【WordPress導入ガイド】必要なものと失敗例をチェック!

この記事は約7分で読めます

ブログを始めるにあたって、WordPressを利用したいけれど、自信がないという人もいるのではないでしょうか。

WordPressではサーバーの登録など、他のウェブサービスとは違った導入方法が求められます。

今回はWordPressで失敗しないための基礎知識について解説します。

この記事で分かること

  • WordPressのインストールに必要なもの
  • WordPressでありがちな失敗のパターン

WordPressが向いているブログの用途とは?

これからブログを始めようとしている人が、まず始めに行うべきなのはブログの種類の選択で、どんな形態のブログを選ぶかによって、その後にできることは大きく変わってきます。

ブログは大別すると「ブログサービス」と「WordPressブログ」に分けられます。
前者は「はてなブログ」や「Livedoorブログ」といったウェブサービスで、後者はサーバーに自力でWordPressをインストールする方法です。

それぞれに一長一短がありますが、本格的なブログ運営を目指すなら、後者の「WordPressブログ」を選ぶのが断然オススメです。

本格的なブログ運営といっても、その用途は様々ですが、WordPressが向いているのは、次のような使い方です。

アフィリエイトブログを始めたい

ブログに広告を掲載して金銭の収入を得る、いわゆる「アフィリエイトブログ」を作る場合、WordPressが第一の選択肢になります。

ブログサービスでは、掲載可能な広告の種類や掲載位置に制限がありますが、WordPressではそういった縛りがないため、好きなように広告を配置し、思う存分パフォーマンスを追求できます。

会社や組織の公式ブログを作りたい

会社や組織で公的な情報発信のためのブログを開設するなら、WordPressを利用すべきです。

予算を活用してウェブデザイナーにWordPressのカスタマイズを発注することで、高度なブログの構築が可能になります。

高スペックなサーバーを契約すれば、アクセス急増にともなう高負荷にも耐えられるといったメリットもあります。

複数人でブログを共同運営したい

サークルで共同管理しているブログなどで、複数人で更新を行う場合にも、WordPressは向いています。

WordPressではアカウントを複数発行することが可能で、その権限の一部に制限を加えることもできます。

勝手にシステム領域を触られる心配がないので、多くの人間が携わるブログの運営に最適です。

ポートフォリオサイトを作りたい

デザイナーやイラストレーターなどのクリエイター職の人が、自分の作品の略歴を紹介するメディアにも、WordPressは向いています。

WordPressのテーマの中にはポートフォリオ用のものがあり、作品の一覧が前面に大きく表示されるデザインに変更できますので、過去の作品をきれいに陳列したい場合に最適です。

WordPressに興味があって使ってみたい

ここまで紹介したような目的はないけれど、単に「使ってみたい」という理由でWordPressブログを始めるのも、もちろんアリです。

WordPressではウェブの高度な技術に触れる機会が多く、サイト運営に関する踏み込んだ知識を得られます。

スキルアップを目指すには、実際にWordPressを使ってみるのが一番です。

以上が、WordPressを導入する動機の中でも主だったものです。

デザイン面や機能面において豊かなポテンシャルを持つWordPressは、フォーマットが決まり切っているブログサービスよりも、好奇心をくすぐるメディアといえます。

WordPressを面白そうと思えたなら、ぜひとも選択してみてください。

合わせて読みたい

【徹底比較】WordPressブログと無料ブログの違い

WordPressの運営に用意すべきもの

WordPressの導入を決めたら、次はインストールに必要なものをピックアップしましょう。

導入に必要な要素は実はそれほど多くありません。「サーバー」「ドメイン」「WordPress」の3つだけです。

それぞれの入手方法を見ていきましょう。

サーバー

WordPressの利用にあたって必須となるのが有料のサーバーです。
WordPress以外ではめったに使う機会がないので、腰が引けてしまう人もいるかもしれませんが、レンタルサーバーであれば運用は難しくありません

提供している事業者はいくつもあるので、その中から厳選しましょう。
月額料金は1500円程度で、この費用がそのままブログの維持費になります。

ドメイン

サーバーとセットで確保しておきたいのがドメインです。
ブログのアドレス(URL)に使われるので、ブログを象徴する文字列を取得しましょう。

レンタルサーバーとセットで提供されていることが多く、例えば「お名前.com」では、レンタルサーバーの登録時にドメインも合わせて取得できます。

設定を簡単に済ませられるので、両者を合わせて確保するのがオススメです。

WordPress

WordPressはオープンソースで、誰でも無料で入手できますが、レンタルサーバーを利用する場合、ダウンロードは不要です。

ほとんどのレンタルサーバーにはWordPressの自動インストール機能が付属しているためで、画面のガイドに従うだけで、最新版を簡単に導入することができます。

この3つの要素のうち、WordPressはサーバーに最初から備え付けられているので、実質的には「サーバー」と「ドメイン」を用意すれば、WordPressのインストールは始められます。

