ドメインとるならお名前.com

登録実績2,000万件突破!
国内シェアNo.1のドメイン登録サービス

サーバーとは

サーバーについて解説します。

※2019年3月自社調査。調査方法はこちら

サーバーとは

サーバー(server)とは、Webやメールなどのデータを保管しておく"場所"のことです。例えば、ユーザーがWebサイトを閲覧したい場合、まずはWebサイトのデータをサーバーに要求します。サーバー側がその要求に応え、該当のデータファイルを返すことで、Webサイトは表示されます。

レンタルサーバーとは

レンタルサーバーとは、「サーバーの一部もしくは全てを貸し出すサービス」のことをいいます。Webサイトを作るうえで、多くの方が利用しているサービスです。レンタルサーバーは大きく分けて次の4つの種類があります。

共用サーバー

共用サーバーとは、1台のサーバーを複数のユーザーで共有して利用するサービスです。そのため、同じサーバーを利用するユーザーの影響を受けやすくもあります。

しかし、共用サーバーはレンタル費用が安く、サーバーの知識があまりなくても簡単に使うことができるため、手軽にサーバーを使いたい方には最適なサービスでもあります。

専用サーバー

専用サーバーとは、1台のサーバーを1ユーザーで占有して利用できるサービスです。そのため他のユーザーの影響を受けることがなく、1人で自由に使うことができます。また、管理者権限も与えられるため、自分の好きなアプリケーションをインストールすることが可能です。

ただし、共用サーバーに比べて容量が大きく、自由度が高い分、レンタル費用は高くなります。また、サーバーを自分で構築し、メンテナンスする必要があるため、専門知識がある方におすすめのサービスです。

VPS(仮想専用サーバー)

VPSとは、1台のサーバーに仮想専用環境を複数作成しているサービスです。1つの仮想専用環境を1人で利用できるため、他のユーザーの影響は受けにくくなっています。専用サーバーと同じようなスペックを安価に利用できますが、専用サーバーほどの自由度はなく、利用できるOSなどは限定されている場合が多いです。また、専用サーバー同様、運用にはある程度の専門知識が必要となります。

クラウドサーバー

物理サーバーを分割して借りる点ではVPSと同じですが、VPSより高い自由度を持っているのがクラウドサーバーです。例えば、急なアクセス負荷時などに、自由にリソースを増減することが可能です。レンタル費用は従量制課金が一般的です。時間単位で使えるサービスもあるため、必要な時に必要な分だけ利用することで、料金を抑えることが可能です。

独自ドメインとレンタルサーバー同時申込み

お名前.comでは、独自ドメインのご登録と同時に、レンタルサーバーのお申込みも可能です。お名前.comの共用サーバーは、オールSSD 200GBの高機能サーバーを低価格でご利用いただけるサービスです。ドメインと同時登録で、ドメイン登録費用(1年目)が1円になり、コストパフォーマンスも抜群です。

  • ※ 「国内シェア」は、ICANN(インターネットのドメイン名などの資源を管理する非営利団体)の公表数値をもとに集計。gTLDが集計の対象。
  • ※ 日本のドメイン登録業者(レジストラ)(「ICANNがレジストラとして認定した企業」一覧(InterNIC提供)内に「Japan」の記載があるもの)を対象。
  • ※ レジストラ「GMO Internet, Inc. d/b/a Onamae.com」のシェア値を集計。
  • ※ 2019年3月時点の調査。