ドメインとるならお名前.com

ドメインの登録/移管/更新

これからドメインを取得される方
ドメインを登録する
新ドメインを登録する
ドメイン探しでお困りの方
他社で取得されたドメインのお引越し
ドメインの管理を移す
ドメインの期限を更新する
ドメインを更新する
お店・ECサイトのドメイン取得
.shopドメイン
登録者情報変更/ドメインの譲渡etc
登録情報変更
.com/.net/.jp540種類以上
ドメインの種類
ドメインの登録/更新/移管料金など
料金一覧
欲しいドメインの取得待機サービス
バックオーダーサービス

国内最大級の導入実績!高品質レンタルサーバー

共用サーバー

人気No1! 必要な機能は全て標準装備
SD-11プラン
独自SSL標準搭載!ビジネス利用に最適
SD-12プラン
SEOに特化したWordPressテーマ
賢威パッケージプラン

VPS

Linuxの運用に最適な仮想化環境を用意。
VPS

メール

配信効果を追求したメルマガ配信スタンド
メールマーケティング

ホームページ作成

無料お試し付 誰でも簡単にホームページが作れる
SD-31プラン

Microsoft Office365

Officeだけを使いたい方におすすめ
Officeプラン
メールだけを使いたい方におすすめ
ビジネスメール

ネットショップ開業

.shopを使ってネットショップ始めるなら
MakeShop

※ 弊社が独自で調査したホスティングシェアの数字を基にしています

ドメインオプション

メールアドレスを作成
お名前メール
お持ちのドメインを売るなら
ドメイン売買サービス
ドメインでお小遣い稼ぎ
ドメインパーキング
メール/URL転送
お名前.com転送Plus
10万枚以上の電子証明書発行実績
SSLサーバー証明書
レンタルDNS/セカンダリDNS
DNS管理サービス
ブランド戦略支援
商標登録サービス

ブロードバンド接続オプション

光・ADSL高速インターネット
ブロードバンド接続
高速モバイル定額接続サービス
高速モバイル
サーバー構築・VPN・WEBカメラなどに
固定IP接続サービス
接続サービス料金/お支払い方法
接続サービス料金一覧

ドメイン販売パートナー

自由にカスタマイズして提供可能
アドバンスト(本格運営型)
管理件数が多いパートナー様向け
ベーシック(管理代行型)

上記パートナープログラム比較紹介

ドメインプロテクトパートナー

各国のドメインを自社名義でお持ちの法人向け
プロテクト(自社管理型)

アフィリエイト

バナー広告などの掲載でお手軽に始められます
アフィリエイト(成果報酬型)

ドメインに関するご不明点を解消します

よくある質問とその回答
よくある質問
アジア圏初の商用ドメイン名登録機関
お名前.comとは
ドメインやサーバー設定のご案内
ご利用ガイド
メール、お電話でのお問い合わせ
お問合わせ
ドメインNaviご利用ガイド
共用サーバーSD活用ガイド
Weebly活用ガイド
WordPress ホスティング活用ガイド
VPS(KVM)活用ガイド
専用サーバー活用ガイド
クラウド活用ガイド
登録者情報変更/ドメインの譲渡etc
登録情報変更
メンテナンスと障害情報のお知らせ
メンテナンス・障害情報

ドメイン設定

DNS関連機能の設定:DNSレコード設定

DNS関連機能の設定:DNSレコード設定

DNSレコードをお名前.com提供のDNSサーバーを用いて設定することができる機能です。事前にこちらをご確認ください。

・共用サーバー SD/GS/EX、プレミアサーバー Windowsプラン、シングルサービス及び、
セカンダリDNSとの併用はできませんのでご了承ください。

 

・日本語ドメインは、A / AAAA / CNAME レコードのみご利用いただくことが可能です。
ダイナミックDNSについても、DNSレコード設定にてレコード情報の編集が可能です。

   

新規作成 / ・編集・削除する /・DNSレコード設定情報全削除(NSレコード含む)/ ・ダイナミックDNSクライアントのダウンロード / ・ダイナミックDNSクライアントの設定

 

・新規作成

 1.こちらからログインを行います。

Image

※表示される画面が異なる場合はこちらをクリック

 

2.画面上部のメニューより『ドメイン』をクリックします。

Image

 

3.画面上部のメニューより『その他の機能』をクリックします。

Image

 

4.ドメイン設定の各種メニューが表示されます。ネームサーバー設定の設定項目内の『DNS関連機能の設定』をクリックします。

 Image

5.対象のドメイン名にチェックをし、『次へ進む』をクリックします。

 

 

6.「DNSレコード設定を利用する」の『設定する』をクリックします。

Image

7.入力画面が表示されます。各情報を入力し、『追加』ボタンをクリックしてください。

Image

 

・入力例

項目
ホスト名 ホスト名(xxx.domain.comの場合はxxxのみ)を入力します。
A/AAAA/MX/TXT/SRVレコードの場合:空白で設定可能です。
A/AAAA/CNAMEレコードの場合:ワイルドカード(*)で設定可能です。
www
*
TYPE レコード種別をA/AAAA/CNAME/MX/NS/TXTから選択します。 A
TTL レコード情報の有効時間を60-86400の間の秒数で入力します。 86400
VALUE(TARGET) Aレコード/AAAAはIPアドレスを入力します。
CNAME/MX/NS/SRVレコードはホスト名を入力します。
TXTレコードはテキストを入力します。
A
レコード
123.123.12.34
AAAA
レコード
2001:0db8:0000:0000:1234:0000:0000:abcd
CNAME
レコード
www.onamae.com
MX
レコード
mail.onamae.com
NS
レコード
ns1.onamae.com
TXT
レコード
v=spf1 include:mail.onamae.com ~all
SRVレコード sipdir.online.lync.com
MX優先 MXレコードを設定するときのみ優先順位を入力します。(値が小さいほど優先度は高くなります。) 10
サービス名 必ず「_」アンダーバーを先頭にサービス名を入力します。ワイルドカード(*)の設定も可能です。 _http
プロトコル _tcpなど必ず「_」アンダーバーを先頭にプロトコル名を入力します。 _tcp
PRIORITY 同一サービスに対して複数のサーバーが指定されている場合、値が小さい方を優先します。
0~65535が指定可能です。
86400
WEIGHT 同一サービスに対して複数のサーバが指定されており、それぞれのPRIORITYフィールドに同じ値が指定されている場合は、WEIGHT値で負荷分散を実現します。0~65535が指定でき、0の場合は負荷分散を行いません。 86400
PORT サービスのポート番号を入力します。0~65535が指定可能です。 86400
状態 対象レコードの有効・無効設定が可能です。 -
追加 対象のレコードを追加します。 -
ネームサーバー
変更
チェック印をつけるとレンタルDNSレコード設定完了と同時にネームサーバーを変更します。 -

※各レコードの意味についてはFAQページをご確認ください。

 

8.追加ボタンをクリックすると、登録済レコードに入力した情報が表示されます。内容をご確認のうえ『確認画面へ進む』ボタンをクリックしてください。
※ネームサーバーを同時に変更する場合は、チェック印をつけてください。

Image

 

 

9.確認画面が表示されます。ご入力内容に誤りがないことを確認し、『設定する』ボタンをクリックしてください。

Image

 

 

10.完了画面が表示され、DNSレコードの新規追加は完了です。

お名前.com会員の連絡先メールアドレス宛にメールが送付されますので、併せてご確認ください。

 

 

 

・編集・削除する

 1.こちらからログインを行います。

Image

※表示される画面が異なる場合はこちらをクリック

 

2.画面上部のメニューより『ドメイン』をクリックします。

Image

 

3.画面上部のメニューより『その他の機能』をクリックします。

Image

 

4.ドメイン設定の各種メニューが表示されます。ネームサーバー設定の設定項目内の『DNS関連機能の設定』をクリックします。

 Image

5.修正する場合は登録済みレコードの内容を変更し、削除する場合は削除チェックボックスをクリックします。

Image

 

 

6.確認画面が表示されます。ご入力内容に誤りがないことを確認し、『設定する』ボタンをクリックしてください。

Image

 

7.申請完了画面が表示され、DNSレコードの編集・削除は完了です。お名前.com会員の連絡先メールアドレス宛にメールが送付されますので、併せてご確認ください。

 

------------------------------------------------------------------------------------------

DNSレコード設定情報全削除(NSレコード含む)

DNSレコード設定の情報を全て削除したい場合のお手続きとなります。
削除が完了となりました後、設定を元に戻すことはできませんのでご注意ください。

 1.こちらからログインを行います。

Image

※表示される画面が異なる場合はこちらをクリック

 

2.画面上部のメニューより『ドメイン』をクリックします。

Image

 

3.画面上部のメニューより『その他の機能』をクリックします。

Image

 

4.ドメイン設定の各種メニューが表示されます。ネームサーバー設定の設定項目内の『DNS関連機能の設定』をクリックします。

 Image

5.画面下部にある「DNS追加オプションのご解約、ゾーン削除のお手続きはこちら」をクリック
6.「DNSレコード設定のゾーン削除」にチェックし、「次へ進む」をクリック
7.削除対象ドメイン名にチェックを入れ「確認画面へ進む」をクリック。
8.お申し込み内容が表示されますので『規約に同意し、上記内容を申し込む』をクリック

※再度設定をご希望の場合には、あらためてDNSレコード設定の設定が必要となります。

------------------------------------------------------------------------------------------

 

・ダイナミックDNSクライアントのダウンロード

1.こちらからダウンロードしてください。

2.ダウンロード画面が表示されます。内容をご確認の上『ダウンロード』リンクをクリックして、お名前.comダイナミックDNSクライアントソフト「setup.exe」ファイルをダウンロードします。

Image

 

3.ダウンロードした『setup.exe』ファイルをクリックすると下記画面が表示されます。内容をご確認の上、「実行」ボタンをクリックします。

Image
※続けて下記画面が出る場合、「実行する」ボタンをクリックしてください。
Image

 

4.セキュリティ画面が表示されます。内容をご確認の上、『インストール』ボタンをクリックします。

Image

 

5.ダイナミックDNSクライアントが起動し、ダウンロードは完了です。

Image

 

 

 

・ダイナミックDNSクライアントの設定

あらかじめ「レンタルDNSレコード設定」にてAレコード設定を行ってください。
設定方法はこちら

1.ダイナミックDNSクライアントを起動します。

Image

 

2.「タスク」メニューから「新規作成」(下図1)を選択します。

Image

 

3.タスク追加画面が表示されます。ダイナミックDNSをご利用になるドメイン名(下図2)を入力します。ホスト名(「www」など)の入力は任意です。次に「お名前ログイン情報」(下図3)にお名前IDとパスワードを入力し、更新方法(下図4)を選択してください。最後に「このタスクを有効にする」(下図5)にチェック印が入っていることを確認の上、『OKボタン』をクリックします(下図6)。

Image

 

4.設定した情報が反映されていることを確認します(下図7)。「全て実行」(下図8)をクリックすると、ホスト名とIPアドレスの情報が更新されます。

Image

 

DNSレコード設定を利用するドメインは以下のネームサーバーを設定してください。ネームサーバーの設定方法はこちらをご確認ください。

ネームサーバー1: 01.dnsv.jp

ネームサーバー2: 02.dnsv.jp

ネームサーバー3: 03.dnsv.jp

ネームサーバー4: 04.dnsv.jp

 

 

 

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------

○旧管理画面が表示されている場合 

DNS関連機能の設定:DNSレコード設定

DNSレコードをドメインNaviにて設定することができる機能です。事前にこちらをご確認ください。

・共用サーバー SD/GS/EX、プレミアサーバー Windowsプラン、シングルサービス及び、
セカンダリDNSとの併用はできませんのでご了承ください。

・日本語ドメインは、A / AAAA / CNAME レコードのみご利用いただくことが可能です。
ダイナミックDNSについても、DNSレコード設定にてレコード情報の編集が可能です。

 

新規作成 / ・編集・削除する /・DNSレコード設定情報全削除(NSレコード含む)/ ・ダイナミックDNSクライアントのダウンロード / ・ダイナミックDNSクライアントの設定

1.『ドメイン設定』メニューから『DNS関連機能の設定』をクリックします。

Image

 

2.対象のドメイン名にチェックをし、『次へ進む』をクリックします。

 

 

3.「DNSレコード設定を利用する」の『設定する』をクリックします。

Image

 

 

新規作成

1.入力画面が表示されます。各情報を入力し、『追加』ボタンをクリックしてください。

Image

 

・入力例

項目
ホスト名 ホスト名(xxx.domain.comの場合はxxxのみ)を入力します。
A/AAAA/MX/TXT/SRVレコードの場合:空白で設定可能です。
A/AAAA/CNAMEレコードの場合:ワイルドカード(*)で設定可能です。
www
*
TYPE レコード種別をA/AAAA/CNAME/MX/NS/TXTから選択します。 A
TTL レコード情報の有効時間を60-86400の間の秒数で入力します。 86400
VALUE(TARGET) Aレコード/AAAAはIPアドレスを入力します。
CNAME/MX/NS/SRVレコードはホスト名を入力します。
TXTレコードはテキストを入力します。
A
レコード
123.123.12.34
AAAA
レコード
2001:0db8:0000:0000:1234:0000:0000:abcd
CNAME
レコード
www.onamae.com
MX
レコード
mail.onamae.com
NS
レコード
ns1.onamae.com
TXT
レコード
v=spf1 include:mail.onamae.com ~all
SRVレコード sipdir.online.lync.com
MX優先 MXレコードを設定するときのみ優先順位を入力します。(値が小さいほど優先度は高くなります。) 10
サービス名 必ず「_」アンダーバーを先頭にサービス名を入力します。ワイルドカード(*)の設定も可能です。 _http
プロトコル _tcpなど必ず「_」アンダーバーを先頭にプロトコル名を入力します。 _tcp
PRIORITY 同一サービスに対して複数のサーバーが指定されている場合、値が小さい方を優先します。
0~65535が指定可能です。
86400
WEIGHT 同一サービスに対して複数のサーバが指定されており、それぞれのPRIORITYフィールドに同じ値が指定されている場合は、WEIGHT値で負荷分散を実現します。0~65535が指定でき、0の場合は負荷分散を行いません。 86400
PORT サービスのポート番号を入力します。0~65535が指定可能です。 86400
状態 対象レコードの有効・無効設定が可能です。 -
追加 対象のレコードを追加します。 -
ネームサーバー
変更
チェック印をつけるとレンタルDNSレコード設定完了と同時にネームサーバーを変更します。 -

※各レコードの意味についてはFAQページをご確認ください。

 

2.追加ボタンをクリックすると、登録済レコードに入力した情報が表示されます。内容をご確認のうえ『確認画面へ進む』ボタンをクリックしてください。
※ネームサーバーを同時に変更する場合は、チェック印をつけてください。

Image

 

 

3.確認画面が表示されます。ご入力内容に誤りがないことを確認し、『設定する』ボタンをクリックしてください。

Image

 

 

4.完了画面が表示され、DNSレコードの新規追加は完了です。

お名前.com会員の連絡先メールアドレス宛にメールが送付されますので、併せてご確認ください。

 

 

 

編集・削除する

1.修正する場合は登録済みレコードの内容を変更し、削除する場合は削除チェックボックスをクリックします。

Image

 

 

4-2.確認画面が表示されます。ご入力内容に誤りがないことを確認し、『設定する』ボタンをクリックしてください。

Image

 

5-2.申請完了画面が表示され、DNSレコードの編集・削除は完了です。

お名前.com会員の連絡先メールアドレス宛にメールが送付されますので、併せてご確認ください。

 

------------------------------------------------------------------------------------------

DNSレコード設定情報全削除(NSレコード含む)

DNSレコード設定の情報を全て削除したい場合のお手続きとなります。
削除が完了となりました後、設定を元に戻すことはできませんのでご注意ください。

https://www.onamae.com/navi/domain.html
1.上記URL、ドメインNaviに「お名前ID」「パスワード」でログインします。
2.「ドメイン設定」のタブをクリック
3.「DNS関連機能の設定」をクリック
4.画面下部にある「DNS追加オプションのご解約、ゾーン削除のお手続きはこちら」をクリック
5.「DNSレコード設定のゾーン削除」にチェックし、「次へ進む」をクリック
6.削除対象ドメイン名にチェックを入れ「確認画面へ進む」をクリック。
7.お申し込み内容が表示されますので『規約に同意し、上記内容を申し込む』をクリック

※再度設定をご希望の場合には、あらためてDNSレコード設定の設定が必要となります。

ドメイン取るならお名前.com

ページトップへ