サーバーは初期設定が簡単で月額料金が安いものを選択、ドメインは好みの文字列を選ぶといいでしょう。

合わせて読みたい

【完全比較ガイド】初めてのレンタルサーバーの選び方

WordPressでありがちな失敗のパターン

WordPressを導入する際、または導入後に、どのようなトラブルが起こりうるのか、気になっている人もいるでしょう。

ここでは、WordPressで遭遇しがちな問題と、その解決策について説明しましょう。

サーバーやドメインの設定で躓く

WordPressの運用には、サーバーとドメインが必須ですが、この両者の利用にはある程度の前提知識が必要です。

「なんとかなるだろう」という見切り発車で設定を始めて躓いてしまうことはよくありますが、対策としては初期設定がシンプルなサービスを選択するのが一番。

「お名前.com」では、レンタルサーバーの登録を非常に簡単な設定で行えます。またドメインも同時に取得すれば、ネームサーバーの設定も不要です。

テーマやプラグインの選び方分からない

WordPressには膨大な数のテーマ、プラグインが公開されています。

WordPressの管理画面から検索とインストールが行なえますが、最初はどれを使うべきか見当も付かないでしょう。

ウェブには定番のテーマやプラグインの使い方を紹介する記事がたくさん公開されていますし、当ブログでもオススメのテーマとプラグインを紹介しているので、導入に迷った際には参考にしてください。

合わせて読みたい

ブログテーマ選びのポイントとWordPressのおすすめ無料テーマ3選

テーマをカスタマイズできない

WordPressのテーマは、既存のものをインストールするだけなら簡単ですが、独自の改造を加えようとすると、途端に難易度が上がります。

ボタンをひとつ追加するのにも、PHPで書かれたソースコードの理解が不可欠で、初心者が勘を頼りに書き換えるのは危険です。

テーマの中にはメニューから表示項目をカスタマイズできるものがあるので、そちらを利用しましょう。

アクセス解析やバナー広告を導入できない

WordPressにアクセス解析やバナー広告を導入する場合、指定されたコードをブログのソースコードに追加する必要があります。

ソースコードの編集に自信がない場合は、Googleが提供しているプラグイン「Site Kit」を導入しましょう。

GoogleアナリティクスやGoogleアドセンスの導入が、ソースコードの編集なしに行えるようになります。

合わせて読みたい

「Site Kit by Google」プラグインをWordPressに導入する方法

ブログのアクセス数が伸びない

WordPressに限らず、あらゆるブログが突き当たることになる問題が、アクセス数の伸び悩みです。

アクセス数を安定的に伸ばすには、検索エンジン最適化、いわゆるSEO対策が必要ですが、WordPressの場合、元々が検索エンジンに評価されやすい構造になっている上、SEO対策用のプラグインがいくつも公開されています。

「All in One SEO」や「Yoast SEO」を導入して、検索エンジンへのさらなる最適化を図りましょう。

合わせて読みたい

ブログのアクセス数を確実に増やす12の施策

WordPressは世界で最も多く使われているブログシステムで、ハウツーやトラブルシューティングも豊富に公開されていることから、ほとんどの問題は検索で解決策を調べることができます。

WordPressの運用に必要な能力は、ウェブの高度な知識よりも、まずは「自分で調べる能力」であり、それさえ出来ればほとんどのトラブルに対応できるでしょう。

合わせて読みたい

初心者はこれだけ覚えよう!WordPress使い方の基本

まとめ

今回はWordPressを初めて導入する人のための基礎知識について解説しました。

WordPressは他のウェブサービスのように、アカウントさえ作成すればすぐに始められるようにはなっていないため、サーバーとドメインを自分で用意し、そこにWordPressをインストールする作業が必須となります。

サーバーとドメインの知識が必要になるため、初心者にとってはやや敷居が高くなりますが、これは高度なブログの運用には避けて通れない部分でもあります。

WordPressでブログを開設することにより、一歩進んだブログの運営に挑戦してみましょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。
ブログに挑戦してみようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

ブログに使うドメインを
今すぐ取得

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
知るくま先生

国内最大級のドメイン公式登録サービス お名前.comの担当者。Webの制作から運用までのハウツーを初心者にも分かりやすく解説します!

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.info]無料クーポン適用中

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる