メニューを閉じる

お名前.com Navi ガイド

ネームサーバー/DNSについて

DNS関連機能の設定:DNSレコード設定

DNSレコードをお名前.com提供のDNSサーバーを用いて設定することができる機能です。
ご利用の際は事前にこちらをご確認ください。

・共用サーバー SD/GS/EX、プレミアサーバー Windowsプラン、シングルサービス及び、
 セカンダリDNSとの併用はできませんのでご了承ください。

・日本語ドメインは、A / AAAA / CNAME レコードのみご利用いただくことが可能です。
 ダイナミックDNSについても、DNSレコード設定にてレコード情報の編集が可能です。

 

 

■新規作成

1.こちらからログインを行います。

お名前.com Navi ログイン画面

 

2.画面上部の『ネームサーバーの設定』へマウスを合わせると関連メニューが開きますので、
その中から『ドメインのDNS設定』をクリックします。

ネームサーバーの設定タブ

※表示される画面が異なる場合はこちらをクリック

 

『ドメインのDNS設定』へ移動しようとした際に、
「更新手続きをお忘れではございませんか?」という画面が表示される場合は
「更新画面から移動する」をクリックしてください。

更新手続きお忘れ防止画面

 

3.対象のドメイン名を選択し、『次へ』をクリックします。

ドメイン一覧

 

4.「DNSレコード設定を利用する」の『設定する』をクリックします。

DNSレコード設定

 

5.入力画面が表示されます。各情報を入力し、『追加』ボタンをクリックします。

DNSレコード設定情報入力画面

 

項目 入力例
ホスト名 ホスト名(xxx.domain.comの場合はxxxのみ)を入力します。
A/AAAA/MX/TXT/SRVレコードの場合:空白で設定可能です。
A/AAAA/CNAMEレコードの場合:ワイルドカード(*)で設定可能です。
www
*
TYPE レコード種別を
A/AAAA/CNAME/MX/NS/TXT/SRV/DS/CAA
から選択します。
A
TTL レコード情報の有効時間を
60-86400の間の秒数で入力します。
86400
VALUE(TARGET) Aレコード/AAAAはIPアドレスを入力します。
CNAME/MX/NS/SRVレコードはホスト名を入力します。
TXTレコードはテキストを入力します。

例として「~onamae.com」など記載しておりますが、
実際の値は利用するサービス(サーバー)によって異なります。
設定変更前に、必要な値をサーバー側にご確認ください。
A
レコード
123.123.12.34
AAAA
レコード
2001:0db8:0000:0000:1234:0000:0000:abcd
CNAME
レコード
www.onamae.com
MX
レコード
mail.onamae.com
NS
レコード
ns1.onamae.com
TXT
レコード
v=spf1 include:mail.onamae.com ~all
SRVレコード sipdir.online.lync.com
CAAレコード onamae.com
※認証局が指定している値など
MX優先 MXレコードを設定するときのみ優先順位を入力します。
(値が小さいほど優先度は高くなります。)
10
サービス名 必ず「_」アンダーバーを先頭にサービス名を入力します。
ワイルドカード(*)の設定も可能です。
_http
プロトコル _tcpなど必ず「_」アンダーバーを先頭にプロトコル名を入力します。 _tcp
PRIORITY 同一サービスに対して
複数のサーバーが指定されている場合、値が小さい方を優先します。
0~65535が指定可能です。
86400
WEIGHT 同一サービスに対して複数のサーバが指定されており、
それぞれのPRIORITYフィールドに同じ値が指定されている場合は、
WEIGHT値で負荷分散を実現します。
0~65535が指定でき、0の場合は負荷分散を行いません。
86400
PORT サービスのポート番号を入力します。
0~65535が指定可能です。
86400
FLAGS クリティカルフラグを設定する場合は値に128を指定します。
それ以外の場合は値に0(ゼロ)を指定します。
0
TAG 指定するタグにより、
ホスト名に対し発行が行える認証局を設定します。
issue
状態 対象レコードの有効・無効設定が可能です。 -
追加 対象のレコードを追加します。 -
ネームサーバー
変更
チェック印をつけると
レンタルDNSレコード設定完了と同時にネームサーバーを変更します。
-

※各レコードの意味についてはFAQページをご確認ください。

 

また、サイト・ブログ作成など、各種サービスのご利用に必要なDNSレコードを簡単に設定できる機能もあります。

「ツール」「ブログ」「サイト作成」からタブを選択し、利用するサービスの『設定する』をクリックします。
該当のサービスに必要なレコード情報が自動入力されますので、ご確認のうえ、『追加』ボタンをクリックします。
※「Google Workspace」「Seesaaブログ」は『ページを開く』ボタンをクリックし、
 外部サイトにて設定情報をご確認のうえ、お客様にてホスト情報をご入力ください。

ツール ブログ サイト作成
Google Workspace Tumbler ペライチ
Strikingly
SeeSaaブログ BASE
Bitly フォームメーラー
Livedoorブログ STUDIO

 

※画像は「サイト作成」タブ選択時
著名サービスDNSレコード情報入力画面

 

6.追加ボタンをクリックすると、登録済レコードに入力した情報が表示されます。
内容をご確認のうえ『確認画面へ進む』ボタンをクリックしてください。
※ネームサーバーを同時に変更する場合は、チェックをつけてください。

DNSレコード設定情報入力画面

 

7.確認画面が表示されます。
ご入力内容に誤りがないことをご確認のうえ、『設定する』ボタンをクリックしてください。

DNSレコード設定確認画面

 

8.完了画面が表示されましたら、DNSレコードの新規追加は完了です。

お名前.com会員の連絡先メールアドレス宛にメールが送付されますので、併せてご確認ください。

 

 

■編集・削除する

1.こちらからログインを行います。

お名前.com Navi ログイン画面

 

2.画面上部の『ネームサーバーの設定』へマウスを合わせると関連メニューが開きますので、
その中から『ドメインのDNS設定』をクリックします。

ネームサーバーの設定タブ

※表示される画面が異なる場合はこちらをクリック

 

『ドメインのDNS設定』へ移動しようとした際に、
「更新手続きをお忘れではございませんか?」という画面が表示される場合は
「更新画面から移動する」をクリックしてください。

更新手続きお忘れ防止画面

 

3.対象のドメイン名にチェックをし、『次へ』をクリックします。

ドメイン一覧

 

4.「DNSレコード設定を利用する」の『設定する』をクリックします。

DNSレコード設定

 

5.修正する場合は登録済みレコードの内容を変更し、削除する場合は削除チェックボックスをクリックし、
『確認画面へ進む』をクリックします。

DNSレコード編集

 

6.確認画面が表示されます。
ご入力内容に誤りがないことをご確認のうえ、『設定する』ボタンをクリックしてください。

DNSレコード設定確認画面

 

7.申請完了画面が表示され、DNSレコードの編集・削除は完了です。
お名前.com会員の連絡先メールアドレス宛にメールが送付されますので、併せてご確認ください。

 

 

■DNSレコード設定情報全削除(NSレコード含む)

DNSレコード設定の情報を全て削除したい場合のお手続きとなります。
削除が完了となりました後、設定を元に戻すことはできませんのでご注意ください。

 

1.こちらからログインを行います。

お名前.com Navi ログイン画面

 

2.画面上部の『ネームサーバーの設定』へマウスを合わせると関連メニューが開きますので、
その中から『ドメインのDNS設定』をクリックします。

ネームサーバーの設定タブ

※表示される画面が異なる場合はこちらをクリック

 

『ドメインのDNS設定』へ移動しようとした際に、
「更新手続きをお忘れではございませんか?」という画面が表示される場合は
「更新画面から移動する」をクリックしてください。

更新手続きお忘れ防止画面

 

3.画面下部にある『DNS追加オプションのご解約、ゾーン削除のお手続きはこちら』をクリックします。

DNSレコード全削除

 

4.「DNSレコード設定のゾーン削除」にチェックし、『次へ進む』をクリックします。

DNSレコード設定のゾーン削除

 

5.ゾーン削除対象のドメイン名にチェックを入れ『確認画面へ進む』をクリックします。

ドメイン選択

 

6.お申し込み内容が表示されますので、内容をご確認のうえ
『規約に同意し、上記内容を申し込む』をクリックしてください。
※再度設定をご希望の場合には、あらためてDNSレコード設定の設定が必要となります。

DNSゾーン削除確認画面

 

 

 


○旧管理画面が表示されている場合

新規作成
編集・削除する
DNSレコード設定情報全削除(NSレコード含む)

 

■新規作成

1.『ドメイン設定』メニューから『DNS関連機能の設定』をクリックします。

DNS関連機能の設定

 

ログイン時、ドメインの更新画面が表示される場合は
画面上部の『ドメイン設定』をクリックして更新画面から移動してください。
その際、ポップアップが表示されますが、ご利用のブラウザにより
ポップアップの文言が異なる場合がございます。

<参考>

■Chromeの場合
1.「ドメイン設定」タブをクリックする
2.ポップアップがでてきます。「このページを離れる」をクリックしてください。

Chromeの場合のポップアップ

 

■Internet Explorerの場合
1.「ドメイン設定」タブをクリックする
2.ポップアップがでてきます。「このページから移動」をクリックしてください。

Internet Explorerの場合のポップアップ

 

2.対象のドメイン名にチェックをし、『次へ進む』をクリックします。

ドメイン一覧

 

3.「DNSレコード設定を利用する」の『設定する』をクリックします。

DNSレコード設定を利用する

 

4.入力画面が表示されます。各情報を入力し、『追加』ボタンをクリックしてください。

DNSレコード設定情報入力画面

 

項目 入力例
ホスト名 ホスト名(xxx.domain.comの場合はxxxのみ)を入力します。
A/AAAA/MX/TXT/SRVレコードの場合:空白で設定可能です。
A/AAAA/CNAMEレコードの場合:ワイルドカード(*)で設定可能です。
www
*
TYPE レコード種別を
A/AAAA/CNAME/MX/NS/TXT/SRV/DS/CAA
から選択します。
A
TTL レコード情報の有効時間を
60-86400の間の秒数で入力します。
86400
VALUE(TARGET) Aレコード/AAAAはIPアドレスを入力します。
CNAME/MX/NS/SRVレコードはホスト名を入力します。
TXTレコードはテキストを入力します。

例として「~onamae.com」など記載しておりますが、
実際の値は利用するサービス(サーバー)によって異なります。
設定変更前に、必要な値をサーバー側にご確認ください。
A
レコード
123.123.12.34
AAAA
レコード
2001:0db8:0000:0000:1234:0000:0000:abcd
CNAME
レコード
www.onamae.com
MX
レコード
mail.onamae.com
NS
レコード
ns1.onamae.com
TXT
レコード
v=spf1 include:mail.onamae.com ~all
SRVレコード sipdir.online.lync.com
CAAレコード onamae.com
※認証局が指定している値など
MX優先 MXレコードを設定するときのみ優先順位を入力します。
(値が小さいほど優先度は高くなります。)
10
サービス名 必ず「_」アンダーバーを先頭にサービス名を入力します。
ワイルドカード(*)の設定も可能です。
_http
プロトコル _tcpなど必ず「_」アンダーバーを先頭にプロトコル名を入力します。 _tcp
PRIORITY 同一サービスに対して
複数のサーバーが指定されている場合、値が小さい方を優先します。
0~65535が指定可能です。
86400
WEIGHT 同一サービスに対して複数のサーバが指定されており、
それぞれのPRIORITYフィールドに同じ値が指定されている場合は、
WEIGHT値で負荷分散を実現します。
0~65535が指定でき、0の場合は負荷分散を行いません。
86400
PORT サービスのポート番号を入力します。
0~65535が指定可能です。
86400
FLAGS クリティカルフラグを設定する場合は値に128を指定します。
それ以外の場合は値に0(ゼロ)を指定します。
0
TAG 指定するタグにより、
ホスト名に対し発行が行える認証局を設定します。
issue
状態 対象レコードの有効・無効設定が可能です。 -
追加 対象のレコードを追加します。 -
ネームサーバー
変更
チェック印をつけると
レンタルDNSレコード設定完了と同時にネームサーバーを変更します。
-

※各レコードの意味についてはFAQページをご確認ください。

 

5.追加ボタンをクリックすると、登録済レコードに入力した情報が表示されます。
内容をご確認のうえ『確認画面へ進む』ボタンをクリックしてください。
※ネームサーバーを同時に変更する場合は、チェック印をつけてください。

DNSレコード設定情報入力画面

 

6.確認画面が表示されます。
ご入力内容に誤りがないことをご確認のうえ、『設定する』ボタンをクリックしてください。

DNSレコード設定確認画面

 

7.完了画面が表示され、DNSレコードの新規追加は完了です。

お名前.com会員の連絡先メールアドレス宛にメールが送付されますので、併せてご確認ください。

 

 

■編集・削除する

1.修正する場合は登録済みレコードの内容を変更し、削除する場合は削除チェックボックスをクリックします。

DNSレコード情報修正

 

2.確認画面が表示されます。
ご入力内容に誤りがないことをご確認のうえ、『設定する』ボタンをクリックしてください。

DNSレコード設定確認画面

 

3.申請完了画面が表示され、DNSレコードの編集・削除は完了です。
お名前.com会員の連絡先メールアドレス宛にメールが送付されますので、併せてご確認ください。

 

 

■DNSレコード設定情報全削除(NSレコード含む)

DNSレコード設定の情報を全て削除したい場合のお手続きとなります。
削除が完了となりました後、設定を元に戻すことはできませんのでご注意ください。

 

1.「ドメイン設定」のタブをクリックします。

2.「DNS関連機能の設定」をクリックします。

3.画面下部にある「DNS追加オプションのご解約、ゾーン削除のお手続きはこちら」をクリックします。

4.「DNSレコード設定のゾーン削除」にチェックし、「次へ進む」をクリックします。

5.削除対象ドメイン名にチェックを入れ「確認画面へ進む」をクリックします。

6.お申し込み内容が表示されますので『規約に同意し、上記内容を申し込む』をクリックしてください。
 ※再度設定をご希望の場合には、あらためてDNSレコード設定の設定が必要となります。