【秘訣】Amazonアソシエイトで収益を増やすコツ9選!稼げないと言われるワケとは?

この記事は約9分で読めます
Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

「Amazonアソシエイトで稼ぐことはできるの?」

「Amazonアソシエイトで稼ぐコツについて教えて欲しい」

このような疑問・要望はありませんか。

ブログやYouTubeを収益化する手段として、Amazonアソシエイトが注目を集めています。

初心者でも簡単に始めることができ、収益化までのハードルはそこまで高くありません。

とはいえ「Amazonアソシエイトで本当に収益でるの?稼げないってよく聞くけど……」というような不安をお持ちの方もいるでしょう。

そこで本記事では「Amazonアソシエイトで収益を増やすコツや稼げないと言われる理由」を解説します。

Amazonアソシエイトで稼ぐことはできるのか

結論から言うと、個人のブロガーやYouTuberでもAmazonアソシエイトで稼ぐことはできます。

事実、ブログやYouTubeにAmazonアソシエイトの商品リンクを掲載し、月20万ほどの収益を得ている人はたくさんいます。

あくまで自己申告なので、真偽はわかりません。

しかしながら、「iqos3 duo 充電器 タイプ」や「水槽レイアウト 小川」などのキーワードで検索すると、上位に個人のコンテンツが表示されるので、少なからずAmazonアソシエイト経由から収益を得ているはずです。

このような事実から、今から個人でAmazonアソシエイトを始めても稼ぐことができます。

では、Amazonアソシエイトが稼げないと言われる理由はどのようなところにあるのでしょうか。次の章で詳しく解説します。

Amazonアソシエイトが稼げないと言われるワケ

Amazonアソシエイトが稼げないと言われるワケを2つまとめました。

  • 商品を紹介した際の紹介料が低いから
  • 多くの商品を紹介する必要があるから

それぞれの理由を詳しく解説します。

商品を紹介した際の紹介料が低いから

Amazonアソシエイトを使って商品を紹介した際の紹介料(収益)は、販売金額の2〜10%が相場です。

自身のブログ経由で1000円の商品を紹介した場合、仮に10%の紹介料でも100円ほどの収益にしかなりません。

一方で「A8」や「afb」などのASP経由のアフィリエイトの場合、一つの商品・サービスを紹介するだけでも3000円〜1万円の収益が入ってくる場合があります。

そのような広告と比べると、Amazonアソシエイトの紹介料は非常に低いと言えるでしょう。

Amazonアソシエイトが稼げないと言われる理由は、「紹介料が低い」ところにあります。

多くの商品を紹介する必要があるから

Amazonアソシエイトの紹介料が低いので、大きく稼ぐためには多くの商品を紹介する必要があります。

たとえば、目標収益20万円を達成するために一台2万円(紹介料10%)のパソコンを紹介する場合、100台紹介しないと目標とする収益を達成できません。

営業経験がある方ならわかると思いますが、2万円の商品を100台以上紹介するのは、非常に難しく大変なことです。

またネット上に多くのライバルが存在し、比較検討する商品もたくさんあります。

そのような中で、自身のブログからたくさんの商品を紹介するのは非常に難易度が高いです。

ASP経由のアフィリエイトであれば、頑張ってAmazonアソシエイトで紹介した収益を一つの商品を紹介するだけで達成できる魅力があります。

しかしながら、Amazonアソシエイトは多くの商品を紹介する必要があるので、稼げないと言われています。

Amazonアソシエイトの収益を増やすコツ9選

Amazonアソシエイトの収益を増やすコツを9つまとめました。

  • ブランド力の高い商品を紹介する
  • 商標キーワードを狙った記事を作る
  • 同じジャンルの商品をまとめたオススメ記事を作る
  • 潜在層を狙った記事を作る
  • メイン商品に関連する商品の記事を作る
  • 商品のメリットやデメリット・口コミを紹介する
  • 記事の途中に商品の紹介リンクを設置する
  • セールを活用する
  • SNSを活用する

それぞれ詳しく解説します。

ブランド力の高い商品を紹介する

ブランド力が高い商品は、多くのユーザーが認知しており信頼できる企業が提供しているため、購入されやすい傾向にあります。

その一方でブランド力のない商品は、購入する際に不信感を抱き、購買行動に至るまで躊躇されてしまう可能性があります。

この記事をご覧になっているあなたも、名もわからない企業の商品を購入するときに、躊躇した経験があるのではないでしょうか。

そのため商品の成約率を上げ、Amazonアソシエイトで稼ぐためにも、なるべくブランド力の高い商品を紹介するようにしましょう。

大企業やその業界で一番のブランドを取り扱うと効果的です。

商標キーワードを狙った記事を作る

商標キーワードで検索するユーザーは、商品を購入する意欲が高い傾向にあります。
そのため、Amazonアソシエイトで効率よく稼ぐには、商標キーワードで上位表示させて、アクセスを集めるのがオススメです。
たとえば、以下のようなキーワードが商標キーワードに該当します。

  • 〇〇 口コミ
  • 〇〇 レビュー
  • 〇〇 クーポン
  • 〇〇 メリット

上記の「〇〇」には、商品名が入ります。

ただし前述したとおり、商標キーワードは購買意欲が高いユーザーを集められるので、SEOにおける競争率が高いです。

体験談のような一時情報を含めるなどして、ライバルに負けない記事を作り、上位表示を目指しましょう。

併せて月間の検索ボリュームがどれくらいあるのか確認しておくことも重要です。

同じジャンルの商品をまとめたオススメ記事を作る

同じジャンルの商品をまとめた記事を作りましょう。

ブロガー界隈では「オススメ記事」と呼ばれており、このような記事にアクセスするユーザーは、商標キーワードと同様に購買意欲が高い傾向にあります。

自身の行動を振り返ってみると、商品を購入する際に「〇〇 オススメ」と検索して、複数の商品を比較した上で購買まで至った経験があるでしょう。

現代は比較する商品が多いので、Amazonアソシエイトで稼ぐならオススメ記事は必須と言えます。

美容系であれば「化粧水 オススメ」や「日焼け止め オススメ」など、ガジェット系であれば「iPhone 充電器 オススメ」という記事を作ります。

ただしこのようなオススメ記事は、大手メディアが検索結果の上位を独占しており、個人メディアでは上位表示できない可能性が高いです。

そのため、次の章で解説する「潜在層向けの記事からオススメ記事に誘導してアクセスを集める」などの戦略を考えるとよいでしょう。

潜在層を狙った記事を作る

購買意欲は高くないものの、「いつか購入したい」「少し気になっている」と潜在的に思っているユーザーを集めるための記事を作りましょう。

このような記事はSEOの競争率が低く、検索結果で上位表示しやすいので多くのアクセスを集められる可能性があります。

Amazonアソシエイトで稼ぐなら、潜在層を狙った記事でアクセスを集め、ユーザーに商品の必要性を説明し、前述で解説した商標記事やオススメ記事に誘導するのがセオリーです。

潜在層を集めるキーワードの具体例は以下のとおりです。

  • 一人暮らし オシャレ
  • 生産性 仕事
  • 片付けられない

たとえば、「一人暮らし オシャレ」と検索してきたユーザーに対して、オシャレにするメリットや家具の選び方を解説します。

その上で「一人暮らしにオススメのオシャレアイテムは別記事で解説しています」と、オススメ記事に誘導するようなイメージです。

これまで商標記事やオススメ記事だけを注力してきたのであれば、潜在層を狙った記事も作ってみましょう。

メイン商品に関連する商品の記事を作る

メイン商品に関連する商品の記事を作り、Amazonアソシエイトの収益を増やしましょう。

たとえば、水槽がメイン商品とするならば、水槽に入れる石や水草などが関連商品に該当します。

メインの商品を欲しいと思っているのであれば、そのような関連商品も一緒に購入してくれる可能性は高いですよね。

とはいえ、関連商品の情報がない状態で購入まで辿り着く可能性は低いので、購買意欲を高める受け皿として関連商品の個別記事が必要です。

メイン商品を紹介している記事の最後に関連する商品の記事に誘導するなどして、Amazonアソシエイトの収益を増やしましょう。

商品のメリットやデメリット、口コミを紹介する

ユーザーは商品のメリットやデメリット、口コミをよく知らない状態で購入しようとは考えません。

事実、NTTコム リサーチの調査によると、商品を選ぶ際に口コミが気になるという人は8割以上(2107名中)というデータがあります。(※)

※ https://research.nttcoms.com/database/data/001436/

つまり、上記のような情報が記載されていない記事では、商品を購入するきっかけを与えられないわけです。

個別記事やオススメ記事を作る際は、必ず商品のメリットやデメリット、口コミを紹介するようにしましょう。

記事の途中に商品の紹介リンクを設置する

Amazonアソシエイトを始めている方であれば、既に紹介したい商品リンクを記事内に設置しているでしょう。

しかしながら、「一箇所だけしか商品リンクを設置していない」、という方は意外といるのではないでしょうか。

それでは、どの箇所に商品リンクがあるかわからなくなってしまうので、購買意欲が高くなるポイントにはできる限り商品リンクを設置する必要があります。

具体的には、商品のメリットやデメリット、口コミを紹介した後です。

記事を上・真ん中・下と3つに分けて、それぞれの箇所に商品リンクを設置してみるのもよいでしょう。

もし一つしか商品リンクを設置していない場合は、上記の対策を行ってみてください。

セールを活用する

Amazonは一年を通じて、以下のようなセールを開催しています。

  • 初売りセール(1月)
  • 新生活セール(3月)
  • 夏先取りセール(6月)
  • プライムデー(7月)
  • Amazonブラックフライデー(11月)
  • 年末の贈り物セール(12月)

当然ながらこのようなセールは多くのユーザーの注目を集め、購買意欲が向上します。

つまり、セールの波にうまく乗れば、Amazonアソシエイトの収益が増えるわけです。

セールを活用した収益は一時的であるものの、大きく稼ぐなら活用しない手はありません。

SNSを活用する

年々SEOからの集客は難しくなってきています。

前述でも解説したとおり、商品をまとめた「オススメ記事」は企業が運営するメディアが上位表示を独占しています。

そのため、今後Amazonアソシエイトで収益を増やすなら、SNSを活用していく必要があります。

これまでSEOにかけていた労力をSNSにも回し、多数の集客経路を確保しましょう。

まとめ

今回は、Amazonアソシエイトの収益を増やすコツや稼げないと言われる理由について解説しました。

Amazonアソシエイトは稼げないと言われていますが、今から個人で始めても収益を作ることはできます。

ASP経由のアフィリエイトのように月100万の収益を作るのは大変ですが、月20万程度ならAmazonアソシエイトでも努力次第で可能でしょう。

少しでも気になる方は、ぜひ本記事の内容をもとに、Amazonアソシエイトで収益を作ってみてください。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

独自ドメインを取得するなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。
WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

独自ドメインを取得しようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

お名前.comで
独自ドメインを取得

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
泉 賢

GMOインターネット株式会社お名前.com事業部所属。
お名前.comのドメインに関するマーケティング業務を担当し、現在はオウンドメディアサイト運営を中心に活動中。