ブログにオワコン説?環境の変化と新たな可能性

この記事は約7分で読めます

「ブログはもうオワコン(終わったコンテンツ)だ」という声を耳にすることがあります。

確かにブログが登場してから既に20年近くが経過していますが、その間、ブログの牙城は揺らぐどころか、むしろ盤石になったと言えます。

今回は、ブログがオワコンではない理由について考えてみます。

「ブログはオワコン」というのは本当なのか?

「ブログはオワコンである」という声を耳にすることがありますが、ブログは既に終わったコンテンツであり、今から始めるべきではないという趣旨の主張です。

なぜ、そういった発言が出てくるのか、思い当たる理由はいくつかあります。

ブログが日本に上陸し、ネットユーザーの間でブームを巻き起こしたのは、2000年代中頃のことです。

当時、ホームページが主流だった日本のウェブにおいて、コメントやトラックバックによってユーザー同士が繋がるブログの登場は一大事件でありまたたく間に巷を席巻、ブログからは多くのネット有名人が誕生しました。

しかし、2010年代になると、より手軽に更新できるTwitterやFacebookなどのSNSが普及

さらにYouTubeをはじめとする動画配信、noteのような独自でマネタイズ可能なメディアが人気を得る中で、ブログは次第に旧世代のメディアと見なされるようになり、芸能人やスポーツ選手がブログを開設しても、話題に上ることもなくなりました。

この経緯を見てきたユーザー、特に勃興期の盛り上がりを知っている人にすれば、「ブログはオワコン」と言いたくなるのも無理はないのかもしれません。

ただし、それはあくまで一面的な見方に過ぎず、この約20年間でブログの技術や手法は絶えず進歩し続け、コンテンツ制作やマネタイズの環境は、以前とは比較にならないほど充実しています。

合わせて読みたい

オワコンじゃない!2021年のVODアフィリエイトで勝つ戦法とは?

ブログというメディアがオワコンではない理由

なぜ「ブログはオワコンではない」と言い切れるのか、それは次のような状況が生まれているからです。

今、ブログを強くおすすめできる理由を、ひとつずつ解説していきましょう。

SNSによる集客方法の多様化

ブログの重要な集客の回路となっているのがSNSです。

Twitterの普及以降、SNSからブログにユーザーを誘導する手法が一般化しましたが、最近はInstagram、TikTok、YouTubeなど、様々なSNSを拠点とするインフルエンサーが登場したことで導線は多様化

それに合わせて、SNSでの拡散を前提にした、よりバイラルに親和性の高い記事が作られるようになっています。

新しいアフィリエイト対応商品の登場

アフィリエイトに新ジャンルの商品が登場したことで、ブログの収益化の可能性が広がっています。

その一例がサブスクリプション系のサービスで定額制の動画やコミックのアフィリエイトは、サブカルチャー関連の記事で高収益を期待できるため、その敷居の低さから数多くのブログが参入しています。

アフィリエイトブログの可能性は、まだまだ広がり続けていると言えるでしょう。

動画に対するテキストの優位性

動画コンテンツの最盛期と言える現状ですが、そこで改めて見直されているブログのメリットが、効率良く情報を取得できる点です。

情報を迅速に得たい場合、動画の場合は最後まで見続けるか、あるいはシークバーで該当箇所を探すしかありませんが、ブログは流し読みができるので、欲しい話題をすぐに見つけられます。

情報の探索に時間をかけたくない場合には、動画よりもテキストに優位性があるのです。

設定の簡易化によるハードルの低下

初心者が参入しやすいのもブログのメリットです。

ブログ初期の頃から、簡単に始められることが売りのひとつになっていましたが、近年はドメインの取得、サーバーの設定、WordPressのインストールといった作業の自動化が進み、専門的な知識がない初心者でも、WordPressの導入と運用が可能となっています。

事業者側のサポートが充実したことで、技術面でつまずくことはほとんどないと言っていいでしょう。

SNSの普及による競争率の低下

TwitterやFacebookをはじめとするSNSの普及は、ブログの全盛期を終わらせましたが、その一方で、ライト層がSNSに移動したことで、ブログの競争率は低下の傾向にあります。

今からブログを始めるのは、腰を据えてブログに取り組みたい人に限られます。

気軽に情報発信したい層が去り、実力勝負の世界になったことで、優良なブログが評価されやすい土壌が生まれています。

このように、近年のブログは、ウェブの最前線ではなくなったことで、むしろ参入のメリットが大きい環境になりつつあります。

そしてもうひとつ、他の媒体にはないブログの決定的なメリットが以下です。

手軽に収益化できる唯一のメディア

ブログの最大の利点は、単体で収益化が可能なメディアであることです。

SNSには単体で収益を得る手段はなく、YouTubeは収益化に対応しているものの、広告表示には高いハードル(総再生時間4000時間以上、チャンネル登録者数1000人以上)が課せられています。

一方、ブログのアフィリエイトは審査を通過しやすいため、ユーザーを問わず収益化のスタートラインに立つことができます。

収益化のハードルの低さにおいて、ブログを超えるメディアは今のところありません。

今のブログは、これだけ多くの強みを持っています。
「ブログはオワコン」と言われることがあっても、気にする必要はありません。

むしろ、オワコンと言われる状況を逆にチャンスと捉える発想の転換が、今後のブログの可能性を引き出すことに繋がるでしょう。

合わせて読みたい

ブログとSNSの違いと使い分けのテクニック

マンネリ気味のブログをオワコンにしない方法

ここまでの解説で、ブログがオワコンではないことは理解できたと思います。

ただし、ブログというジャンル全体はオワコンではないにしても、個々のブログがオワコンかどうかについては、また話が別です。

実際、何年も前からアップデートを拒否し、同じことの繰り返しに陥っているブログは少なくありません。

そのやり方でユーザーに価値を提供し続けられればいいのですが、単に惰性で過去のやり方を踏襲しているだけのブログも多そうです。

ブログをオワコンにしないためには、常に最新の動向に目を配り、新しい潮流を積極的に取り込む姿勢が求められます。

「自分のブログはオワコン化しているかも……?」と思った人のために、ブログに取り入れたい施策を紹介しましょう。

未知のSNSに参入してみる

ブログの内容は読者の次第なので新しい読者の存在が念頭にあれば、それに合わせて記事の方向性や書き方も変化するでしょう。

そこで、未知のSNSに参入することで、新しいユーザー導線の開拓にチャレンジしてみましょう。

特に、Instagram、TikTok、Pinterestなどはブログに向かないという先入観から盲点になりがち。

新しいタイプのユーザーと交流が生まれれば、ブログにも好影響があるかもしれません。

YouTubeを始めてみる

近年、動画配信で高収益を得ているYouTuberがよく話題になりますが、ブログにおいても、YouTubeの動画を組み込んだ記事が増えています。

YouTubeで動画を公開し、ブログでその内容をテキスト化することによって、動画と文章のメリットを両取りすることが可能になります。ブログの記事にはYouTubeの動画を簡単に組み込めるので、両者の連携は積極的に進めるべきでしょう。

ClubhouseやSpaceで交流を図ってみる

最近ネットで話題を呼んだサービスといえば音声メディアです。

特にスマホ向けの音声SNS「Clubhouse」や、Twitterの新機能「Space」が有名ですが、これらをブログと絡めて展開してみるのも一つの手です。

ブログの欠点は、他媒体と比べて静的でインタラクティブ性に欠ける点ですが、ユーザーと直接的なコミュニケーションが取れる音声メディアは、ブログの活性化を促すきっかけになるかもしれません。

ポッドキャストを始めてみる

ここ最近、静かに注目を集めているのがポッドキャストです。

技術としては以前からありましたが、ここにきてSpotifyやApple Musicといったサブスクリプション系サービスが公式にコンテンツの一部として取り入れたことで、じわじわと人気が再燃しつつあります。

特にSpotifyはポッドキャスト向けに音源の提供を開始するなど力を入れていることから、今後はさらに勢いを増すことになりそうです。

ブログとポッドキャストは相性が良く、ファンと新しい交流を築く機会になるのでオススメです。

合わせて読みたい

【完全解説】リスクゼロ!ブログで得られるメリット30選

まとめ

今回は、ブログがオワコンではない理由と、自身のブログをオワコン化しない方法について解説しました。

ブログのオワコン説は今に始まったことではなく、10年以上前から定期的に提唱され続けています。

確かにブログ周辺の環境は大きく様変わりしており、全盛期の文化に愛着のある人にとって、今のブログはオワコンに見えるのかもしれません。

しかし、SNSや動画が話題を席巻する中にあっても、ブログは不動のポジションを確保し続け、むしろ新興のウェブサービスと積極的に交わることで、その立場をより盤石にしつつ、現在に至っています。

ブログがオワコンかどうかを考えるよりも、今のブログがウェブの中で、どのような役割を果たしているかを検討する方が、有意義と言えるでしょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
知るくま先生

国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.info]無料クーポン適用中

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる