上がりません。

それどころか最悪の場合、検索結果から排除される可能性もあります。

記事のアクセス数が伸びない原因のほとんどは、このいずれかのケースに該当します。

ではこれらを踏まえた上で、どのような施策が取られるべきなのか、次はアクセス数を増やすための、具体的な手法について考えてみまよう。

アクセス数を伸ばすための5つの施策

アクセス数を伸ばすためには、どのような施策を行うべきなのでしょうか。

ここでは、検索エンジンからのユーザーの流入を確保するための具体的な方法について解説します。

ユーザーの疑問や悩みを念頭に置く

検索エンジンのユーザーのニーズを把握するには、「どんなときに検索するのか」を考える必要があります。

そこで有効なのがユーザーの疑問や悩みを想定することで、ユーザーは検索することで何を知りたがっているのか、それに答える記事を作ることが、検索のニーズに対応する一番の近道となります。

記事を作るときは、その内容がユーザーのどんな疑問に答えるものなのかを常に念頭に置きましょう。

検索ワードの下調べを徹底する

SEOの成否は、記事がターゲットにするキーワードの選定にかかっていますので、どんな検索ワードで流入を狙うかについては徹底的な調査によって決めましょう。

Googleで検索数の多い単語は、Googleサジェストに表示される検索候補や、Googleキーワードプランナーで検索ボリュームの大きい語句を探せば把握できます。

あとは、そのキーワードで作った記事が競合サイトに勝てるかどうか、実際にGoogleで検索を行い、どんなサイトの記事が上位に出てくるかを確認しましょう。

企業サイトや大手ブログが並ぶ場合は望みが薄く、個人ブログが出てくるなら割って入れる可能性があります。

自分のブログの規模や実績と比較して、勝てる相手かどうかを判断しましょう。

複数の語でスモールワード狙い

立ち上げたばかりのサイトは検索エンジンの評価が低く、なかなか検索結果の上位に入れません。

そこで、他のサイトが狙わないスモールワードをターゲットにした記事で実績を積みましょう。

スモールワードは複数のキーワードの組み合わせで構成され、例えば「WordPress」は人気のビックワードで勝ち目はありませんが、「WordPress PHP エラー」になると検索数は減少し、競争も緩くなります。

このように大手サイトが狙わない、細分化されたユーザー層を取りに行くのが弱者の戦い方です。

もちろん得られるアクセス数は小さくなりますが、検索上位を確保できれば流入は長期的に継続するので、地道に積み重ねることで確実に全体のアクセスを増やすことができます。

狙いが外れた記事をリライトする

アクセスが思ったように伸びなかった記事は、リライトを施すことで軌道修正を行いましょう。

具体的には、本文の文字数を増やして新しいトピックを追加したり、記事タイトルに新しいキーワードを加えたりして、アクセス数のテコ入れを図ります。

特に、検索結果の2ページ目〜3ページ目に表示されている記事は、あと一息で1ページ目に参入し、それによってアクセス数を大きく伸ばせる可能性があります。

検索上位のサイトを参考にしながら、記事に欠けている要素を追加し、上位進出に再チャレンジしましょう。

ブログにSEO対策を施す

ブログには検索エンジンで優位を得るための技術的なノウハウが数多くあります。

特にWordPressには、SEO関連の機能を統合したプラグイン(「All in One SEO」など)が公開されており、「関連記事」や「パンくずリスト」といった内部リンクの仕組みも揃っています。

これらの技術はほとんどの大手サイトが導入済みなので、対応しないと出遅れることになりますので、先行するサイトと同じ土俵で戦うためにも、SEOの技術面で不備がないかを確認しておきましょう。

まとめ

今回は、ブログのアクセスを増やすための考え方とノウハウについて解説しました。

ブログのアクセス数を伸ばすためには、良質な記事が必要なことは言うまでもありませんが、より重要なのは記事を読者に発見してもらうことであり、そのために検索エンジンやSNSを駆使して情報を多くの人に届けるテクニックが求められます。

これらのプラットフォームの特性を熟知し、ユーザーのニーズに応える記事を量産することが、アクセス数を伸ばすための秘訣となるでしょう。

SEOに関しては、技術的なノウハウも重要ですが、サイトの成否を決定的に分けるのは、ユーザーが何を求めているのか、そのニーズの把握です。

アクセス数が伸び悩んだら、ユーザーの需要を意識して記事を書くことが、その突破口になるでしょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

アフィリエイトブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

アフィリエイトに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください!

お名前.comで
アフィリエイトブログを
はじめる

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
知るくま先生

国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.info]0円クーポン適用中

クーポンをもらう

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる