おすすめしない「副業」の仕事とは?

この記事は約9分で読めます
Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

世間では副業がブームになっていることもあり、魅力的な条件の副業を見つけたり、副業の誘いの声がかかったりすることも珍しくないと思います。

しかし、副業の中には手を出すべきではない危険なものもありますので、今回はおすすめしない副業について、危険度別に紹介していきます。

おすすめしない副業とはどんな仕事か?

副業を始めようとしているが、なかなか条件の良い仕事が見つからないという声をよく耳にします。

副業として募集されている仕事は、経験や責任が問われない、アルバイトの延長線上のものも多く、それゆえに好条件のものはそう多くありません。

また、本業の仕事の合間に働くことになるため、体力や時間の消耗を最小限に抑えたいのは当然のことで、なかなか思い通りの仕事が見つからないのも無理はないでしょう。

そんな中でも探していると、稀に驚くほど好条件の仕事が見つかることがありますが、そういった仕事に限って、何らかの裏があるもの。

特に、報酬が異様に良かったり、作業時間が極端に短かかったり、応募の要件があまりに緩い仕事は、疑ってかかるべきです。

おすすめできない副業としては、以下の3つのパターンが考えられます。

違法もしくはグレーな副業

違法行為だったり、法律違反ギリギリのグレーゾーンにあったりする副業です。

顧客に不利益を与えたり、倫理的に問題のあるビジネスが多く、正規のルートで募集が行われることはありませんが、口伝てで誘いが来たり、SNSで仕事内容を明かさずに募集していることがあります。

違法性の強い仕事では最悪、逮捕される可能性があり、前科が付いてしまうと、後の人生に取り返しのつかない影響が残ります。

また、一度関わると口止めが必要なため、なかなか足抜けさせてもらえないケースも多々ありますので、副業で人生を棒に振らないために、違法もしくはグレーな副業は絶対に避けましょう。

損失のリスクの大きい副業

副業の中には、失敗した際に大きなリスクを被るものがあります。

典型的なのが投資系の副業で、株式投資やFX(為替取引)、仮想通貨を副業にする場合、元手としてある程度まとまった資金が必要になります。

運用が上手く行っている間は資金が増えますが、マイナスに転じると手持ちの資金がなくなっていくことになります。

また、転売などのビジネスでも、商材を大量に仕入れるための元手が必要で、売れ残った分は赤字になります。これらは財産を減らすリスクのある副業なので注意しましょう。

時間と労力が無駄になりやすい副業

誰でも簡単に稼げることを売りにした副業は少なくありませんが、その中には時間と労力を無駄に浪費するものが少なくない点に注意しましょう。

単価が極端に安かったり、作業時間が著しく長かったりするものは、労多くして功少なしとなるため、他に仕事を持っている人が貴重な時間と労力を投じるには値しません。

また、スキルが身につかない仕事もおすすめしない副業で、同じ作業を繰り返しても、上達の可能性がない、効率化の余地がない仕事は、長期的に見ると得るものより失うものの方が多いでしょう。

副業の選択肢となるビジネスは、正規雇用が前提の仕事と違い、イレギュラーな面が少なくありません。

中には上記のような「ヤバい」仕事も含まれるので、それを察知して事前に回避する能力が必要になります。

次からは、この3つのパターンに当てはまる「おすすめしない副業」について、具体的に見ていきましょう。

絶対おすすめしない危険な副業3つ

まずは、非常に危険な、絶対におすすめしない副業についてです。

ここに該当する副業は明らかに違法であったり、また違法とまではいかなくても、グレーな領域のビジネスだったりします。

また、利用者を騙そうとしていたり、不利益を押し付けたりと、社会通念上とても正当なビジネスとは認められないものもあります。

以下の仕事は、どんなに条件が良くても、絶対に手を出すべきではないでしょう。

ネットワークビジネス

ネットワークビジネスとは「MLM(マルチレベルマーケティング)」「マルチ商法」「ネズミ講」などと呼ばれる取引の総称で、知り合いの紹介によって会員数を倍倍ゲームで増やし、その会員に商品を販売することで報酬が紹介元に配分される仕組みのビジネスです。

ネットワークビジネスは全てが違法ではありませんが、構造上、収益を得られる会員はごく一部に限られる上に、プライベートの人間関係を壊す可能性が高いので、副業として選択すべきではないでしょう。

入出金代行

SNSでたまに募集を見かけるのが、金融機関でのお金の入金や出金を代行する副業ですが、これは違法行為に巻き込まれる可能性が高いのでおすすめできません。

特に危険なのが、振り込め詐欺でATMからお金の回収を担当する、いわゆる「受け子」と呼ばれる役目で、監視カメラで撮影されているため、逮捕される可能性が非常に高い仕事です。

まともな仕事であれば、外部の人間にお金の扱いを任せることはありえないと常識的に考えるべきです。

情報商材

情報商材で紹介されている副業も、関わらない方がいい案件です。

「必ず稼げる」「楽して儲かる」といった謳い文句で高価な情報商材が販売されていますが、そんな都合のいい話があるわけがないと、最初から疑ってかかるべきでしょう。

また、セミナーへの参加やオンラインサロンへの入会によって、秘密のノウハウを習得できるという勧誘もありますが、これだけネットが発達している昨今、有利な手法を秘密に留めておくことは不可能です。

副業のために高額な対価を求められたら、その時点で離脱すべきです。

これらのビジネスは、常識的に考えてありえないものばかりですが、社会経験が少なかったり、お金に困っていたりすると、つい手を出してしまう可能性があります。

いずれも期待した収益が得られないだけでなく、人生に致命的な損害を与えかねないので、絶対におすすめできません。

おすすめしない高リスクな副業3つ

次に挙げるのは、損失を出すリスクが非常に高い副業です。

いずれも合法的なビジネスですが、稼ぐためにはまとまった額の資金を投じなければならず、失敗した場合にはその資金を少なからず失います。

ハイリスク、ハイリターンとも言えますが、回数を重ねるごとに損失ばかりが膨らむケースが多いので、よっぽど自信がある場合以外は、おすすめしません。

FX

FXは、二国間の通貨の差額を利用して収益を得る取引です。

現在の為替は変動相場制なので、各国の通貨の価値は24時間絶え間なく変動しており、その通貨の動きを先読みする能力がFXでは求められます。

通貨の動きは国際情勢や各国の経済統計の発表に大きく左右されるため、これらを予測に組み入れる必要がありますが、必ずしも論理的に動くとは限らず、予想を外して大きな損失を出すのは日常茶飯事です。

FXで安定して収益を稼ぐのはベテランであっても至難の技なので、副業としてはおすすめできません。

仮想通貨

ビットコインの登場により、にわかに盛り上がった仮想通貨ですが、仮想通貨と貨幣の取引レートも常に変動しているため、その差額を利用して利益を得ることができます。

仮想通貨がFXと異なるのは、相場全体が上げ基調にあることで、特にビットコインの価値は一貫して上昇傾向にあるため、今のうちに買っておけば長期的には上がる可能性の方が高いという期待から人気を集めています。

ただし、仮想通貨の価格のボラティリティ(変動幅)は大きく、暴騰や暴落が珍しくありません。

また国際情勢、経済指標と連動しないため、予測が非常に難しい面があり、投資というよりは投機に近いと言えるでしょう。

転売

商品を安く仕入れて高く売ることで、その差分を収益とするビジネスです。

商品を動かすことで利ざやを抜くのはビジネスの基本ですが、個人が行う場合は少なくないリスクが伴いますが、特に危険なのが在庫リスクで転売では仕入れた商品が売れないと、投じた資金を回収できません。

また、販売にはメルカリやヤフオクがよく利用されますが、状況によっては値崩れを起こし、ほとんど利益が出ないこともあります。

同じ転売でも、大きな商社なら手広く商うことでリスクを分散できますが、個人では特定商品に偏らざるをえず、何らかの要因で在庫が捌けなかった場合、大きな損失を被る恐れがあります。

これらの副業は、短期的には成功を収めることも多く、ネットにも成功者の声が多くあります。

しかし、長期的に見た場合、安定して利益を稼ぎ続けている人は稀という場合がほとんどです。

おすすめしない割に合わない副業3つ

ここで挙げる副業は、金銭的なリスクはありませんが、取り組むことが時間や労力の無駄になりかねない仕事です。

特に希望者数が多かったり、特殊な技能が求められなかったりする仕事では、代わりはいくらでもいるため、極端に報酬額が安く抑えられている案件が少なくありません。

ここではおすすめしない割の悪い副業を3つ紹介します。

フードデリバリー

Uber Eatsなどのフードデリバリーサービスは、手軽に始められる副業として人気ですが、決して割の良い仕事ではない点には注意が必要です。

まず始めるには、講習会への出席と専用バッグの購入が必要で、自転車やバイク、季節に合わせた移動しやすい服装を自前で用意しなければなりません。

作業中は商品の配送と注文の多いエリアへの移動がほとんどを占めるため、著しく体力を消耗します。

また、注文が多いのは飲食店の多い都心部や繁華街なので、そこまでの移動に時間とお金がかかる上に、遠隔地の場合は現地の移動手段としてレンタルサイクルなどを自分で調達しなければならず、その利用料金もかかります。

これらのコスト全体が収益と釣り合っているかは非常に疑問です。

ポイントサイト

ポイントサイトは、ゲームをしたりアンケートに答えたり広告を見たりすることで、一定のポイントを獲得できるサービスです。

獲得したポイントは現金にしたり、商品を購入したりする際に利用できます。スマホやパソコンだけで諸経費やリスクなく簡単に稼げる副業ですが、得られるポイントは本当に微々たるものです。

また、何年続けても習得できるスキルが全くないのも、この副業の難点です。

長期間コツコツと続ければまとまった額にはなりますが、そこに費やした時間を考えると、決して副業としておすすめできません。

クラウドソーシング

クラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスでは、仕事の募集が大量にあり、副業を見つけるには最適な環境です。

しかし、そこで提示される価格の多くは、業界の最低水準に近いことは知っておくべきで、特にライティングやデザインの料金は、一般的なプロであればまず引き受けない単価で、仕事の実績を求める未経験者や、資金的に逼迫していない主婦層などが主に請けている仕事です。

相場を破壊する低価格な依頼を請けることは、個人にとっても業界全体にとっても益にならないのでおすすめしません。

本業とは別の副業であれば、その収入が生活に直結することはまずないため、極端に安い仕事でも請けてしまいがちですが、仕事内容に見合わない報酬の仕事を続けたところで、疲弊するだけで得るものは何もありません。

たとえ副業であっても報酬については妥協せず、安すぎる仕事に対しては断る勇気が必要です。

まとめ

今回は、回避すべきリスクのある副業について解説しました。

副業は、本業の仕事とは別の労働になるため、不安定な雇用形態になることが多く、それをいいことに、グレーなビジネスが入り込む余地が多々あります。

また最近はSNSで副業を探す人もいますが、Twitterなどで危険な副業の募集に遭遇したり、知り合いを通じて勧誘にあったりすることも珍しくありません。

危険な副業を避ける上で一番大事なのは社会常識で、「そんなに旨い話があるわけがない」「楽にお金を稼げるわけがない」という、社会経験の中で身に付いた常識が、危ない仕事を察知する上ではとても重要です。

副業の名を借りた甘い誘いに乗らないよう、仕事を選ぶときは慎重に中身を見極めるようにしましょう。

誰でも10分!WordPressブログの始め方

ブログを始めるには、ライブドアブログやはてなブログといった無料ブログを使う方法、
あるいはWordPressなどを使用する方法があります。

まだWordPressを持っていない人でも、簡単に準備できる方法を以下の記事で解説してます。
初心者でもわずか10分で始められるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい

【完全ガイド】誰でも10分!WordPressブログの始め方

独自ドメインを取得するなら「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインと合わせて、WordPressの自動インストールに対応したレンタルサーバーも利用できます。WordPressや独自ドメインを一度も使ったことのない人でも、スムーズに始められるはず。

独自ドメインを取得しようと考えている方は、以下のリンクから、ぜひご利用ください。

お名前.comで
独自ドメインを取得

Facebookシェア Twitterシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

このサイトの管理人
泉 賢

GMOインターネット株式会社お名前.com事業部所属。
お名前.comのドメインに関するマーケティング業務を担当し、現在はオウンドメディアサイト運営を中心に活動中。

WEB学園をご覧になった方限定

ブログ作成なら独自ドメインがオススメ
[.com]0円クーポン適用中

クーポンをもらう

 

\ 今なら無料 /ブログを始めるなら
「お名前.com」

「お名前.com」は、国内No.1のドメイン登録サービス。独自ドメインとあわせてWordPress対応のレンタルサーバーも利用できるので、初めての方でもスムーズに始められます。

\ 3分でできる /内容を確認してみる