アフィリエイトの広告主になるには?メリットやASPに払う費用も解説

この記事は約11分で読めます
Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

広告主としてアフィリエイト広告を出稿したいけれど、何から始めていいか分からない…と困っている方のお話をよくお聞きします。。

アフィリエイトの広告主がやるべきことはたくさんあり、アフィリエイターに向けての成果条件や報酬金額を設定、掲載するバナーや宣伝文などの制作も必要になります。
そして、アフィリエイターへの成果報酬費用はもちろん、ASPに支払う初期費用や月額料金も含めた予算を用意しなければなりません。

今回は、アフィリエイトを広告主として利用する場合の費用や手順などについて解説します。

アフィリエイト広告とは?

アフィリエイト広告はウェブ広告の一種で、サイトに掲載した広告からリンク先のECサイトで商品やサービスの購入が発生すると、紹介したサイトに成果報酬が支払われます。

インターネットで非常に多く見かける広告のひとつで、大手メディアから個人運営のブログやサイト、SNSに至るまで幅広く利用されています。
このアフィリエイト広告は様々な役割をもった人が複数関わっているため、最初は仕組みの理解が難しく、さらに広告主としてアフィリエイト広告を出稿する場合には、メディア側であるアフィリエイターとは全く違った準備が必要になります。

本記事では、アフィリエイト広告を広告主側で利用する際に必要な基本的な知識を解説していきます。

アフィリエイト広告の仕組みについて

アフィリエイト広告を出稿するには、アフィリエイトの仕組みについてしっかり知っておく必要があります。

アフィリエイト広告では、広告主・ASP・アフィリエイター・ユーザーという4者が主要な
プレイヤーとなります。それぞれが担っている役割を把握すれば、アフィリエイト広告がどのように機能しているのかを理解できるでしょう

ここでは4者の関係図と、それぞれの役割を解説します。

ASPについては以下の記事でも詳しく解説しているので参考にしてください。

【徹底解説】最初が肝心!自分に合ったおすすめASPの選び方

  • 広告主

    アフィリエイト広告の依頼者であり、クライアントとも呼ばれることもあります。

    自らの事業に関する広告を制作しASPに出稿するのが広告主で、自社が運営するECサイトやオンラインサービスの売上を促進するためにアフィリエイト広告を利用する場合がほとんどです。

  • ASP

    アフィリエイトサービスプロバイダの略で、広告主とアフィリエイターを仲介する役割を担うサービスです。

    広告主が出稿したウェブ広告を一覧にして掲載を希望するアフィリエイターとマッチングさせるほか、成果が発生した際に報酬を広告主からアフィリエイターに配分する役割も担っています。

    ASPには多くの事業者があり、日本ではA8.net、afb、バリューコマース、もしもアフィリエイトなどが有名です。

  • アフィリエイター

    アフィリエイト広告を掲載するメディアの運営者で個人ブログ、ニュースサイト、SNS、YouTuberなどが該当します。

    アフィリエイターはASPを通じてアフィリエイト広告を選択し、自分のメディアに掲載、そこから購買が発生すると収益の一部を成果報酬として得ます。

    アフィリエイト広告をどの媒体でどのように紹介するかはアフィリエイター次第であり、アフィリエイト広告の成果を大きく左右するキーマンです。

  • ユーザー

    アフィリエイターの運営する媒体を訪れる人々で、アフィリエイト広告を通じて商品やサービスを購入する可能性のある潜在的な顧客です。

    ユーザーがアフィリエイト広告を経由して販売サイトの商品を購入することで、アフィリエイトの成果となります。

    ユーザーにアフィリエイト広告をプッシュするのはアフィリエイターの役割ですが、ユーザーが最終的に商品を購入するのはその先の広告主のサイトであるため、アフィリエイターだけでなく広告主もユーザーを強く意識する必要があります。

おすすめのASP

アフィリエイト広告を利用する際に広告主がまずやるべきことが、ASPへの登録です。

国内のASPの中でも特におすすめの2つの事業者を紹介しましょう。

  • A8.net

    国内最大のASPで、業界トップクラスの広告数、登録サイト数を誇ります。

    最大の魅力はそのシェアで、国内のアフィリエイターの多くが登録していることから、アフィリエイト広告を出稿するならまず最初に検討すべきASPでしょう。

    コースは契約期間ごとに用意されていて、
    ・6ヶ月のトライアル(月額4万円)
    ・12ヶ月のスタンダード(月額3万7000円)
    ・18ヶ月のロイヤル(月額3万3000円)
    があります。

  • afb

    独自のサービスを提供することで人気上昇中のASPです。

    独自のインフルエンサーネットワークにより、サイト以外にもTwitter、インスタグラム、YouTuberなどのインフルエンサーのメディアに広告を出稿することが可能です。

    ランディングページの文言訂正バナー制作申込みフォームの最適化を請け負う有料サービスもあります。

    コースは
    ・ライトプラン(月額2万円)
    ・ベーシックプラン(月額4万円)
    ・バリュープラン(月額6万円)
    の3種類があり、料金が上がるほどサービス内容が高度になります。

アフィリエイト広告を出稿するメリット

数あるウェブ広告の中でもアフィリエイト広告を選んで出稿することは、広告主にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここからはアフィリエイト広告のメリットについて解説します。

費用対効果が高い

アフィリエイト広告は広告経由の購入件数に応じてコストが発生する成果報酬型であり、費用対効果の高さが魅力です。

仮に広告の効果が全くなかった場合には購入も発生しないため、アフィリエイターに成果報酬費用を支払う必要がありません。

実際には広告を出稿する時点で初期費用と月額費用がかかりますが、そこから先の費用は出来高制なので無駄な広告費を払わずに済みます。

プロモーションを外注できる

アフィリエイト広告では、どのようにユーザーを集客し、そのユーザーに商品の魅力をアピールするかは、サイトを運営するアフィリエイターの手腕に一任されます。

広告主側は、ターゲットの顧客層の選定やユーザー導線の確保、商品紹介のクリエイティブなどに関わる必要がないため、プロモーションに関する労力やコストを大幅に削減できます。

アフィリエイト広告を出稿するデメリット

アフィリエイト広告はもちろん良い点ばかりではありません。

それ相応のリスクもあるので、使いこなすには利点と欠点を充分に理解することが重要です。

ここではアフィリエイト広告のデメリットについて解説します。

媒体に選ばれる必要がある

アフィリエイト広告はASPに登録してもアフィリエイトサイトに必ず掲載されるとは限りません。

アフィリエイターはASPに登録されているアフィリエイト広告の中から、自分のサイトで収益が見込めそうな広告を選んで掲載するので、そこで選ばれなければ広告としての露出はありません。

掲載してもらうには広告主側もアフィリエイターに対してメリットをアピールするなどの努力が必要になります。

成果発生まで時間がかかる

アフィリエイト広告は短期間で効果を得られる広告ではありません。

広告をASPに登録し、それがアフィリエイターによってサイトに掲載され、ユーザーがそこから商品を購入する、というプロセスを経るため、広告の登録から最初の成果が得られるまでに、短くても2〜3ヶ月はかかります。

成果が出るのを長い目で待つ必要があるので、すぐに結果が必要なプロジェクトや、期間限定の商品を取り扱うのには向いていません。

アフィリエイト広告の出稿に必要な費用

アフィリエイト広告は成果報酬型の広告ですが、成果に対する報酬以外にも費用が発生します。

ここではアフィリエイト広告の出稿に必要な費用をまとめて解説します。

なお、以下で紹介した費用以外にも、ASPによってはアフィリエイターの募集を強化するなどオプションで追加費用を支払うことが可能な場合もあります。

初期費用

アフィリエイト広告を出稿するには、まずASPへの登録を行いますが、広告主がASPを利用する場合は初期費用が必要になります。

初期費用はASPによって異なり、おおむね4万円〜5万円前後が相場となりますが、最近では初期費用無料にしているASPも登場しています。

月額費用

アフィリエイト広告をASPで利用する場合、その利用期間中は月額費用が発生します。

この月額費用はアフィリエイト広告の掲載や成果とは無関係に、広告主としてASPを利用し続ける間は支払わなければならない費用です。

月額費用はASPによってさまざまですが、3万円〜4万円前後が平均的な金額で、長期間の契約になるほど費用が安くなるのが一般的です。

成果報酬費用

アフィリエイト広告から成果が発生した際に、アフィリエイターに対して支払う報酬の費用です。

成果報酬額は広告主が任意に設定することが可能で、売上の一定割合を払う定率型と、成約1件ごとに決まった金額を払う定額型があります。

成果報酬の金額はジャンルによってかなり幅がありますが、相場と比べて安すぎると掲載するメディアが現れないので、同ジャンルの他の広告を参考にして金額を決定しましょう。

成果報酬費用はASPからアフィリエイターに配分されますが、その際にASPに30%〜35%の手数料を徴収されます。

アフィリエイト広告の出稿手順

広告主としてアフィリエイト広告を出稿する際には、ASPへの登録のほかに、クリエイティブの制作提携・成果の承認など、さまざまな作業が発生します。

ここでは広告主としてASPを利用する際の作業の全体の流れを解説するので、これから利用する人は参考にしてください。

ASPの登録と審査

ASPに広告主として登録を行います。

サービスによっては登録の際に審査が行われ、会社の情報や事業内容などの精査が行われます。

審査に通過するとASPを利用できるようになるので、メディア向けのPRシートを作成したり、トラッキングタグの設定を行いましょう。

なお、多くのASPでは4万円〜5万円程度の初期登録費用が必要になります。

広告素材の作成と入稿

アフィリエイト広告として提供するクリエイティブの制作に入ります。

用途に応じてデザインやサイズを変えたバナーを複数点と、商品の告知に使う宣伝文を作成してASPに入稿します。

入稿した広告素材は後から追加や変更することも可能なので、広告効果が頭打ちになったら更新してテコ入れを図りましょう。

入稿が完了したら募集を開始してアフィリエイターの申請を待ちましょう。

サイトとの提携

アフィリエイト広告を掲載希望のアフィリエイターが申請を送ると、広告主の元に通知が届きます。

申請してきたアフィリエイターのサイトを確認し、内容に問題がなければ承認、提携を開始します。

成果の確定

アフィリエイターがアフィリエイト広告をサイトに掲載し、そこから購買が発生するとASPを通じて成果の通知が届きます。

この成果を承認する前に、アフィリエイト広告が正しく掲載されているか、成果に偽装や不正がないかをチェックしましょう。

正当な成果であると判断できたら成果を承認、成果報酬費用がアフィリエイターに支払われます。

アフィリエイト広告を効果的に運用するための5つのポイント

アフィリエイト広告では、集客や宣伝をアフィリエイターが担いますが、上手く運用するには広告主側にもノウハウが求められます。

ここではアフィリエイト広告を効果的に運用するために重要なポイントを紹介します。

成果報酬は同業他社の金額を参考にする

アフィリエイト広告では成果報酬の金額を任意に設定できますが、報酬額は高すぎても安すぎても良くありません。

成果報酬額が高すぎると広告効果と見合いませんし、安すぎるとASPの他の広告との競争に負けて掲載される機会が少なくなります。

成果報酬額はジャンルによって適切な価格帯があるので、ASPに登録されている同ジャンルの広告の金額を調べて、それに準じた金額を設定しましょう。

クリエイティブは改善を繰り返す

ウェブ広告は、広告のクリエイティブ(広告のコンテンツ)の品質によって、成果に大きな差がでます。

これはアフィリエイト広告でも同様で、特にバナー広告の場合、イメージや文言を少し変えるだけで、全く違った結果になることも珍しくありません。

広告の素材は一度登録したら終わりにするのではなく、定期的に改善を繰り返して、ユーザーの反応を見ながらブラッシュアップしましょう。

特別報酬を活用する

多くのASPには特別報酬という制度があり、一部のアフィリエイターに特殊な報酬の条件を設定することができます。

例えば、成果を期待できるサイトではあるものの、他社の広告の掲載が多く、なかなか自社の広告を中心に扱ってくれない場合、特別報酬を設定すれば自社の広告を優先的に掲載するようにプッシュできます。

特別報酬を上手く利用すれば、特定のメディアに自社の広告を集中的に掲載するように促すことも可能です。

アフィリエイターに情報発信する

アフィリエイト広告を多くのサイトに掲載してもらうには、サイトの運営主であるアフィリエイターに積極的に営業する必要があります。

ASPにはパートナー(アフィリエイター)に通知メールを送信する機能があるので、ここからバナーの変更を通知したり、キャンペーンの予定を知らせたりするなどして、自社の広告の存在をアピールしましょう。

特にASPへの登録後、時間が経っても掲載数が伸びない場合は、広告主側からアフィリエイターに働きかけることが重要になります。

ランディングページにも注力する

アフィリエイト広告で結果が出ない原因の中でも見落とされがちなのが、ランディングページの品質です。

アフィリエイト広告が首尾よくサイトに掲載され、多くのユーザーがECサイトに流入したとしても、ランディングページの品質が低ければ購買は発生しません。

ランディングページに問題があるとアフィリエイト広告が機能していても成果に繋がらないので、購買の最終段階でユーザーが離脱していないかをしっかり確認しましょう。

まとめ

今回は広告主側から見たアフィリエイト広告の特徴や運用のノウハウについて解説しました。

アフィリエイト広告は広告戦略の多くをアフィリエイターに外注する仕組みであるため、プロモーションをメディアに丸投げできる仕組みと勘違いされることが少なくありません。

しかし、単にウェブ広告をASPに登録しただけでは、まともな成果が上がらないのは言うまでもありません。

アフィリエイト広告の仕組みを熟知し、アフィリエイター側が広告の効果を最大限に発揮できるような素材や環境を整えることが重要になります。

本記事を参考にしながら、アフィリエイト広告の出稿に挑戦してみましょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説しています。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

独自ドメインを取得するなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービスです。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。
WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

独自ドメインを取得しようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

お名前.comで
独自ドメインを取得

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
泉 賢

GMOインターネットグループ株式会社お名前.com事業部所属。
お名前.comのドメインに関するマーケティング業務を担当し、現在はオウンドメディアサイト運営を中心に活動中。