【開発環境を構築する手順】XAMPPにWordPressをインストール

この記事は約9分で読めます
Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

XAMPPとは、WindowsにインストールするWordPressのテスト環境です。

WordPressのテスト環境以外に、ウェブアプリの開発環境として使われることもあります。

WordPressのカスタマイズにはエラーやバグが付きものですが、本番環境では試せないカスタマイズも、テスト環境なら思う存分試すことができます。

加えて、WordPress本体やプラグインのアップデートを検証することも可能です。

今回の記事では、「WordPressのテスト環境を構築するXAMPPのインストール手順」「XAMPPにWordPressをインストールする方法」「XAMPPやWordPressの概要」を徹底的に解説します。

XAMPPとは

XAMPP(ザンプ)はWindowsにApache、MariaDB、PHP、Perlをインストールし、WordPressのテスト環境をローカル構築できるパッケージです。

WordPressのテスト環境にはApache、MySQL、PHPが必須ですが、それぞれ別の団体で作成されたソフトウェアのため、個別にインストールする必要がありました。

個別インストールはハードルが高く、初心者には困難です。

そこで、初心者でも簡単にインストールできるように、必要なソフトウェアやツールをまとめたのがXAMPPです。

XAMPPはWindowsに対応しています。

Macに対応しているパッケージは「MAMP」、Linuxディストリビューションに対応しているパッケージは「LAMP」と呼ばれています。

XAMPPの名前の由来は以下の通りです。

  • X:各ソフトウェアに対応する「クロスプラットフォーム」を意味する
  • A:ウェブサーバーソフトウェア「Apache」の頭文字
  • M:データベース管理システム「MariaDB」の頭文字
  • P:WordPressの開発言語である「PHP」の頭文字
  • P:ウェブアプリ開発でよく使用される「Perl」の頭文字

XAMPPにWordPressをインストールするメリット

XAMPPにWordPressをインストールするメリットについて解説します。

インストールが簡単

XAMPPとWordPressは、インストールが非常に簡単です。

たとえば、XAMPPのインストール手順は一般的なWindowsソフトウェアと一緒で、XAMPPを公式サイトからダウンロードし、ファイルをダブルクリックしてインストール作業を進めます。

XAMPPは設定がほとんど必要なく、デフォルトの設定のままで利用できます。

WordPressのインストール方法には2種類あります。

基本的なインストール方法は、WordPressのファイルをダウンロードしてサーバーにアップロードし、アクセスすることです。

ローカル環境ならダウンロードしてアクセスするだけで済みます。

もう1つの方法はレンタルサーバーで主流になりつつある方法で、「WordPress簡単セットアップ」「WordPress自動インストール」などと呼ばれています。

レンタルサーバーのコントロールパネルから、ボタンをクリックするだけでWordPressがインストールできます。

今回紹介する方法は1つめの方法です。

テスト環境の構築

テスト環境を構築することには多くのメリットがあります。

  • バグが出てもテスト環境ならウェブサイト運営に支障がない
  • 本番環境では試せないカスタマイズができる
  • プラグインやテーマを新たに導入する場合にテストできる
  • WordPressのアップデートをテスト環境で試せる
  • エラーを気にせず編集できるので、スキルアップにつながる

本番環境でWordPressをカスタマイズすると、必ずといっていいほどエラーやデザインの崩れが発生します。

しかし、テスト環境でテストしてから本番環境に適用すれば、エラーや障害が発生する心配はありません。

WordPressのアップデートやプラグインの更新、新テーマの導入などを、事前にテスト環境で試すことができます。

また、WordPressのカスタマイズについても失敗を恐れずに行えます。

テスト環境で積極的にカスタマイズし、スキル向上を目指しましょう。

WordPressを自由にカスタマイズ

本番環境では、WordPressのカスタマイズが自由に行えません。

例えば、デザインのカスタマイズをするにはテストテーマプラグインである「WP Theme Test」が必須です。

WP Theme Testは、テストテーマを管理者だけに見えるようにするプラグインで、テーマに関してテスト環境と同じことができます。

しかし、テスト環境ならこういったプラグインは不要で、自由にテーマやデザインをカスタマイズできます。

「functions.php」や「header.php」をカスタマイズするのは、テスト環境でないと不可能です。

PHPやJavaScriptのカスタマイズにはバグが付きもので、バグが一切出ないカスタマイズなどあり得ません。

本番環境でバグが発生すると、サイトの画面が真っ白になってしまってユーザーに迷惑をかけることになりますが、テスト環境ならいくらバグを出してもトラブルになりません。

XAMPPとWordPressをインストールすれば、トラブルを恐れない自由なカスタマイズが可能となります。

今回、XAMPPをインストールする動作環境

今回、XAMPPをインストールする環境は以下の通りです。

CPU:Intel(R) Core(TM) i7-4700MQ
メモリ:16GB
OS:Windows 10 Home
ドライブ:SSD1000GB

XAMPPの容量は、WordPressをインストールすると800MBほどです。

念のためテスト環境用に数GBは確保しておきたいところです。

容量が微妙なときは、別のドライブにインストールするなど工夫してください。

XAMPPは古いノートパソコンでも十分に動作します。メモリも2GBあればよいでしょう。

ただし、テスト環境としてWordPressをカスタマイズしたり、Photoshopを起動したりするのであればそれなりのスペックが必要です。

XAMPPをダウンロードしてWordPressをインストールする手順

「XAMPPのインストール」「WordPressのインストール」を一連の流れで解説します。

1. XAMPPをダウンロードしてインストール

まず、XAMPPをダウンロードしてインストールします。

XAMPPのダウンロードは「XAMPP 日本語公式サイト」より行ってください。

「公式サイト」から「ダウンロード」を開き、PHPのバージョンを確認してダウンロードしてください。

今回はPHP8.1.4に該当するバージョンをダウンロードします。

OSがLinuxやMacの場合は該当するダウンロードリンクをクリックしましょう。

ダウンロードしたファイルを実行し、インストール画面に進みます。

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか」とポップアップが表示されるので、「はい」をクリックしましょう。

次に「Warning」が表示されるので「OK」をクリックします。

インストール設定ウィザードはすべて英語ですが、基本的にはデフォルトのまま進めていきましょう。

「Setup」画面で「Next」をクリックします。

「Select Componets」はすべて選択されたデフォルトのままで「Next」をクリックしてください。

この画面ではインストールするフォルダを選択しますが、デフォルトのままで「Next」をクリックします。

言葉を設定する画面になりますが日本語はないので、「English」のままで「Next」をクリックしてください。

次の画面もデフォルトのまま「Next」でOKです。

これでインストールの準備ができたので、「Next」をクリックしてインストールに進みましょう。

インストールはSSDの場合、3分程度で終わります。

上の画面になったら「Finish」をクリックしてインストールウィザードを終了させ、XAMPPを起動してください。

XAMPPを起動したら「Apache」「MySQL」の項目の「Start」をクリックしてサービスをスタートしておきましょう。

2.WordPressをダウンロードして設置

XAMPPのインストールが完了したら、WordPressをダウンロードして設置します。

WordPressのダウンロードは「WordPress 日本語公式サイト」から行ってください。

ページをスクロールして、WordPressのダウンロードリンクをクリックしましょう。

WordPressがZIPファイルでダウンロードされるので、解凍してからXAMPPをインストールしたディレクトリ直下の「htdocs」内にコピーします。

解凍されたフォルダの名前は「wordpress」となるのでそのまま使います。

これで、WordPressの設置は完了です。

3.phpMyAdminでデータベースを作成

XAMPPを開いて「MySQL」の「Admin」をクリックすると、ブラウザで「phpMyAdmin」が開きます。

phpMyAdminから「データベース」タブを開きましょう。

データベース名の横の項目が「utf8mb4_general_ci」になっていることを確認し、データベース名を入力して新規作成してください(今回のデータベース名は「wordPress」としています)。

「作成」をクリックするとデータベースが作成されます。

4.WordPressをインストール

WordPressをインストールするため、「http://localhost/wordpress/」にアクセスしましょう。

WordPressのセットアップ画面が表示されるので、「さあ、始めましょう!」をクリックしてください。

データベースの設定画面になるので、データベース名に作成したデータベース名、ユーザー名に「root」と入力し、パスワードは空白にしてください。

それ以外はデフォルトのままで「送信」をクリックしましょう。

「この部分のインストールは無事完了しました」と表示されるので、「インストールを実行」をクリックしてください。

必要情報を入力する画面が表示されるので、「サイトのタイトル」「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」を入力していきましょう。

「WordPressをインストール」をクリックすると、WordPressのインストール成功が表示されます。

「ログイン」をクリックしてWordPressの管理画面にログインしましょう。

Macでローカル環境を作るならMAMPを利用

XAMPPはWindows用のパッケージなので、Macを利用している場合はMAMPを利用しましょう。

MAMPはXAMPPと同じように、テスト環境やウェブアプリの開発環境として使われています。

MAMPの名前の由来は以下の頭文字によるものです。

  • M:Mac
  • A:Apache
  • M:MySQL
  • P:PHP

MAMPにはPerlが入っていませんが、WordPressのテスト環境としては申し分ありません。

まとめ

今回は、XAMPPを使ってWordPressのテスト環境を構築する手順を解説しました。

XAMPPにWordPressをインストールするメリットは、テスト環境でバグやエラーを気にせずにWordPressをカスタマイズできることで、WordPress本体やプラグイン、テーマのアップデートを試すことも可能です。

サーバー維持費などのコストをかけずにローカルでWordPressの環境を再現できるため、WordPressを初めて利用する場合にも最適な実験場となるでしょう。

WordPressのテスト環境を手に入れ、万全な状態での試行錯誤によりスキルアップを目指しましょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

独自ドメインを取得するなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。
WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

独自ドメインを取得しようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

お名前.comで
独自ドメインを取得

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
泉 賢

GMOインターネットグループ株式会社お名前.com事業部所属。
お名前.comのドメインに関するマーケティング業務を担当し、現在はオウンドメディアサイト運営を中心に活動中。