【最新版】ブログ運営におすすめの本を初心者〜上級者に分けて解説

この記事は約9分で読めます
Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

「ブログ運営に役立つ本を探しているけど、多すぎてどれを選べばいいかわからない」このようなお悩みを持つ人もいるのではないでしょうか。

ブログ運営に関連する本は、副業ブームの影響もあり急激に増えていますが、その中から、自分に合った本を探すのは非常に大変なことです。

そこで今回は、ブログ運営におすすめの本14冊を初心者から上級者までのレベルごとに解説します。

ブログ初心者におすすめの本7選

ブログ初心者の人は、文章の書き方やアフィリエイトの構造、SEOの基礎知識など知っておくべきことがたくさんあります。

そのために役立つ本を7冊まとめたので、それぞれ詳しく解説します。

本気で稼げるアフィリエイトブログ

「本気で稼げるアフィリエイトブログ」は、元OLブロガーの亀山ルカさんと、染谷昌利さんによる共著です。

本書では、アフィリエイトの基礎知識から実践テクニックまで優しく、そして網羅的に解説しています。

具体的には、ブログ初心者がつまずきやすいブログテーマの選び方や記事の作り方、ブログの運営方法といった内容について書かれています。

上記は多くのブロガーが悩むポイントであるため、これからブログを始める方や初心者の方におすすめの本です。

ブログ飯

「ブログ飯」は、ブログ以外にもコミュニティ運営や講演活動もされている染谷昌利さんによる著書です。

本書では、染谷昌利さんがブロガーとして生活できるようになるまでのブログノウハウが、しっかり詰め込まれています。

「ブロガーとして生きていくのはどういうことか?」といったマインド面を学びたい方におすすめの本です。

特にブログ初心者のうちは非常に挫折しやすいため、本書を手に取ってモチベーションアップに繋げてみてはいかがでしょうか。

沈黙のWebマーケティング

「沈黙のWebマーケティング」は、株式会社ウェブライダーの代表取締役である松尾茂起さんによる著書です。

本書も含まれる「沈黙」シリーズは、累計で10万部を突破しており、今では多くのウェブ関係者やブロガーに愛されるベストセラー本になっています。

ブログ運営する過程で絶対に必要になるウェブマーケティングの知識を、漫画形式で初心者にもわかりやすく解説しています。

ウェブマーケティングの知識の有無で、ブログの成果は大きく変わってくるので、漫画でわかりやすく解説している本書を手に取って、ブログ初心者のうちにウェブマーケティングの基礎を固めてみてはいかがでしょうか。

必ず今後のブログ運営に役立つはずです。

Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書

「Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書」は、企業向けのマーケティング支援を行なっている株式会社日本SPセンターによる著書です。

現役のマーケティングコンサルティング会社が培ってきたノウハウが、本書にぎっしりと詰め込まれています。

具体的には、コンテンツ(記事)の設計からストーリーを作る方法、文章の書き方まで解説しています。

また、図解やイラストも多めに含まれているので、ブログ初心者の方でも安心して読むことができます。

ブログ=コンテンツマーケティングと言っても過言ではありません。少しブログ運営に慣れてきた初心者の方は、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64

「SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64」は、Webマーケティング支援会社を経営されている福田多美子さんによる著書です。

本書の内容は、SEOに強いウェブライティングの書き方がメインですが、それ以外にもブログ運営やキーワード選定、ライバルサイトの分析方法まで詳しく解説しています。

また本書の最後の方には、人を動かすための文章術にも触れているため、「これからブログを使って商品・サービスを販売したい」「ブログを使ってお金を稼げるようになりたい」という強い気持ちがある方にもおすすめです。

図解やイラスト、例文が多いので、ブログ初心者の方でもスラスラ読めると思いますので、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

売れるコピーライティング単語帳

「売れるコピーライティング単語帳」は、マーケターとして圧倒的な実績を誇る神田昌典さんと、数多くのマーケティング講座の講師を担当している衣田順一さんによる共著です。

本書は一般的な本という立ち位置ではなく、タイトルにもある通りあくまで単語帳なのですが、売れる文章に特化した単語帳で、「文章の書き方1つで読み手がどのような感情を持つのか」といったポイントを感情別で解説しています。

また、売れる単語を例文も含めて解説しているため、「売れる文章がなかなか思いつかない」「魅力的なタイトルが書けない」といった場面で本書を読めば、具体的なアイディアが思い浮かびやすくなるのではないでしょうか。

単語帳であるため、ブログ初心者でも頭に入ってきやすい内容になっています。一冊持っておいて損はないので、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

10年つかえるSEOの基本

「10年つかえるSEOの基本」は、SEOコンサルタントとして活動している土居健太郎さんの著書です。

本書では、一時期しか使えないようなテクニックではなく、10年先まで使えるSEOの基礎知識から本質について解説しています。

特に近年のSEOはYMYL(Your Money or Your Life、人生に大きな影響を与えるテーマ)の関係もあり、小手先のテクニックではなく本質の部分が重要視されています。

つまり、SEOの本質を理解して運営しているブログが上位表示を獲得しやすく、その結果として収益が発生し成功できているのです。

SEO経由でブログ集客を狙うなら、確実に読んでおきたい本の1つです。ブログ初心者の方は、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

ブログ中級者におすすめの本3選

中級者ブロガーともなると、月間1万PVを超えたり、少しずつではあるものの収益が発生したりしてくる頃で、中には月10万円以上を稼ぐブロガーもいるでしょう。

そのような人には、人の感情を揺さぶったり、商品・サービスを欲しいと思わせたりするための文章術が書かれた本がおすすめです。

ここでは厳選した3冊をまとめたので、ぜひご覧ください。

ポチらせる文章術

「ポチらせる文章術」は、株式会社みんなのコピーの代表取締役を務める大橋一慶さんの著書です。

本書の内容は、タイトルのとおりユーザーにポチらせる文章術について解説していて、商品やサービスを買ってもらったり申し込んでもらうための文章を学ぶことが可能です。

文章のプロである大橋さんが書いているだけあって、非常に内容が分かりやすく、本の文章を読むだけでも勉強になります。

また会話形式でストーリーが展開されていくため、初心者の人でもスラスラ読めると思いますので、「相手の共感を得る文章術を学びたい方」におすすめの本です。

ドリルを売るには穴を売れ

「ドリルを売るには穴を売れ」は、マーケティングコンサルティング会社の代表取締役を務める佐藤義典さんの著書で、マーケティングの入門書として読まれています。

具体的な内容としては、マーケティングの基礎知識はもちろんのこと、「ユーザーがなぜ物を買うのか」というベネフィットの分析からライバルと差別化する方法まで、ブログに役立つノウハウがしっかり詰まっています。

また、非常にロジカルに解説されているため、マーケティング初心者であっても知識として定着するスピードが早いです。

そのため、インプットした知識をすぐに実践して使うことができ、さらにブログ収益を伸ばしていけるのではないでしょうか。

ブログの成果をもっと伸ばしていきたい方」におすすめの本です。

人を操る禁断の文章術

「人を操る禁断の文章術」は、動画配信者として大活躍しているメンタリストDaiGoさんの著書で、本書では心理学を軸に「文章で人を動かす方法」を網羅的に解説しています

相手の承認欲求を文章を使って揺さぶってみたり、特別感を出して相手を行動に導いたりするといった、7種類の人間の心理トリガーを学べます。

本のページ数は少ないものの、内容は非常に濃いので、少しでも気になる方は手に取ってみてはいかがでしょうか。

ブログ上級者におすすめの本4選

上級者ブロガーともなると、PV数は数十万を超え、月の収益も30万以上稼ぐ方も出てくるはずですし、もしかしたらブログからの収益だけで生活している人もいるかもしれません。


そのような人には、セールスライティングやマーケティング、アクセス解析が学べる本がおすすめです。


少し難しめにはなりますが、上級者ブロガーにおすすめの本を4冊厳選しました。

禁断のセールスコピーライティング

「禁断のセールスコピーライティング」は、神田昌典さんの著書で、本書ではセールスライティングに関する基礎知識から実践方法まで網羅的に解説しています。

マーケティング業界の第一線で活躍する神田さんが、これまでの経験で実践してきたノウハウを成功事例で紹介しているので、ブログ上級者であれば内容を理解しやすく非常に勉強になるはずです。

文章を使って商品を爆発的に売った成功事例を、自身のブログにも活かしてみてはいかがでしょうか。

HIGH POWER MARKETING

「HIGH POWER MARKETING」は、伝説のマーケタージェイ・エイブラハムの著書で、ジェイ・エイブラハムは、これまで7000社以上のコンサルティングを行い、圧倒的な成果を出しています。

そんな彼が執筆した本書は全米で大人気で、多くのマーケターからバイブルとされていて、本書では、「USP(独自性)を設計する方法」「顧客リストを獲得する方法」などについて解説しています。

ブログ上級者ともなると、ブランディングに力を入れたり、メルマガを始めたりする人もいると思いますが、そのようなときに非常に役立つ内容です。

新規施策を行いブログ収益を増やしたい」という要望がある方は、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

「欲しい」の本質 人を動かす隠れた心理「インサイト」の見つけ方

「「欲しい」の本質 人を動かす隠れた心理「インサイト」の見つけ方」は、大松孝弘さんと波田浩之さんの共著で、本書では、ユーザーも気づいていない商品やサービスを購入する際の本質的な心理について、詳しく解説しています。

このような隠れた心理を「顧客インサイト」とも呼びますが、ブログ上級者であれば絶対に理解しておく必要があります。

ユーザーですら気づいていない心理を言語化し、上手くアプローチすることができれば、結果としてブログの成果も発生しやすくなります。

ブログ運営のターゲット像がしっかりと描けていない方におすすめの本です。

Googleアナリティクス分析・改善のすべてがわかる本

「Googleアナリティクス分析・改善のすべてがわかる本」は、フリーのウェブアナリストとして活動する小川卓さんの著書です。

本書では、サイト運営におけるGoogleアナリティクスの使い方や具体的な改善方法について解説しています。

Googleアナリティクスを使いこなせれば、自分でサイトのアクセス解析を行なったり、改善点を洗い出したりできるようになります。

もちろん、サイトの運営の問題点を改善できれば、収益アップに繋がるので、これまで記事を作ることに注力してきて、Googleアナリティクスの分析に力を入れてこなかった方は、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、初心者から上級者まで、ブログ運営におすすめの本を14冊紹介しましたが、本はインプットに最適な学習方法です。

YouTubeやネットの情報などでも、ある程度の勉強はできますが、濃い知識を身につけるとなると本の存在は欠かせません。

しかし、何よりも大事なのは知識をインプットした後に、実践としてアウトプットすることになると思います。

ここで紹介した本を読んだら、さっそくインプットした知識をブログ運営に活かしてみましょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。

初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

独自ドメインを取得するなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。
WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

独自ドメインを取得しようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

お名前.comで
独自ドメインを取得

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
泉 賢

GMOインターネット株式会社お名前.com事業部所属。
お名前.comのドメインに関するマーケティング業務を担当し、現在はオウンドメディアサイト運営を中心に活動中。