おすすめ副業ランキング!失敗しない副業の選び方も紹介

この記事は約10分で読めます
Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

副業といえば以前は周囲に知られないように行うのが一般的で、これは企業側で副業が禁止されていることが多く、表立って行えなかったためですが、最近では副業解禁の動きが活発になり、副業のニーズが高まっている状況です。

では、実際に副業を行う場合、どのような点に注意して選べばよいのでしょうか。今回は、失敗しない副業の選び方や、おすすめの副業ランキングを紹介します。

副業解禁の動きが加速!副業を選ぶためのポイント

働き方改革の一環で、日本政府は柔軟な働き方を実現するための環境や法整備を進めてきましたが、その具体的な方針として副業の推奨があります。2017年に閣議決定された「働き方改革実行計画」では、テレワークや副業、兼業などの柔軟な働き方の実現が目標となった形です。

これによって、徐々に副業を認める企業が増加しており、約3割程度の企業が副業を容認・推進している状況です。

実際に副業を選ぶ際には、吟味して選定しないと後々後悔することになりかねません。
特に、以下のポイントを重視して選定してください。

身体的な負担がかからない副業を選ぶ

副業は、あくまでも本業があった上で、その隙間を縫って行うものです。昨今、働き方改革が叫ばれている中で、残業時間を減らす動きが加速しています。

その中で、本業のほかに副業を行うとなると、身体的な負荷がどうしてもかかってしまいがちで、副業による疲労で本業に影響が発生するようでは本末転倒です。

あくまで本業に影響しないことを前提に、身体的な負担が少ない副業を選ぶようにしましょう。

「儲かる」などの誇大広告に注意する

副業に注目が集まる中で、副業を募集する企業も増えています。リソースの確保のために募集するケースが大半ですが、中には副業のニーズが高いという点に着目して、詐欺行為を働こうとしている悪徳業者もいます

悪徳業者の場合、多くが「絶対に儲かる」などの目を引くフレーズを多用して、利用者を集めています。絶対に儲かる副業などまずあり得ないと肝に銘じて、誇大広告に騙されないように注意してください

投資が必要な場合は慎重に判断する

副業の中には事前に投資が必要になるケースがあります。例えば、モノを作って販売する副業の場合、作るための材料を準備しなければなりません

また、クリエイター関連の副業をする場合、PCやソフトウェアを自分で用意しなければならない場合もありますし、サブスクリプションサービスを利用することでランニングコストがかかる可能性があります。

こういった投資を行った場合、それ以上の対価を得られなければ副業をしている意味がありません。

投資が必要な副業の場合は、初期投資額費用対効果などをしっかりと考えて、要否を慎重に判断してください。

おすすめの副業ランキング

ここからは、2022年に特におすすめの副業を紹介します。これから副業を始めてみたいが、何をするかまだ決めていないという人は、ぜひ参考にしてください。

1位 ウェブライター

webライターとは、主にクラウドソーシングサービスなどで依頼を受けて、あるテーマに関する記事を作成し、その対価として報酬を得る職業となります。

普段インターネットで情報を検索すると、様々な情報サイトがヒットしますが、その記事の多くはウェブライターが作成しているのです。

ライターが取材を行うケースもありますが、多くは自分が持ち合わせている知識や、インターネットで調査した情報をベースに記事作成を行っています。

また、パソコンさえあれば記事を作成できるため、初期投資もほぼかかりません。

ライターとしてレベルアップすれば、1文字1円以上の仕事を受注できるようになるので、時給3000円以上も決して夢ではありません

2位 暗号資産への投資

暗号資産とは、インターネット上でやり取りされる資産のことを指し、代表的なものにビットコインイーサリアムリップルなどがあります。

暗号資産は、法定通貨取引とは異なり、非常に値動きが大きく、投機対象として人気です。

大きな損害を出すリスクはありますが、草コインと呼ばれる今後成長を見込める暗号資産を保有して、目論見通りに価値が上がれば、大きな利益を出せるチャンスがあります。

1億円以上を稼ぐ、いわゆる「億り人」と呼ばれる成功者も稀にいるほどです。

3位 NFT関連への投資

NFTとは「Non-Fungible Token」の略であり、非代替性トークンのことを指します。

暗号資産の一種として、他の暗号資産と同様にブロックチェーン上に存在しています。

NFTは主に、デジタルアートなどの販売に利用されていて、大きな利益を上げることが可能です。

実際に、2021年にはNFTのデジタルアートが数千万で落札された事例があり、今後も注目したい副業の一つです。

4位 民泊

民泊は、自宅などを宿泊施設として貸し出すことで報酬を得るビジネスを指します。

ホテルなどのような専用の宿泊施設ではない、普通の民家を貸し出す点が特徴で、増大するインバウンド需要に対して、専用の宿泊施設の数が追いつかないことから、注目を集めている業態です。

オンラインサービスに登録することで、誰でも簡単に民泊を副業とすることが可能で、清掃や修繕費用は自己負担ですが、特に地方で余っている家屋や部屋を利用して収益を得られる点は大きな魅力です。

5位 アフィリエイト

アフィリエイトとは、商品やサービスをブログなどで紹介して、そこから購買が発生した場合に紹介報酬を得られるサービスのことを指します。

読者に商品のおすすめポイントうまく訴求して売ることができれば、多くの報酬を見込めます。

また、強い競合がいないジャンルの商品やサービスを見つけて、その分野でのトップの地位を確立すれば、長期的に報酬を得続けられる可能性もあります。

ブログの記事を作成する手間がかかりますが、トップアフィリエイターともなれば時給ベースでも数千円を稼ぐという人も珍しくありません。

6位 ノウハウの販売

自分の持ち合わせているノウハウを販売することでも、報酬を得ることができます。

特に最近では、noteというサービスを利用して、誰でも簡単にノウハウを販売できるようになりました。

魅力的なノウハウを持ち合わせていれば、より多くの方に購入してもらえるチャンスがあり、1つのnoteで数万円を得ることも可能です。

7位 テープ起こし

テープ起こしとは、講演会議座談会などの録音された発言を聴き取って、その内容を文章として記述する作業のことを指します。

以前から存在している副業ですが、昨今は新型コロナウイルスの影響によって、オンライン会議が頻繁に行われるようになったことから、テープ起こしのニーズがさらに高まっています

テープ起こしを効率よく行うために自動文字起こしサービスを利用することもできますが、導入費用がかかる上に聞き取りの精度は高くないので、費用対効果を考慮して導入可否を検討すべきです。

時給ベースで言えば1000円以上はコンスタントに稼ぐことが可能です。

8位 コンサルティング

コンサルタントは、具体的な製品やサービスを売るのではなく、提案や改善案といったノウハウそのものを商品として対価を受け取る職業を指します。

自分の持ち合わせている経験や知恵を最大限生かして、依頼を受けた会社に対してコンサルティングを行います。

コンサルティングは、専門性が高ければ高いほど、多くの報酬を得られるチャンスがあります。

ただし、本業と同業の会社にコンサルティングを行う場合、ノウハウの流出などを懸念される可能性があるので注意してください。

コンサルタントで得られる収入はピンキリで、規模が大きい場合は数百万円となることもあります。

9位 食品配送サービス

最近、特に注目を集めている副業として、食品配送サービスがあります。

有名なサービスとしてUberEatsなどがあり、オンラインで有名飲食店のメニューをオーダーして、それを配送員が依頼主のところまで送り届けるサービスが提供されています。

実は、この配送員は自社の社員ではなく、個人に委託という形となっており、誰でも配送員となることが可能です。

自転車やバイクなどの配送手段と、専用のバッグさえあればすぐに配送員として活躍でき、複数の食品配送サービスにおいて掛け持ちで活動することもできます。

一種の肉体労働となりますが、効率よく配送できれば最終的には時給換算1900円程度の収入を得られます。

10位 ポイントサイト利用

ポイントサイトとは、サイト内に掲載されている様々な広告を経由して商品を購入したり、サービスを契約すると、その対価として報酬が得られるサービスです。

ポイントサイトへの登録は無料で、広告のほかにゲームなどが用意されていることもあり、ゲームはプレイするだけでもポイントを獲得可能です。

さらに、ポイントサイトには友達紹介制度があり、紹介報酬が得られるだけでなく、紹介した相手が広告を利用することで、その報酬額の一部が還元される制度もあります。

利用するポイントサイトにもよりますが、月1000円程度はコンスタントに獲得できるでしょう。

11位 覆面調査

覆面調査とは、飲食店などで身分を隠した形でサービスを利用して、サービス内容が適切であるかを調査する仕事です。

依頼者から行動を指定されるケースが多く、実際に行動を行った上でレポートを作成して報告し、その対価として報酬が得られます。

覆面調査会社に会員登録を行い、調査員として調査対象のサービスを利用することになるため得られる報酬には経費、たとえば飲食店の調査であれば飲食費が含まれていることが多く、普段利用しないお店のサービスを実質的に無料で利用できるメリットもあります。

12位 ハンドメイド作品の販売

手芸が得意で、ハンドメイドで様々なグッズを作るのが好きな人の場合、ハンドメイド作品を販売する副業がおすすめです。

最近では、誰でもハンドメイド作品を自由に出品できるサービスがあり、気軽に販売できる環境が整っています。

また、フリマアプリ経由で販売したり、周囲の人に直接販売する方法も有効的です。ハンドメイドであるため大量生産はできませんが、付加価値の高い作品を作成すれば、大きな利益を稼げる可能性があります。

13位 運転代行

運転代行とは、依頼者に代わって自動車を運転して、指定する場所まで自動車と依頼者を運ぶサービスのことを指します。飲酒運転の厳罰化が進む昨今、さらにニーズが高まっている業種となっています。

タクシーと大きく違う点としては、依頼者の自動車を一緒に運ばなければならないため、基本的には依頼者の居場所まで2名以上で向かって対応しなければなりません。

また、自動車運転代行業を開業する場合、公安委員会の認定を受ける必要があるため準備が必要です。

運転代行は主に夜間に需要が高まることから、副業で週4日働いた場合は年間で180万円以上の収入を得ることもできます。

14位 LINEスタンプ販売

コミュニケーションツールとして広く愛用されているアプリLINEがありますが、LINEでは、スタンプと呼ばれる文字情報の代用となるイラストが広く用いられています。

LINEでは、自作のスタンプを誰でも販売することができ、そこから利益を得ることが可能です。人気スタンプになれば一度の製作で継続的に収入を得ることが可能です。

200円のスタンプが1個売れると70円の収入となるので、1000個単位で売れれば数万円の利益を上げることができます。

15位 フリマアプリで不用品販売

フリマアプリを使用して不用品を売ることでも利益が得られます。

自分にとっては不用品でも他の人からするとお宝で、思わぬ高値で売れるケースもあります。

自宅にある不用品をすべてフリマアプリ経由で販売すれば、それだけでも相応の報酬を得ることが可能になります。

また、高値で売れるものを複数仕入れて、フリマアプリで販売して収入を得ることもできます。ただし、興行チケットなどの転売は各方面で禁止されているので注意してください。

まとめ

今回は、今おすすめの副業についてリストアップしてみました。

副業解禁の流れが加速する中で、さまざまな副業に注目が集まり、実際に取り組む人の数も増えています。

それぞれの副業において、難易度や得られる報酬額は異なりますが、まずは自分が無理なくできそうな副業を選び出して、その中で最大限、利益を得られそうな副業からチャレンジしてみましょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

独自ドメインを取得するなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

独自ドメインを取得しようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

お名前.comで
独自ドメインを取得

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
泉 賢

GMOインターネット株式会社お名前.com事業部所属。
お名前.comのドメインに関するマーケティング業務を担当し、現在はオウンドメディアサイト運営を中心に活動中。

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.com]0円クーポン適用中

クーポンをもらう

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる