【導入手順付】WordPressでのjQueryの役割と読み込みの方法

この記事は約10分で読めます
Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

jQueryは、WordPress本体や様々なプラグインで利用されているライブラリです。

jQueryを利用することで「Ajaxによる外部ファイル読み込み」「並べ替え」「検索機能」「スライドショー」「SNSシェアボタン」など多様な仕組みが実現できます。

今回の記事では、jQueryの概要やJavaScriptとの違い、実現できる機能についてわかりやすく解説します。

jQueryとは?

jQueryとは、JavaScriptのライブラリです。

ライブラリとはプログラムでよく利用される機能を切り出し、再利用しやすくまとめたもので、ライブラリの利用により、よく利用する機能をゼロから作る必要がなくなります。

ライブラリはいわばプログラムの部品集ですが、jQueryはJavaScriptのライブラリであり、さまざまな処理が部品として集まっています。

そのため、JavaScriptでは数十行にわたるソースコードが必要だった処理が、jQueryを使うことによってわずか数行で済むようになりました。

jQueryにはHTMLやCSSを操作するソースコードが含まれています。

多くのウェブサイトで実装されているスライドショーやマウスオーバーは、jQueryで簡単に実現可能です。

ほかにも、JavaScriptを利用したサーバー非同期通信(Ajax)もjQueryで手軽に行えます。

jQueryは何ができるのか?

jQueryの概要について解説しましたが、いまいち何ができるのかピンとこない人も多いでしょう。

今回は以下の5つの具体例について解説します。

  • Ajax機能を利用した外部ファイルの読み込み
  • 並べ替え・検索機能
  • マウスオーバーで画像を変化
  • SNSシェアボタン
  • タブの切り替え

上記以外にも「属性や要素の操作」「イラストや図形、グラフの描画」「株価などのリアルタイムチャート」「レスポンシブデザイン」など、jQueryでできることは多岐に渡ります。

Ajax機能を利用した外部ファイルの読み込み

jQueryでは、サーバー非同期通信であるAjaxを簡単に利用できます。

Ajaxは「エージャックス」と読み、「Asynchronous(非同期)」「JavaScript」「XML」を組み合わせて作られた造語です。

JavaScriptによって非同期通信する技術がAjaxで、Ajaxを使うことによってウェブページ全体を書き換えることなく、一部分だけで情報を更新できます。

Ajaxの技術は検索エンジンや地図、ECサイト、TwitterなどのSNSサービスに使われていて、「検索エンジンにキーワードを入力すると候補が表示される」「ウェブページを更新していないのにSNSでタイムラインが流れる」といった処理がAjaxで実現可能です。

WordPressでは管理画面からWordPress本体を更新したり、プラグインを更新したりするときに使われています。

並べ替え・検索機能

jQueryでは並べ替えや検索機能を簡単に実現できます。

「Googleの検索窓にキーワードを入力して候補を表示」「Amazonの商品をおすすめ順に並べ替える」などの仕組みはjQueryで実現可能です。

そのほかにも、データを並べ替えたり、必要なデータだけを抜き出したりといった処理も行えます。

「Category Order and Taxonomy Terms Order」は、WordPressのカテゴリの並べ替えを実現するプラグインですが、カテゴリやタグをドラッグ&ドロップで並べ替える機能は、jQueryを利用しています。

マウスオーバーで画像を変化

マウスカーソルを合わせると画像が変化したり、アニメーションが表示されたりするのもjQueryを利用していることが多いです。

その中でも、スライドショーはjQueryを利用している代表例でしょう。

スライドショーとは複数の画像を順番に表示する仕組みで、ウェブサイトのトップページや上部に設置されます。

スライドショーには「自動で切り替わっていく」「ユーザーがクリックして切り替えを行う」という2つのタイプがあります。

WordPressにはjQueryを利用したスライドショープラグインがあり、「slick」「Felicity」「Owl Carousel 2」などが有名です。

jQueryではアニメーションも実装可能で、画像のフェードインやフェードアウト、カーソルを合わせたときのロールオーバーなどが該当します。

ただし、CSS3が出現してからは、画像やテキストのアニメーションではCSSを使うことも多くなりました。

SNSシェアボタン

jQueryでSNSシェアボタンを作るプラグインは多数あります。

SNSシェアボタンで主に利用されるのはTwitterやFacebook、LINEなどで、SNSシェアボタンを設置することで気に入った記事をユーザーにシェアしてもらうことができます。

WordPressでブログやウェブサイトを作るなら、SNSシェアボタンは必須ですが、jQueryを使えば、SNSシェアボタンを簡単に作ることができます。

jQueryのSNSシェアボタンのプラグインは多数ありますが、中でも「social-share.js」がおすすめです。

日本人が作ったプラグインで、ほとんどのSNSに対応していますが、 このプラグインを動かすためにはBootstrapとjQueryの読み込みが必要になります。

タブの切り替え

jQueryではタブの切り替えも行えます。

タブを切り替えることで、同じページ内で違うコンテンツを表示させられます。

例えば「Yahoo!ニュース」はタブを実装している代表例で、「主要」「国内」「国際」「経済」といったタブを切り替えることで、表示されるトピックが切り替わります。

このようなタブの切り替えをjQueryで行うことが可能です。

CSSだけでタブの実装をすることも可能ですが、jQueryを使った方がよりシンプルにタブを実装できます

jQueryとJavaScriptの違い

jQueryとJavaScriptは混同されがちですが、この2つは明確に異なります。

jQueryはライブラリであり、JavaScriptはプログラミング言語です。

ライブラリとはプログラムの部品集であり、その部品がJavaScriptで作られています。

jQueryとJavaScriptの使い分けは、以下の3つのポイントで行いましょう。

  • クロスブラウザ対応
  • パフォーマンス
  • 拡張性

クロスブラウザ対応とは、どのようなブラウザでも同じ挙動になるように対応することです。現在主流のブラウザには Google ChromeやMicrosoft Edge、FireFox、Safariなどがあります。

ブラウザによってJavaScriptの挙動が異なることがあり、例えばChromeではうまく動くのにSafariでは動かない、といった場合があります。

jQueryはクロスブラウザ前提で作られているため、ブラウザ間の違いを意識する必要はありません。

パフォーマンスに関しては、JavaScriptに軍配が上がります。

jQueryのバックエンドではさまざまなプログラムが動いているからです。

拡張性においてもjQueryは優れています。

jQueryでは無数のプラグインがリリースされており、それらを組み合わせることで機能を拡張できます。

WordPressでのjQueryの読み込み方法

WordPressでjQueryを読み込む方法について解説します。

デフォルトでWordPressはjQueryを読み込んでいる

WordPressはデフォルトでjQueryを読み込んでいます

WordPressのHTMLでソースコードを確認すると以下の記述があります。

<script type='text/javascript'
src='http://test.local/wp-includes/js/jquery/jquery.min.js?ver=3.6.0'
id='jquery-core-js'></script>

この記述は、jQueryを読み込むための記述です。

自分で他のバージョンのjQueryを読み込むこともできますが、あまりおすすめはしません。

プラグインに悪影響が出る恐れがあるからです。

基本的にはデフォルトで読み込まれているjQueryを利用しましょう。

「functions.php」で読み込み

自分でjQueryを読み込みたい場合、2通りの方法があります。

「functions.php」を使う方法と「header.php」で読み込む方法です。

特別な事情がない限り、スマートなのは「functions.php」を使う方法です

「functions.php」を編集するには、WordPressの管理画面から「外観」の「テーマファイルエディタ」を選択してください。

次に、画面右側のメニューから「テーマのための関数(functions.php)」をクリックしましょう。

「functions.php」に以下のソースコードを書き込み、「ファイルを更新」をクリックして保存してください。

function custom_print_scripts() {
if (!is_admin()) {
        //デフォルトjquery削除
    	wp_deregister_script('jquery');
 
        //GoogleCDNから読み込む
    	wp_enqueue_script('jquery-js', '//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.6.0/jquery.min.js' );
        }
}
add_action('wp_print_scripts', 'custom_print_scripts');

「header.php」で読み込み

「header.php」でjQueryを読み込むことも可能ですが、一般的には「functions.php」を使います。

「header.php」で読み込む場合、必ず子テーマを利用してください

「header.php」の編集方法は、WordPressの管理画面から「外観」の「テーマファイルエディタ」を開き、右側メニューの「テーマヘッダー(header.php)」をクリックしてください。

次に、「<?php wp_head(); ?>」以前に、以下のソースコードを記述しましょう。

<?php
wp_deregister_script('jquery');
wp_enqueue_script('jquery',
'https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.6.0/jquery.min.js',array(),'3.6.0'); ?>

jQueryが読み込まれない場合の対処法

jQueryが読み込まれない場合や、エラーが出た場合の対処法について解説します。

$マークを使っている

「$」は、一般的には「jQuery」のショートハンド(短縮型)となっていますが、他のライブラリで同様に「$」を使用している場合、ネット上のjQueryのソースコードをそのまま使用しても、正常に動作しないことがあります。

その場合は、以下のように記述しましょう。

$(function(){
    console.log("動作しました。");
});
↓
(function($) {
    // この中では「$」は「jQuery」として動作します
    $(function(){
        console.log("動作しました。");
    });
})(jQuery);

wp_head()が競合

テンプレートを自作した場合、WordPressがデフォルトで読み込んでいるjQueryと、テンプレート側で読み込んだjQueryが競合するかもしれません。

WordPressはjQueryが必要なプラグインをインストールすると、jQueryを読み込みます。

プラグインを動作させていなかったテーマ制作時にはエラーが出ず、実際の運用になってからエラーが出る場合はこのパターンです。

この場合は自作テンプレート側のjQueryを停止しましょう。

テーマやプラグインとの相性

jQueryとテーマやプラグインの相性で問題が起きることもあります。

解決策の1つとして、WordPressがデフォルトで読み込むjQueryを停止してみましょう。

停止させるには、以下のソースコードを「header.php」に記述してください。

<?php wp_deregister_script('jquery');?>

まとめ

今回は、WordPressにおけるjQueryの役割や設定方法について解説しました。

jQueryとはJavaScriptで書かれたライブラリで、WordPress本体やプラグインの様々な場面で利用されています。

WordPressは最初からjQueryに対応していますが、jQueryが正常に動作しない場合に備えて、今回紹介した「functions.php」や「header.php」に読み込みの設定を追加する方法は、ぜひ覚えておきましょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

独自ドメインを取得するなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。
WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

独自ドメインを取得しようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

お名前.comで
独自ドメインを取得

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
泉 賢

GMOインターネット株式会社お名前.com事業部所属。
お名前.comのドメインに関するマーケティング業務を担当し、現在はオウンドメディアサイト運営を中心に活動中。

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.com]0円クーポン適用中

クーポンをもらう

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる