英語や英会話のスキルを活かした副業15選

この記事は約9分で読めます
Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

英語の副業を始めたいけれど、どんな種類の副業があるのか分からない、どこで仕事をもらえるのか知りたいという人もいるのではないでしょうか。

今回は、英語の副業にはどんな種類があるのか、どこから仕事をもらえるのかについて詳しく解説します。

英語力を活かせる副業には何がある?

英語が得意で、その特技を活かした副業をしたいと考えている人もいるはずですが、そもそもどこで仕事を探せばいいのか、すぐには思いつかないのではないでしょうか。

実は、英語の副業はネットには豊富に存在していて、アプリをダウンロードし、会員登録するだけで、すぐに仕事をはじめることが可能です。

ここではネットで探せる英語を活かした副業を紹介します。オンラインだけで仕事ができるので、自宅でもカフェでも、場所を問わず働くことができます。

英文の翻訳

まずは、日本語の文章を英語に翻訳する仕事ですが、日本語から英語に訳すので、英語で文章を書くスキルが求められます。

自然な英文を構成したり執筆したりしなければならないので、高度な英語のライティングスキルが求められます。

翻訳の内容は、小説や解説書の翻訳、YouTube動画の字幕作成など多岐に渡ります。

翻訳の仕事は将来的に人工知能によって奪われると言われることもありますが、翻訳では人に伝わる文章が求められるため、今後も需要は高いと考えられます。

英語に関する記事作成

英語に関する内容の記事を執筆する仕事です。

こちらは英文の翻訳と違い、英語の知識や英語学習に関する情報が求められますが、文章は日本語で作成するので、英文力を求められることはありません。

大学入試向けの英語学習方法やおすすめのオンライン英会話教室など、英語学習や英語文化全般に関して精通している人におすすめのお仕事です。

メッセージ代行

英文のメッセージでやりとりを行う仕事です。

本来はGoogle翻訳で事足りるお仕事ですが、高度なコミュニケーションが必要な場面では人間によるやり取りに勝るものはなく、例えば、英語での交渉や説得が必要な場面でメッセージ代行の依頼があります。

交渉や説得では英語力だけでなく、論理的思考や批判的思考も求められます。

相手は外国人で、ロジックが重視される文化圏の場合も多いので、説得するためには英語だけでなく、論理を組み立てる能力も必要とされます。

英語力と論理的思考の両方が備わっていないと仕事をすることは難しいでしょう。

製品説明書の翻訳

製品の説明書を英語の文章に翻訳する仕事で、ここでは英語力だけでなく製品についての専門性も求められます。

例えば電化製品の説明書では、英語に翻訳する際、電化製品の部品や機能、用途などの英単語も知っている必要があります。

また海外の利用者が確実に理解できる英語で、かつ誰にでも読める自然な英文を書かなければなりません。

製品説明書の翻訳作業は、気楽に受けるには難しい仕事で、相応の英語力だけでなく、その製品分野の専門性がある人だけが受注することをおすすめします。

ネット記事の翻訳

ウェブサイトの内容を英語に翻訳する仕事で、英訳だけでなく和訳する仕事もあります。

こちらも海外の人がサイトを閲覧したときに、違和感がないような英語に訳す必要があり、海外のサイトを日本人向けに和訳する場合も同様です。

あくまでも翻訳のお仕事ですが、加えてウェブ制作やSEOの知識もあればなおさら好都合で、もしこれらのスキルを持ち合わせていれば、クライアントに提案し、付加価値を提供することが可能になります。

コミュニケーション能力を生かした英語の副業5選

ここでは対面のコミュニケーションを要する英語の副業5つを紹介します。

英語力だけでなく、英会話スキルや対人能力も求められるので、人と関わるのが得意な人におすすめです。

オンライン英会話講師

オンライン英会話講師は、オンライン上で英語を教える仕事で、通常は外国人講師の仕事ですが、日本人でも英語を教えることは可能です。

ただし、すべてのオンライン英会話教室が受け入れているわけではない点に注意が必要です。

多くのオンライン英会話教室では、社会人を対象に英語の指導を行いますが、稀に高校生以下の指導をする教室もあります。

英会話能力はもちろん、相手に合わせて指導するスキルも求められるので、根気よく英語を教えられる方におすすめのお仕事です。

ガイド

ガイドは外国人観光客に対して英語で日本の観光地を案内する仕事です。

観光地の情報や日本文化を外国人に紹介するので、高度な英語力だけなく、日本の歴史や伝統文化、現地の魅力などの知識も必要とします。

それらの内容を全て英語で紹介する能力が求められるので、生半可な知識やスキルではできませんので、こちらはガイドの資格や通訳案内の資格を持っている方におすすめの副業です。

最近はコロナウイルスのため、ガイドの仕事は減る傾向にありますが、高度な英語力と日本文化に精通している方はぜひチャレンジしてみてください。

電話代行

電話代行は英語で電話を行う業務で、電話対応なので当然、英会話スキルが求められますが、最低限の日常会話レベルに対応できれば、受注可能な場合があります。

電話の相手は英語圏の国だけとは限らず、フランスやイタリア、ドイツなど非英語圏の国との通話になる場合もあります。

その場合は、非英語ネイティブの相手と話すことになるので、不自然な英語や聞き取りにくい発音を理解する能力も求められます。

シェアハウス運営

シェアハウスに泊まる外国人の対応代行をするお仕事で、主にシェアハウスの外国人客とのメールや連絡対応の代行を行います。

日本には英語ができるシェアハウスの従業員は多くないため、これからの需要の伸びが期待されます。

現在はコロナの影響により、外国語観光客は一時的に減少していますが、英語を使った顧客対応の仕事は、今後も需要はなくなることはないでしょう。

家庭教師、塾講師

学生に対して英語の指導を行う仕事です。

英語が得意な人であれば、学生時代に習った英語学習の内容をそのまま今の学生に指導するだけなので、そこまで高度なスキルは求められませんが、講師業である以上は分かりやすく説明する力を必要とします。

現在、家庭教師や塾講師は全体的に不足しており、求人情報はすぐに見つけられるので、英語を教えるのが得意な人や学生が好きな人は、ぜひトライすることをおすすめします。

ただし、講師業は実質的な肉体労働である点は注意してください。

英語とそれ以外の経験・知識を活かした副業5選

次は英語とそれ以外の経験、知識を活かせる副業を5つ紹介します。

英語以外にも得意なことがあれば、英語力と掛け合わせてより収益性の高い仕事をすることができます。

YouTubeで動画配信

まずはYouTube配信です。YouTubeは年々人気が高まっていて、最近では日本人でも英語でYouTube配信している人も多くなっています。

グローバルなサービスでの英語での情報発信は非常に強力で、日本語では1億人が限界ですが、英語であれば20億人を相手にできるため、市場規模が文字通り桁違いとなります。

外国人向けに日本の文化を紹介するなどのコンテンツがおすすめですが、YouTubeは収益化までに時間がかかる点には注意してください。

Kindleで執筆

英語で文章を書く力が高いのであれば、英語でKindle出版をすることをおすすめします。

YouTubeと同様、Kindleも英語で発信すればより多くの人にアプローチすることができます。

Kindleで著作を刊行した際に、同じ内容を日本語だけでなく英語でも出版すれば、利益を大きくできる可能性が高まります。

また、英語で文章を書くほどの英語力がないなら、写真集として販売する方法もあり、例えば、絶景写真や水着写真、グルメなど、ビジュアルのみで伝える本の出版も可能です。

日本語講師

外国人に日本語を教える仕事で、オンラインでもオフラインでも可能です。

外国人が生徒になるので、基本的にはある程度の英語力を必要としますが、教室によって、日本語能力だけを求めるところもあれば、英語力を必要とする場合もあります。

講師業なので分かりやすく説明する力相手に合わせた指導力が必要になりますが、教えるのが好きな人や、外国人と関わりたい人は挑戦してみるといいでしょう。

輸出入ビジネス

英語力を生かした輸出入ビジネスで、海外の商品を安く仕入れ、日本で高く販売します。要は転売ビジネスの国際版と考えていいでしょう。

ebayなどを利用すれば海外の商品を安く仕入れることが可能で、海外に友達がいる場合はその人に購入してもらい、日本に送付するよう依頼するのも一つの方法です。

ただし、仕入れるのは簡単でも必ず売れるとは限らないため、最初は赤字覚悟で始める必要があり、ある程度の資金力があることが前提となります。

Airbnbでの賃貸

Airbnbでの賃貸は、空き家のスペースを有効活用し、外国人に民泊として貸し出すビジネスです。

外国人に家を貸すときは、チェックインやチェックアウト、施設の利用説明やルールについて英語で行わなければなりません。

英語での詳しい説明や丁寧なサポートがあれば、外国人観光客の評判を呼び、多くの利用者が訪れることを期待できるでしょう。

英語力を活かした副業を探せるサービス

最後に、英語力を活かせる副業を探すためのプラットフォームを紹介しますので、上述した内容の副業を、これらのプラットフォームを使って探してみるといいでしょう。

ココナラ

ココナラは自分ができる仕事を提案し、それを購入してもらえるサービスで、自分が得意なジャンルのサービスを提供できるので、英語の副業にぴったりです。

例えば、外資系の企業に勤めていて英語を使っているなら、「英語で行うプレゼン術」や「電話対応で使える英語表現」というように、自分が培った体験やスキルを商品としてそのまま提供できます。

すぐには売れなくても、数カ月たってから購入者が現れることもあるので、長い目で活用してみてください。

タイムチケット

タイムチケットも、自分ができる仕事を提案してユーザーに購入してもらう仕組みですが、ココナラと違う点は、タイムチケットでは対面式でサービスを提供する点です。(ココナラは文書、通話、対面すべてに対応)

タイムチケットの利用者は、対談の希望者が多いのが特徴なので、英会話を行うサービスや英語を聞いてもらうサービスを提供すれば、売れるかもしれません。

クラウドワークス

クラウドワークスは、ネットで仕事を受注できるクラウドソーシングサービスです。

英語関連の仕事としては、製品説明書の翻訳、映像翻訳、英語の記事作成など、数多くの案件が公開されています。

デスクワークだけでなく、英語での電話代行や交渉の仕事もあるので、英会話が得意な人にもおすすめです。

クラウドワークスには、仕事の内容をクライアントが評価するシステムがあり、無理に苦手な仕事を請けて失敗すると、悪い評価を付けられる可能性があるので、責任を持って確実にこなせる業務を受注しましょう。

まとめ

今回は、英語の副業の種類と仕事を得る方法を紹介しましたが、英語力を活かせる副業は、オンラインでもオフラインでもたくさんあります。

英会話のスキルを活かした仕事もあれば、英語のライティング能力が求められる仕事もあるので、自分の得意分野を活かせる仕事を選ぶことが肝心です。

最近はコロナの影響もあって、オンラインでの英語関連の仕事が増えており、時間や場所を問わずに作業することが可能です。

英語のスキルは多方面に応用が利くので、今回の記事を参考に、上手く活用できる副業を見つけてください。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

独自ドメインを取得するなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

独自ドメインを取得しようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

お名前.comで
独自ドメインを取得

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
泉 賢

GMOインターネット株式会社お名前.com事業部所属。
お名前.comのドメインに関するマーケティング業務を担当し、現在はオウンドメディアサイト運営を中心に活動中。

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.com]0円クーポン適用中

クーポンをもらう

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる