建設業界におすすめの名刺管理ソフト4選|メリットや選び方も解説

Check!

  • 建設業界で、新規の案件獲得や人脈作りを効率的に行うには名刺管理ソフトの利用が便利
  • 建設業界で名刺管理ソフトを導入するメリットは、営業活動や事業拡大に活用できること
  • 建設業界では、スマートフォンでも使用可能な名刺管理ソフトを導入するのがおすすめ

建設業界における顧客情報管理は、営業活動や事業拡大につなげるために重要です。そして、名刺情報を活用して次の案件獲得や人脈作りを効率的に行うには、名刺管理ソフトの利用が便利です。本記事では、建設業界におすすめの名刺管理ソフトを、メリットや選び方から紹介します。

目次

開く

閉じる

  1. 建設業界で名刺管理を正しく行う重要性
  2. 建設業界で名刺管理ソフトを導入するメリット
  3. 名刺管理ソフトを建設業界で導入する際の比較ポイント
  4. 建設業界におすすめの名刺管理ソフト4選
  5. その他名刺管理ソフトの選び方
  6. まとめ
この記事に掲載されているサービス

建設業界で名刺管理を正しく行う重要性

建設業界は利益率が高い業界ではないため、需要の減少は大きな問題となるのが特徴です。建設業で営業力が低下すると事業が不安定になり、規模の縮小や倒産といった結果を招くケースが多い傾向があります。

しかし、建設業界は人脈を上手く活かすことで事業の安定が望めます。そのためにも、名刺管理は必要不可欠なプロセスの1つです。取引先や顧客の管理を行う際に、名刺管理ソフトで名刺情報をデータ化すれば、変化しやすい担当者情報も自動で更新できます。

これらの背景により、人脈形成が重要な建設業界において、営業力の向上を目的として名刺管理ソフトを導入する企業が増えています。

\名刺管理ソフトの詳しい解説はこちら/

名刺管理ソフトとは?機能やメリット・デメリット、選び方を解説

名刺管理ソフトとは、紙の名刺をデータ化し一元管理できるソフトを指します。大量の名刺をデータ管理することで、簡単に検索することができ業務効率化に繋がります。本記事では、名刺管理ソフトをよく知らない方のために、機能やメリット・デメリット、選び方を解説しています。

建設業界で名刺管理ソフトを導入するメリット

建設業界で名刺管理ソフトを導入すると、顧客情報の管理の効率化や社内の情報共有が可能になり、営業活動の可視化によって事業の拡大につながる効果も期待できます。ここでは、建設業界で名刺管理ソフトを導入するさまざまなメリットについて解説します。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

顧客情報の管理を効率化

建設業界では、企業間の信用によって案件を取引する商習慣があり、長期間にわたって顧客との良好な関係を築いていくことが重要です。

例えば、元請業者が大手ゼネコンなどの場合、担当者の入れ替わりが多い傾向があり、名刺情報の変更もその都度必要になります。また、1件のみの案件であっても、現場担当者や関連会社など、さまざまな人が携わっています。

建設業においては、顧客管理を案件ごとに行う必要があり、紙やエクセルでは管理が煩雑になりがちですが、名刺管理ソフトを利用すれば効率的に分類することも可能です。そして、過去の案件に携わった担当者情報も検索しやすくなります。

なお、SFAを兼ね備えている名刺ソフトなら、顧客との商談進捗状況の可視化や、名刺情報と案件の紐づけも可能になるため、さらに営業活動が効率化されます。

社内での情報共有に便利

名刺管理ソフトでは、登録した名刺情報を社内で共有することが可能です。建設業界では、営業担当者同士だけでなく、現場担当者や関連会社といった多くの人と名刺交換を行います。しかし、受け取った名刺は営業担当者のみが所持し、属人化しやすい傾向があります。

個人で名刺を管理していると、直接関わった者以外は取引先との接点が把握できない状態でした。しかし、名刺管理ソフトを利用すれば営業担当者の人脈を社内で共有できるため、取引先との接点の検索が必要な場合にも、時間や手間をかけずに情報を取り出せます。

働き方改革への対応と促進

建設業界では新規事業や事業拡大が重要視されており、営業力が求められます。そのため、建設業界においては人脈づくりが重要な課題です。人脈づくりや顧客との良好な関係を築いていくためには、名刺データが大きく役立ちます。

また、培ってきた人脈が予期せぬところで、新たな事業や売り上げにつながるケースも期待できます。名刺データで顧客管理も同時に行うことで、営業力の低下を防ぎ、顧客とのコミュニケーションから新たな出会いのチャンスが生まれる可能性もあります。

営業活動や事業拡大に活用

建設業界では新規事業や事業拡大が重要視されており、営業力が求められます。そのため、建設業界においては人脈づくりが重要な課題です。人脈づくりや顧客との良好な関係を築いていくためには、名刺データが大きく役立ちます。

また、培ってきた人脈が予期せぬところで、新たな事業や売り上げにつながるケースも期待できます。名刺データで顧客管理も同時に行うことで、営業力の低下を防ぎ、顧客とのコミュニケーションから新たな出会いのチャンスが生まれる可能性もあります。

適切な個人情報の保護

個人が名刺を紛失してしまった場合、取引先の情報流出などにおけるセキュリティリスクが高まります。そのため、受け取った名刺は個人情報保護の観点からも、名刺管理ソフトで適切に管理して安全性を高めることが求められます

名刺管理における個人情報の保護は、現場写真や図面などの情報漏えいを防ぎ、建設業のリスクマネジメントの一環として有効な手段になります。仮に情報漏えいなどが発生した場合には、企業の社会的な信用低下につながり、人脈形成が崩れる結果を招く恐れがあります。

名刺管理ソフトを建設業界で導入する際の比較ポイント

名刺管理ソフトを建設業界に導入する際は、スマートフォンなどパソコン以外のデバイスでも使用できるか、また名刺の登録は簡単にできるかなどが選定の比較ポイントになります。以下で、2つのポイントについて解説します。

\気になる項目をクリックで詳細へジャンプ/

スマートフォンやタブレットで使用できるか

建設業界は、外出先や現場での名刺交換の機会が多いため、外出先にも持ち運びできるスマートフォンやタブレットでも使用できるかは重視すべきポイントです。建設業界の営業担当者には多くの人脈がありますが、全員の名刺を持ち運ぶことはできません。

そのため、名刺情報を外出先でもスマートフォンのアプリなどから確認できると、目的の担当者名や連絡先が確認できるため、会社に戻らなくても効率的に業務が行えます。また、受け取った名刺は空いた時間に登録することも可能です。

名刺情報の登録を簡単に行うことができるか

名刺管理ソフトを選ぶ際は、名刺の登録方法が簡単なものがおすすめです。名刺交換を行い、すぐにソフトに登録できると、情報も新鮮で名刺情報に補足を入れやすくなり、データが充実します。

また、溜まった名刺を整理するために、登録する際は一度に10枚など効率よく取り込みできる機能があると便利です。登録の仕方が複雑であったり、アップロードに時間がかかったりすると、導入した名刺ソフトが効果的に機能しなくなります。

営業活動の支援ツールと連携が可能であるか

名刺管理ソフトの中には、営業活動の支援ツールと連携可能なものがあります。代表的なのは、営業支援ツールであるSFAや顧客管理システムのCRMです。

これらを名刺管理ソフトと連携させることで、読み取った名刺情報から新規顧客の獲得に向けた施策の立案がしやすくなります。また、現場の担当者だけでは管理が煩雑化する内容でも、管理側との意思疎通がしやすく、適切なタイミングでのマーケティングを行えます。

建設業界におすすめの名刺管理ソフト4選

Sansan株式会社

Sansan

接点管理機能搭載で全社でのつながりを重視したい方におすすめ

GOOD
ここがおすすめ!

  • 電話・メール・面会などの接触履歴を残せ、名刺データを活かして有益な営業活動が行える
  • 人事異動情報・ニュース配信といった機能を搭載し、常に相手企業の最新の情報を把握できる

MORE
ここが少し気になる…

  • 顧客フォロー機能が少なく、名刺管理がある程度完了すると利用頻度が減る場合も
料金(税別) ・初期費用 問い合わせで確認
・運営支援費用 問い合わせで確認
・ライセンス費用 問い合わせで確認
・オプション費用 問い合わせで確認
・Sansanスキャナ 問い合わせで確認
名刺管理特化型
総合型 - スキャン取込み
フォーム取込み
スマートフォーム
OCR・AI-OCR
複数読み取り機能 - データ修正対応 -
重複防止機能
Salesforce連携
情報共有機能
紐づけ機能 オンライン交換対応
オペレーター対応 スマホ対応
セキュリティ ・セキュリティー対策
・二要素認証
・SAML認証
・IPアドレス制限
・デバイス利用制限
・キャッシュレスモード
・利用ログダウンロード
データベース
連携機能 ・Sansan Data Hub
・Salesforce
・クラウドサイン
・アンケートオプション
・Concur Expense
対応言語 ・英語
・中国語
・その他
そのほかの機能 ・検索機能
・メモ機能
・メッセージ機能
・タグ機能
・接点管理
・メール連携
・スマートセミナー(セミナー参加者情報取得)
・拠点情報
・企業データダウンロード・
・会社キーワード
・ニュース配信
・リスクチェック
・Contract One連携
・DM送付オプション
30秒で完了!かんたん入力 資料を無料ダウンロード

ワウテック株式会社

CAMCARD BUSINESS

17か国語にも対応!商談と紐づけたい方におすすめ

GOOD
ここがおすすめ!

  • 「商談情報」との紐づけが行え、社内共有やタスク閲覧も可能
  • 名刺情報を基に「メールマガジン」の配信もでき、営業活動にも効果的
  • 公開された人事異動情報に限り「再アプローチ」が行える

MORE
ここが少し気になる…

  • 無料トライアルはあるが10日間しかなく、じっくり検討したい方には不向き
料金(税別) ・STANDARD 1ヶ月あたり1ユーザー1,700円
・PROFESSIONAL 1ヶ月あたり1ユーザー2,500円
名刺管理特化型
総合型 - スキャン取込み
フォーム取込み - OCR・AI-OCR
複数読み取り機能 データ修正対応
重複防止機能 情報共有機能
紐づけ機能 オンライン交換対応
オペレーター対応 スマホ対応
セキュリティ 端末制限 データベース
連携機能 ・SugarCRM
・Kairos3
・Salesforce
・Microsoft Dynamics CRM
・Google コンタクト
・Oracle Sales Cloud
対応言語 ・英語
・中国語(簡体字)
・中国語(繁体字)
・韓国語
・フランス語
・スペイン語
・ポルトガル語
・ロシア語
・ドイツ語
・イタリア語
・オランダ語
・スウェーデン語
・フィンランド語
・デンマーク語
・ノルウェー語
・ハンガリー語
そのほかの機能 ・名刺情報の自動更新
・メールマガジン配信機能
・公開された人事異動情報の配信
30秒で完了!かんたん入力 資料を無料ダウンロード

キヤノンエスキースシステム株式会社

アルテマブルー

データ化だけでなく蓄積したデータを活用したい方におすすめ

GOOD
ここがおすすめ!

  • 効率よく名刺をデータ化できるのはもちろんのこと、活用にこだわった機能が豊富
  • コンサルタントの丁寧なヒアリングにより、導入時の失敗も軽減
  • 操作方法が簡単で、苦手意識のある社員でも使いやすい

MORE
ここが少し気になる…

  • コンサルタントによるヒアリングはあるものの、トライアルが2週間しかない
料金(税別) 1ヶ月あたり1ユーザー2,500円 名刺管理特化型 -
総合型 スキャン取込み
フォーム取込み - OCR・AI-OCR
複数読み取り機能 データ修正対応
重複防止機能 情報共有機能
紐づけ機能 - オンライン交換対応
オペレーター対応 スマホ対応
セキュリティ ・名刺ごとの公開・非公開
・アカウントごとの閲覧権限
・パスワードポリシー設定
・セキュアブラウザ「KAITO for アルテマブルー」
データベース
連携機能 ・kintone
・Microsoft Dynamics 365
・日経人事ウォッチPro連携
対応言語 -
そのほかの機能 ・名刺データ一括更新
・グルーピング
・退職者名刺管理
・人脈マップ
・アルテマメール
・活動登録
・情報収集ボタン群
30秒で完了!かんたん入力 資料を無料ダウンロード

株式会社サンブリッジ

SmartVisca

英語対応◎高性能AI-OCR搭載で速度重視の方におすすめ

GOOD
ここがおすすめ!

  • データは「Salesforce」のクラウド上に保管
  • セキュリティはSalesforceの強固なものを採用し、連携費用も無料
  • 約1分でデータ登録が完了する優れた高性能「AI-OCR」を搭載

MORE
ここが少し気になる…

  • オペレーションによるデータの修正やメモのデジタル化は有償オプション
料金(税別) 1ヶ月あたり1ユーザー1,300円 名刺管理特化型 -
総合型 スキャン取込み
フォーム取込み OCR・AI-OCR
複数読み取り機能 - データ修正対応 -
重複防止機能 情報共有機能
紐づけ機能 - オンライン交換対応
オペレーター対応 ◯(オプション) スマホ対応
セキュリティ Salesforceによる強固なセキュリティ データベース
連携機能 ・Salesforce Sales Cloud
・Chatwork
・LINE WORKS
・Slack
・Microsoft Teams
対応言語 英語
そのほかの機能 ・メモ機能
・タグ機能
・クラウド連絡帳
・一括送信
・従業員のプロフィール共有・検索
・勤怠状況・勤務場所共有
30秒で完了!かんたん入力 資料を無料ダウンロード

その他名刺管理ソフトの選び方

名刺管理ソフトを選ぶ際の比較ポイントは、重要な部分以外にも複数あります。法人向け・個人向けなのか、自社に必要な機能が備わっているかどうか、名刺をデータ化する際の精度はどの程度なのかなども重要な選定のポイントになります。

そして、オンプレミス型・クラウド型などの提供形態や名刺の取り込み方法、データ共有できるかどうかなども押さえておきたい比較ポイントです。また、操作のしやすさやデータの引継ぎ方法、セキュリティ対策についても導入前に確認しておくと良いでしょう。

近年は、建設現場でもグローバル化が進んでおり、日本語以外の母国語を持つ外国人も増えています。そのため、英語だけでなくさまざまな言語に対応しているものがおすすめです。

【重要な3つのポイント】

  1. 法人向けか個人向けか確認
  2. 名刺データ化の精度を確認
  3. 自社に必要な機能が備わっているか

【その他の比較ポイント】

  1. 提供形態を確認
  2. 名刺の取り込み方法を確認
  3. 名刺データを共有できるか
  4. 多言語に対応しているか
  5. データの引き継ぎは可能か
  6. セキュリティ対策は万全か

まとめ

建設業界において、顧客情報管理は営業活動や事業拡大につなげるために重要なプロセスです。そのため、名刺情報を活用し、次の案件獲得や人脈づくりを効率的に行うことが求められます。

建設業界の顧客情報管理では、名刺管理ソフトを利用することで、営業活動の効率化や事業拡大に活用できるなどのメリットが得られます。スマホでも利用できる名刺管理ソフトは、外出先でも確認が可能なため、営業担当者や現場管理人とも情報を共有しやすくなります。

名刺管理ソフトを導入して、今まで築き上げてきた人脈を強固なものにし、新しい人脈作りに活かして事業拡大へと結び付けましょう。

Share

top