ブログとSNSの違いと使い分けのテクニック

この記事は約8分で読めます

SNSとブログは、インターネットを代表する2大メディアです。

発信の形態や価値の蓄積において、両者は異なった特徴を備えており、それぞれの違いを正しく把握することが、使いこなす上で重要になります。

今回はブログとSNSの特徴を活かした運用法について解説しましょう。

ブログとSNSのメディア特性の違いとは?

ブログとSNSは、今日のインターネットの中心となっているメディアです。

ブログは2001年頃に、従来のホームページに代わるより高度なプラットフォームとして登場しました。

現在ではサーバー導入型のMovableTypeやWordPress、ウェブサービス型のはてなブックマーク、ライブドアブログ、Amebaブログなど、多種多様な展開を見せています。

一方、SNSは2000年代中期にTwitter、Facebookという現在のシーンの中心となるサービスが現れ、2010年代を通じて一般層に拡大、大きな社会的影響力を持つに至っています。

登場した当初のTwitterやFacebookは、「ミニブログ」や「マイクロブログ」とも呼ばれ、手軽に更新できるブログの簡易版として普及した経緯があります。

とはいえ、ブログとSNSは本質的に似て非なるもの、単に文字数やインタフェースが異なるだけでなく、価値が蓄積される仕組みが根本的に違っています。

この両者のメディア特性の差異は「ストック型」と「フロー型」の分類で説明することができます。

ストック型(ブログ)の特徴

ブログに代表されるストック型メディアの特徴は、情報の蓄積(ストック)が価値を生み出すところにあります。

ユーザーが検索で過去の記事を見つけ出すことによってアクセスが発生するため、検索対象となる過去記事の分量が多いほど、メディア全体のアクセスが増えやすくなります。

媒体の性質上、時間の経過によって劣化しにくい情報が向いていて、記事の本数が求められる一方で、更新の頻度はそれほど問われず、一記事あたりの情報量は大きくなる傾向にあります。

フロー型(SNS)の特徴

フロー型メディアは、情報がタイムラインを流れる(フロー)ところに特徴があり、ユーザーは最新の情報のみを参照し、過去の情報に遡ることは基本的にしません。

ストック型メディアよりもコミュニケーション性が強く、口コミによる強力な拡散力がありますが、話題にはニュースバリューが求められ、時間経過により情報の価値が低下しやすいことから、更新頻度を高く保つ必要あります。

テキストは短文が中心で、画像や動画といったビジュアル表現との相性も良好です。

ストック型とフロー型の類型は、ウェブに限らず様々なメディアで散見されます。

例えば、ストック型の「映画」に対するフロー型の「テレビ」、ストック型の「書籍」に対するフロー型の「新聞・雑誌」といった具合です。

しかし、ストック型とフロー型の分類はあくまで類型であり、両者が完全に分化してしまうと、メディアとしての活性が削がれることになります。

実際にはストック型の中にも時事性の強いフロー的な情報が取り入れられるべきですし、フロー型の中にも地に足のついたストック的な情報が求められます。

ウェブメディアにおいては、ブログにSNS的な機能を取り込む、あるいはSNSでブログ的な発信を試みる、といった施策が考えられるでしょう。

合わせて読みたい

Twitterを活用してブログのコミュニティを形成する方法

SNSを活かす仕様にブログをカスタマイズ

ストック型メディアであるブログは、ユーザーが過去の記事を検索することによって、アクセスが発生します。

しかし、流入経路を検索エンジンに依存しきったブログは、検索順位の変動の影響を受けやすく、また読み手の反応が見えないため、書き手がモチベーションを維持しにくいという問題があります。

そこで、多くのブログがSNSと連携することで、フロー型メディアの特徴を取り入れ、流入経路の多様化メディアの活性化を図っています。

ここではブログにSNSの機能を取り込む方法、特にTwitterとの連携を行うための、WordPress用プラグインを紹介しましょう。

All in one SEO pack

WordPressのSNS関連の設定をまとめて行えるプラグインで、Twitter、Facebook、Pinterestの設定に対応していますが、中でも重要なのが「Twitterカード」の設定です。

ブログの記事がTwitterに投稿された際に、記事の内容をカード形式に変換して表示する機能で、タイムライン上での見栄えが良くなるため、必ず行っておきたい設定です。

このプラグインではTwitterカードの表示内容をカスタマイズできるほか、設定後の状態をプレビューで確認することもできます。

AddToAny Share Buttons

WordPressのページ内に、記事をSNSで共有するためのボタンを追加するプラグインで、ボタンを記事の上部や下部、あるいは画面内にフロート(浮遊)で表示させ、読み終えた記事をユーザーがSNSに投稿できるようにします。

ボタンはサイズ、色、位置を自由に指定可能、TwitterのほかFacebook、LINE、Instagram、はてなブックマークなど、国内外100種類以上のSNSに対応しています。

Social Networks Auto-Poster

WordPressの記事をSNSに自動投稿するプラグインで、ブログの記事を公開すると、あらかじめ指定した条件でTwitterとFacebookに自動的に投稿が行われます。

投稿するテキストの内容や画像を設定できるほか、投稿する日時も指定可能で、過去記事のランダム投稿や繰り返し投稿も行えます。

SNSへの投稿作業をできるだけ省力化したいという人は、このプラグインを活用しましょう。

Custom Twitter Feeds

ブログにTwitterのタイムラインを表示するプラグインで、Twitterは公式にタイムラインの埋め込み機能を提供していますが、このプラグインではより高度なカスタマイズを行えるのが特徴。

デザインやレイアウトを変更できるほか、特定のハッシュタグのみを表示させたり、「いいね」やリツイートの数を表示させたりする機能があります。

ブログを読みながら同時にタイムラインも参照できるようになるので、両者の連携を深めたい人におすすめです。

合わせて読みたい

WordPressの記事作成をサポートするおすすめのプラグイン

ブログの公式SNSを運用するテクニック

ブログが機能面でSNSに対応したら、次は運用面について考えていきましょう。

ブログの記事をSNSで拡散する際、単に記事のタイトルとURLを貼り付けて配信するだけでは効果は期待できません。

SNSのメディアとしての特性に合わせた情報配信の技術が求められますので、今回は、Twitterでブログの記事を配信する際に覚えておきたい5つのテクニックを紹介しましょう。

ブログの専用アカウントを作成する

Twitterでブログの記事を配信する場合は、専用のアカウントを使用しましょう。

個人でアカウントを持っていてフォロワー数も多い場合は、そちらを利用したくなりますが、基本的にブログの公式アカウントは個人用とは分けて考えるべきです。

個人的な雑記ブログであれば、個人アカウントで配信するのもアリですが、特定のテーマがあるブログでは、そのテーマの情報だけを配信するアカウントを作りましょう。

ツイートはTweetDeckで予約配信

Twitterの運用は、オフィシャルのツール「TweetDeck」を利用しましょう。

ツイートの予約配信を大量に登録できたり、複数のタイムラインを同時に表示できたり、複数のアカウントを切り替えながらの閲覧・投稿ができたりとTwitterを高度に使いこなす上で欠かせない機能に対応しています。

利用は無料で、Windows版・OSX版が用意されています。

ツイートに記事のダイジェストを付ける

記事のツイートには、記事の内容を要約したダイジェストを掲載しましょう。

タイトルとURLのみのツイートよりも、フォロワーに興味を持ってもらいやすく、クリック率も高くなります。記事内の、特に強調したい文言を引用するのもいいでしょう。

ツイートの文章は改行によって行間を確保するのが、タイムラインで目に留まりやすくなるコツで、絵文字も親しみやすい雰囲気を作るので、積極的に利用しましょう。

ハッシュタグを利用する

ハッシュタグは、フォロワー外への情報の広がりを生み出す上で重要になります。

記事内容と関連するハッシュタグがある場合は、かならずツイートに設定しましょう。もちろん、自分で新しいハッシュタグを作成するのもアリです。

また、目立たせたいコメントをハッシュタグで指定する、ツイートの文章内の一部の単語をハッシュタグ化するといった手法もあります。

インフルエンサーや企業のアカウントのハッシュタグの使い方を研究してみましょう。

ツイートする時間に留意する

Twitterのツイートは閲覧されやすい時間帯があります。

朝7:00〜8:00の通勤時間帯と、昼12:00〜13:00のランチ休憩の時間帯は、スマホでSNSを開く人が多いため、このタイミングで投稿を行うのが効果的です。

また、夕方の15:00〜17:00の時間帯も、学生ユーザーにとって放課後に当たることから閲覧される機会が多くなります。

そして、もっともアクティブユーザーが多くなるのが夜の20:00〜22:00で、この時間は多くの人にとってのリラックスタイムであり、一日の雑務から開放されてゆっくりネットを見ることができる時間帯となります。

Twitterで記事の予約投稿を行うなら、これらの時間帯を意識して設定するといいでしょう。

合わせて読みたい

【活用ツール付】アフィリエイトでTwitterを使う利点

まとめ

今回はブログとSNSの特性の違いと、ブログを活かすSNSの運用方法について解説しました。

ブログとSNSの両方のメディア運営を得意としている人は意外と少ない様で、ブログでの丁寧な記事作りが得意な人もいれば、逆にSNSで身軽にネットワークを広げる方が得意という人もいます。

適性は人それぞれ異なりますが、ブログ運営においては、両方の能力を備えている事が理想的です。

苦手としている能力を埋め合わせられるよう、今回の記事内容を参考にしながら、意識して技術を習得しましょう。

ブログとSNS、それぞれの特徴を活かすことで、多くのユーザーに記事を読んでもらえるよう、適切に情報を露出するテクニックを身に付けましょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

アフィリエイトブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

アフィリエイトに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください!

お名前.comで
アフィリエイトブログを
はじめる

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
知るくま先生

国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.info]無料クーポン適用中

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる