【徹底解説】初心者におすすめ!ゼロから学ぶブログの始め方

この記事は約15分で読めます
Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

WEB学園でお伝えしてきたノウハウをギュっと濃縮してお伝えします。
今回は、ブログの始め方について徹底解説していきます。

ブログの始め方

いざブログを始めるにあたって、もっとも気になるのは「手間」と「費用」でしょう。このうち手間については、あまり心配する必要はありません。

ブログが登場してから20年近くが経過した現在、設定や運用の技術は徹底的に簡略化されています。
ウェブで関連情報が豊富に公開されていることもあり、技術的な面で躓くことは少ないはずです。

もうひとつの心配事である価格についてですが、ブログ運営の方法は「無料」と「有料」に分けられ、それぞれ選択するサービスも異なります
ここではそれぞれのメリット・デメリットについて解説していきましょう。

無料でブログを運営する場合

「一切お金をかけずにブログを始めたい」という場合、必要になるのは以下の2つです。

無料ブログに必要なもの

  • ブログサービス(0円)
  • ASP(0円)

無料のブログ運営では、ブログサービスとASPだけの最小構成でのスタートとなります。ブログサービスは「Livedoorブログ」や「はてなブログ」などの無料プランを選択しましょう。

ASPは登録料や利用用がかからないのでゼロ円で利用できます。
この環境ではブログを運営していても、お金が流出していく心配が一切ありません。
また、途中でブログを放棄した場合にも、特に問題は発生しません。

その一方、ブログの運営上、不利になる点がいくつもあります。

まず、アフィリエイトの収益率が低下します。
ブログサービスの無料プランには広告が強制的に表示されるため、アフィリエイトで紹介した商品以外の広告にユーザーが流れてしまうためです。

また、URLがブログサービス提供のものになるため、ブログを引っ越す際に、ブログの最大の資産である検索エンジン上に蓄積された評価を継承することができません

さらに、ブログサービスのURLではGoogleアドセンスの審査を通過できません。貴重なクリック保証型広告であるGoogleアドセンスが封じられるのは、ブログの収益化を目指す上では手痛いダメージとなるでしょう。

有料でブログを運営する場合

次に、有料でブログを運営するための必要経費を見てみましょう。
一定のコストを投じてブログを運営するという判断をした場合、利用するのは以下の4つのサービスです。

有料ブログに必要なもの

  • WordPress(0円)
  • レンタルサーバー(約1500円〜/月)
  • 独自ドメイン(約1500円〜/年)
  • ASP(0年)

有料のブログでは、WordPressとレンタルサーバーのセットでの運用が一般的です。WordPressは無料で利用できますが、レンタルサーバーには月額費用がかかります。価格は事業者やサーバーの性能によっても変わりますが、ブログ用のサーバーはだいたい1500円程度の価格になるのが一般的です。

さらに独自ドメインも取得しましょう。
検索エンジンのブログの評価が独自ドメインに付与されるため、そのまま他の環境へと継承させることが可能になります。
独自ドメインの費用は種類によって大きく変動しますが、「.com」や「.jp」を利用する場合は、年間1500円程度の費用を見込んでおけば充分でしょう。

ここで実際に「お名前.com」のレンタルサーバーと独自ドメインを利用した場合の費用を試算してみましょう。

「お名前.com」のレンタルサーバーは月額900円。
独自ドメインは「.com」を取得した場合、1年目が90円、2年目以降は1280円となっています。
両者を合計すると、毎月1000円程度の維持費。

一般的な有料サービスと比べても、かなり安価にブログを運営できる計算です。これだけの準備を整えておけば、他のサイトと比較したとき、環境面で劣位に立たされることはないでしょう。

なお、他のお金の使い所としては、WordPressのテーマを新規に作成したり(20万円〜)、バナー制作を発注したり(3000円〜)、記事の執筆を依頼したり(1文字1円〜)といった、専門業者への外注が考えられますが、これらは必ずしもコストに見合った成果が得られるとは限りません。

最初の有料ブログの環境を整えた時点で、成功に必要な条件は充分に満たされています。後は外部の力を借りずに、運営者自身の工夫と努力によってブログを成長させることをおすすめします。

ブログ作成サービスを利用するメリット

ブログを始める方法は大きく分けて、ブログ作成サービスを利用する方法と、WrodPress+レンタルサーバーを利用する方法の2つがあります。
本格的なブログを運営する際は後者を選択するのが一般的ですが、前者のブログ作成サービスにも独自の優位性があり、特にブログを運営した経験のない初心者には強くオススメできます。

ブログ作成サービスを利用するメリットをまとめると、以下の3点になります。

1.低労力かつ低コスト

とにかく簡単、手軽にブログを作りたいのであれば、ブログ作成サービスはうってつけです。
ユーザー登録を行えば、後は最低限の初期設定だけで、すぐに記事を書き始めることができます。
設定項目も簡略化されていて、外観についてもテンプレートから好みのデザインを選ぶだけ。

また、無料のプランが用意されていて、お金を一切かけずに利用できるのも強みでしょう。
多くの場合、バナー広告が強制的に表示されますが、それさえ許容できれば利用上の不便はほとんどないはずです。

2.デザイン面のクオリティ

ブログ作成サービスでは、サイトのデザインをサービス側が用意したテンプレートの中から選択します。
運営者が自分でカスタマイズできる余地は少なくなりますが、プロが作っているだけあってデザイン面の完成度は高く、最小限の手間でクオリティの高い外観を利用できます。
テンプレートは数に限りがあるため、他のユーザーとデザインが被ることはよくありますが、それほどオリジナリティを重視しないタイプの人にとっては充分でしょう。

3.サービス内導線の確保

ブログ作成サービスの多くは他のユーザーに記事を紹介する機能を備えています。
中にはその延長線上で、独自のコミュニティを形成している場合も少なくありません。

例えば、はてなブログは、はてなブックマークなどの周辺サービスと密接な関わりがあり、「はてな界隈」と呼ばれるコミュニティを形成しています。
Amebaブログも、芸能人やスポーツ選手を数多く擁することから、そのファンが形成しているコミュニティと不可分です。

こういったコミュニティは、ブログのアクセス数の増加に大きく貢献します。
検索エンジンやSNSからの流入以外にも、サービス内のコミュニティからの導線を持っているのが、ブログ作成サービスの大きな特徴です。

以上のように、ブログ作成サービスには、初心者でも見栄えのいいブログを簡単に始められる敷居の低さと、付属するコミュニティからの流入によりアクセス数の底上げが期待できるという機能上の特徴があります。

これらのメリットを活かしながら、自分に合ったブログ作成サービスを探してみましょう。

ブログ作成サービスとWordPressはどこが違う?

ブログの定番であるWordPressとブログ作成サービスの違いはどこにあるのでしょうか。
どちらもブログ形式のサイトを構築するという点では同じですが、サービスの内容にはかなりの違いがあります。
その中でも特に大きなのは、以下の3点です

難易度の違い

ブログ作成サービスは、サイト構築が極めて簡単なのが特徴で、これ以上サイトを簡単に作る方法はないと言ってもいいほどです。
インストールに専門的な用語は出てきませんし、サイトの仕組みについての知識がなくても、提示された選択肢を選んでいくだけで、完成度の高いサイトが出来上がります。

一方、WordPressの難易度はやや高めです。
導入にはサーバー管理者の素養が必要ですし、インストール直後は公開できる状態になっていないので、デザイン・機能面でのカスタマイズが必となります。
ネットで情報を収集して知識を吸収する姿勢がないと、運用は難しいでしょう。

ただし、WordPressの自動インストール機能に対応したレンタルサーバーなら、難易度は大幅に下がります。
「お名前.com」が提供しているレンタルサーバーなら、初心者でも簡単に利用できるように導入手順が簡略化されているのでオススメです。

初期費用と運営費用

ブログ作成サービスは、初期費用・運用費用ともに無料です。
ただし、サイトにはバナー広告が強制的に表示されます。

また、独自ドメインや高度なアクセス解析といった機能は、有料プランを契約しなければ利用できない仕様になっており、使い続けるうちに機能的に物足りなくなり、結局、追加費用を払うことになるケースも多いようです。

WordPressの場合、WordPress本体はオープンソースなので無料ですが、インストールするサーバーを自分で契約しなければならないため、初期費用と運用費用がかかります。サーバーの初期費用は3000円程度、運営費用は月額1500円程度というのが一般的な相場です。

なお、「お名前.com」では、サーバーの※初期費用はゼロ円、運営費用は最大で月額990円まで割引されるキャンペーンを提供しています。

  • ※2021年5月7日時点。最新の提供価格は公式サイトで確認してください。

広告配置の自由度

ブログ作成サービスでは、カスタマイズに制約があり、好みに応じて外観を変えることができません。

特に影響が大きいのが広告配置の制約で、バナー広告の設定場所があらかじめ決められているケースが多くなっています。
また、無料プランの場合はバナー広告が強制表示されますが、これも配置を変えることはできません。

WordPressではデザインの自由度が高く、広告の配置も自由自在です。
バナー広告は場所によって収益が大きく変わりますが、WordPressであれば広告の配置を試行錯誤して、最も大きな効果が得られる場所を見つけ出す、といったこともできます。
もちろん強制的に挿入されるバナー広告はなく、すべての広告を完全に自分のコントロール下に置けます。

今からブログを始めるメリットは?

ブログに興味があるけど、今から始めるメリットがよく分からない……という人は少なくないと思います。
確かに、TwitterやFacebookといった手軽に更新できるSNSが人気を集めている現在、わざわざ手間のかかるブログを始める理由は、分かりにくくなっているかもしれません。

しかしブログには、TwitterやFacebookでは得られないメリットが確実にあります
代表的なものを以下に挙げてみましょう。

金銭的な収入が得られる

ブログの大きな魅力のひとつは広告収入を得られることでしょう。
アフィリエイトやアドセンスは、ブログの運営者に金銭的な利益をもたらします。

もちろん、すべてのブログが成功を収められるわけではありません。
ブログだけで生活できるほどの収益を得られる人はほんの一握りですが、副業の範囲内ならば稼ぐことは充分に可能です。

ブログはリスクが小さいビジネスで、金銭的な費用はかかっても月額2000円程度。大きな初期投資をせずに始められるので、他に本業を持ちながら行うには、うってつけです。

濃密な人間関係が得られる

ブログは自己紹介のツールとして非常に有用です。
仕事がきっかけで知り合った人や、イベントや交流会で名刺を交換した人に、自分がどんな人間なのかを理解してもらうには、ブログを読んでもらうのが一番です。

TwitterやFacebookは近況報告が中心なので、自分の本質的な部分を理解してもらうには時間がかかりますが、長文の記事が更新されるブログからは、普段のコミュニケーションでは表に出ない思考や洞察が伺い知れるので、より濃密な人間関係を築きたいという人には大いに役立ちます。

仕事に役立つ知識が得られる

ブログを運営していると、ウェブの標準的な技術やマーケティングの知識が、自然と身に付きます

本格的なブログはWordPressをサーバーに導入して運用しますが、これらは事実上の業界標準となっている技術であり、ウェブ業界に従事していなくても、身につけておいて損はない知識です。

さらに、ブログでの成功には、人々のニーズを汲み取り、他サイトとの差別化をはかるマーケティング面での工夫が欠かせません。
ブログでの試行錯誤の経験からは、市場で優位性を獲得すべく戦略的に思考する習慣を身に付けられるでしょう

これらの中でも、特に強力な動機付けになるのが金銭的な収入であり、ブログを始める人の多くは、それを第一の目的にしていると思います。

しかし、長年ブログを運営している人々の中には、収益よりも人間関係や知識習得を重視しているタイプが数多くいます。
ブログを通して得られた人脈や知見から、金銭以上に豊かなフィードバックが得られるケースがあるということは、覚えておいた方がいいかもしれません。

今人気のおすすめブログ作成サービス10選

ここでは、ブログ作成サービスの中でも代表的なものを10個取り上げて、それぞれの特徴を解説します。

なお、厳密にはブログとは定義されないサービスも含まれていますが、機能的にはブログの特徴を継承しているため、10選の中に含めてあります。

はてなブログ

株式会社はてなが運営するブログサービスで、議論好きの古参ネットユーザーが多く集うことで知られています。

サイトには長文の記事が多く、ユーザー間の交流が活発です。
はてなブックマークやはてな匿名ダイアリーなど、同社が運営する強い影響力を持ったサービス群との関わりが深く、「はてな界隈」と呼ばれる独特のコミュニティを形成しています。

これらのサービスからは少なくない流入が発生することから、検索エンジンやSNSに向けた施策を行わなくても、一定数のPVを確保できる点は魅力です。

使いやすさ ★★★★
デザイン性 ★★
コミュニティの活発さ ★★★★★
無料版の機能 ★★★

Amebaブログ

株式会社サイバーエージェントが運営するブログサービス。
SNS的な機能を強化することで、ユーザー間の結びつきを重視しているところに特徴があります。

多くのタレントやスポーツ選手がブログを開設したことから、そのファン層も流入。
ファンコミュニティの活動が活発に行われています。
女性ユーザーが多いことから、特に美容、婚活、占いといったジャンルが盛んです。

テンプレートのデザインは豊富ですが、記事内で利用できるHTMLタグに制約があるなど、カスタマイズ性は低くなっています。

使いやすさ ★★★
デザイン性 ★★★
コミュニティの活発さ ★★★★
無料版の機能 ★★

Livedoorブログ

LINE株式会社が運営しているブログサービスです。
まとめサイトや有名ブロガーのブログを多数抱えていることもあって、ネットで広く知名度を向上させたいなら有力な選択肢となるサービスです。

他のブログサービスが有料プランで提供している機能を、無料で利用できるのも特徴。
特に独自ドメインを無料で利用できるのは、大きな強みとなります。

ほかにも、記事下広告(PC版)を非表示にできたり、ブログデータの容量が無制限だったりと、機能面での大盤振る舞いが多数あります。

使いやすさ ★★★
デザイン性 ★★★
コミュニティの活発さ ★★
無料版の機能 ★★★★★

楽天ブログ

株式会社楽天が運営するブログサービスで、楽天系のサービスとの強力な連携機能を備えています。

特に楽天アフィリエイトとの相性は抜群。
ブログの記事作成画面に楽天市場の商品を紹介する機能が組み込まれているため、サービス間を往復することなくアフィリエイト記事を作成できます。

その一方で、他社のサービスとの連携は難しく、記事のエクスポート機能がないためブログの引っ越しができない、Googleアドセンスや他社ASPのアフィリエイトを利用できないといった制約があります。

使いやすさ ★★
デザイン性 ★★★
コミュニティの活発さ ★★
無料版の機能 ★★

FC2ブログ

FC2動画で知られるFC2.Incが運営するブログサービスです。
5500種類を超えるテンプレートがあり、HTMLでのカスタマイズにも対応。
他サイトとの重複を心配せずにデザインを選択できます。

また、ブログの内容面での自由度が高いのも特徴で、他のブログ作成サービスではNGとなるアダルト系のコンテンツも許容する懐の深さがあります。

もっともそれゆえに、会社の公式サイトを設置するといった公的な用途には向いていません。
また、独自ドメイン登録(有料プラン)では、FC2ドメインで取得したドメイン以外は設定できない点にも注意が必要です。

使いやすさ ★★★
デザイン性 ★★★★
コミュニティの活発さ ★★
無料版の機能 ★★

WordPress.com

米国Automattic社が運営するブログサービスです。
WordPressは本来サーバーにインストールして利用するソフトウェアですが、それと同じものをウェブサービスとして提供しているのがWordPress.comとなります。

レンタルサーバーの導入は不要で、他のブログ作成サービスと同じように、ユーザー登録後すぐにブログの作成が可能です。
機能的にはWordPressと全く同じですが、無料プランではテーマやプラグインが自由に導入できないという制限があります。

また、Googleアドセンスなどによる収益化にも制約があり、自由度の面でかなりハンデがあります。
とりあえずWordPressを触ってみたいという人にはいいかもしれません。

使いやすさ ★★★
デザイン性 ★★
コミュニティの活発さ ★★
無料版の機能

Blogger

Googleが運営するブログサービス。
無料であるにも関わらず広告表示が一切なく、独自ドメインの利用も可能です。

ログインにはGoogleアカウントを利用し、GoogleアドセンスやGoogleAnalyticsとの連携も容易。
また「ガジェット」と呼ばれるWordPressプラグインと似た仕組みにより、ブログに必要な機能を個別に追加することができます。
外観を変更するテンプレートは、公式のものは種類が少ないですが、ユーザーが独自に公開しているものが海外を中心に多数あります。

どちらかといえば、ブログの性能や機能に重きを置くコアユーザーに愛用されているサービスです。
なお、Google提供ではあっても、Google検索で有利になるといったことはないようです。

使いやすさ ★★★★
デザイン性 ★★★★
コミュニティの活発さ ★★
無料版の機能 ★★★★

LINEブログ

LINE株式会社が運営するブログサービス。
スマホからの利用に特化しているのが特徴で、パソコンから記事の投稿はできない仕様です。

機能は極めてシンプルで、記事のカテゴリ分けがなく、HTMLやCSSの編集も不可。
アクセス解析はブログ全体のPVのみと、無駄を徹底的に削ぎ落とした設計となっています。

その分、記事作成の負担も最小化されていて、LINEにメッセージを投稿する感覚で気軽に記事を投稿することが可能。
また、LINEのタイムラインでサイトの更新を通知できるので、LINEで繋がっている友だちに向けて情報を発信したいときに便利です。

一般的なブログ作成サービスからはかけ離れた仕様ですが、内輪向けと割り切って使うのには最適でしょう。

使いやすさ ★★★★
デザイン性
コミュニティの活発さ ★★
無料版の機能 ★★

note

note株式会社が運営するサービス。
2021年現在、もっとも注目度の高いメディアといえるかもしれません。

厳密にはブログに分類される媒体ではありませんが、実質的にブログの延長線上のサービスとして利用されています。
最大の特徴はマネタイズの容易さです。
ユーザー間で記事を売買する機能があり、数百円単位の少額決済で簡単に記事を販売できます。

内部コミュニティも充実していて、文字量的にもボリュームのある記事が数多く投稿されています。
記事の作成画面と公開画面が同一で、完成図を想像しながら直感的に操作が行えるUIも特徴。
その一方で、HTMLやCSSの編集は行えず、デザインの変更も不可。カスタマイズ性には欠ける仕様となっています。

使いやすさ ★★★★
デザイン性
コミュニティの活発さ ★★★★
無料版の機能 ★★★

Tumblr

米国Davidville社が運営するサービスです。
これも厳密にはブログとは別物のメディアで、記事を作成するというよりは、ウェブ上にあるテキスト、画像、動画といった情報を引用(リブログ)して収集できることから人気を集めているサービスです。

ブログのように記事を作成して投稿することも可能で、デザイン性に優れていることから、企業がポータルサイトとして運用する事例も増えています。
無料で独自ドメインの利用が可能で、上述のリブログ機能により情報の拡散性にも優れています。

2007年にスタートした古参のサービスでありながら、独自のポジションを確立しているといえるでしょう。

使いやすさ ★★★
デザイン性 ★★★★
コミュニティの活発さ ★★★
無料版の機能 ★★★★

まとめ

今回はブログの始め方について徹底解説しました。
以前からブログに興味があったけど、何から手を付ければよいのかわからなかった人は、ぜひ参考にしてみてください。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

アフィリエイトブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

アフィリエイトに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください!

お名前.comで
アフィリエイトブログを
はじめる

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
泉 賢

GMOインターネット株式会社お名前.com事業部所属。
お名前.comのドメインに関するマーケティング業務を担当し、現在はオウンドメディアサイト運営を中心に活動中。

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.com]0円クーポン適用中

クーポンをもらう

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる