ドメインを考えてもらう

分野を選択

分野

含めたい文字列を入力

文字列を含む

例)

flower/lemon/ai/legal/financial

ドメインとるならお名前.com

登録実績3,300万件突破!
国内シェアNo.1の格安ドメイン登録サービス

メニューを閉じる

ドメインとは?メリット・種類・決め方をかんたんに解説

初心者向けにドメインの仕組み、ドメインの種類、ドメイン名の決め方などについてわかりやすく解説します。

Facebookシェア LINEシェア はてなブックマークシェア

※2024年1月自社調査。調査方法はこちら

ドメインはインターネット上の住所

ドメインとは?を図でわかりやすく説明

ドメインとは、一言で言うと「インターネット上の住所」のことで、Webサイトがどこにあるかを判別する情報として利用され、ブログやサイトのURLやメールアドレスを構成する要素の一つです。 企業のホームページや個人のブログサイトなどはインターネット上の「家」で、そのドメインが「住所」であるといったイメージをすると、よりわかりやすいかもしれません。

ドメインは、インターネットの住所である「IPアドレス」を文字列に変換したものです。 IPアドレスとは「000.00.000.0」といった数字の羅列で表されるもので、それを人間にとっても理解しやすい文字列にしたものが「ドメイン」です。

ドメインは、WebサイトのURLの一部として使用されます。例えば、当メディアのURL「https://www.onamae.com/」を例とすると、ドメインに該当するのは「onamae.com」の部分になります。

また、ドメインはメールアドレスの「@(アットマーク)」より右側の部分も意味します。「@」の左側にあるユーザー名を含めた文字列すべてがメールアドレスになります。

ITにおけるドメインとは、上記の通りネットワーク上の識別名として機能し、DNSはIPアドレスを人間が理解しやすいドメイン名に変換します。また、ドメインはTCP/IPネットワーク上の場所や機器を特定する名前として使われます。

ドメイン名とは

ドメイン名はインターネット上の住所のようなもの

ドメインはIPアドレスを人にとってわかりやすくした住所のようなもの、と説明しました。
Webサイトを閲覧するためにはURLが必要ですが、例えばこのURLが
「https://www.onamae.com/」であればドメイン名は
「onamae.com」です。

また、ドメインはメールアドレスにも使用でき、
[email protected]
といった形で設定が可能です。
この場合もドメイン名は
「onamae.com」の部分になります。

ドメイン名の構造とは

ドメイン名は、主に4つのレベルから構成されています

ドメイン名は、重複しないように一意に発行・管理されています。
通常はアルファベット、数字、そして一部の記号で構成されており、日本語など各国の言語や文字を使用した国際化ドメイン名も利用できるようになりました。
ドメイン名は、主に4つのレベルから構成されています。これを例えるなら、私たちの住所の都道府県、市町村、地名、番地に相当します。

トップレベルドメイン(TLD) 例えば ".com" や ".jp" など、分野別で世界中の誰でも登録できるドメイン部分です。
第2レベルドメイン 用途を表します。一般的には企業名や組織名が使用されます。
第3レベルドメイン より具体的な識別子として用いられ自由に決定可能です。
日本語を含めることが可能です。
第4レベルドメイン こちらも自由に決定可能です。
サブドメインと呼ばれ、特定のウェブページやサービスを識別するために用いられます。

トップレベルドメインは、種類によっては一定の審査が必要なものもあります。例えば "co.jp" や "ac.jp" などです。しかし基本的には、最初に申請した者がドメイン名を取得できます。

ドメインはどこからどこまで?

メールアドレスでは [[email protected]] のような形式が一般的で、「@」の後ろの部分ある「onamae.com」がドメイン名になります。

また、Webサイトのアドレスでは、https://www.onamae.com/ のような形式で、「onamae.com」がドメイン名として認識されます。

ブログやWebサイトを
作成したい方

レンタルサーバーとドメインを一緒にお申込みする”嬉しいポイント”

  • 対象ドメイン 永久無料
  • &
  • サーバー
    2ヶ月無料
  • 特典内容は異なることがございます。

まずは検索!ドメインは早い者勝ち

  • ドメインを検索
  • NEW!ドメインを
    考えてもらう

独自ドメインとサブドメインの違い

独自ドメインとサブドメインの違い具体例

「独自ドメイン」「サブドメイン」の意味と違いについて説明していきます。

「独自ドメイン」とは、お名前.comのようなドメイン取得サービスで取得できる【世界に一つしかないオリジナルのドメイン】のことで、法人・個人に関わらず、自分で好きな文字列を指定して取得できます。
「サブドメイン」とは、独自ドメインを管理する上で用途によって区切るためのドメインのことをいいます。
例えば、サブドメインを利用すれば、派生的に別のコンテンツを作成するなどの便利な使い方ができます。

独自ドメインを取得するメリット

  • 信頼性が上がる

    独自ドメインを設定することで、サイトの信頼性を上げることができます。

  • 短いURLが作れる

    自由に文字列を組めるため、URLを短くすることもできます。

  • SEOに強い

    独自ドメインは他のサイトの影響を受けないので、SEOに強いです。

ドメインの種類

ドメイン名の「.」で区切られた一番右側をトップレベルドメイン(TLD)と呼びます。大きく分けて、用途・分野別のgTLD(generic TLD)と国や地域を表すccTLD(country code TLD)の2つ。gTLDは2012年以降に新たに創られたドメインを新gTLDといい、特定の意味を持つものが多いことが特徴です。

1.gTLD(分野別トップレベルドメイン)

.comや.netなど用途や分野別に世界中の誰でも自由に登録できるドメインです。

ドメイン 用途・特徴
.com 商用サービスや企業向けのドメイン
.net ネットワークに関するサービス向けのドメイン
.biz ビジネスや企業向けのドメイン
.info 情報発信・口コミ向けのドメイン
.org 組織や非営利団体向けのドメイン

2.新gTLD(新ドメイン)

gTLDのうち、2012年以降に新たに創られたドメインを新gTLDといいます。後発のドメインのため、.comや.netなどでは取得困難な文字列も登録できる可能性があります。

ドメイン 用途・特徴
.site Webサイト全般に合うドメイン
.blog ブログを意味するドメイン
.cloud クラウドを意味するドメイン
.app アプリケーションやゲーム向けのドメイン

3.ccTLD(国コードトップレベルドメイン)

国や地域に割り当てられているドメインで、登録するには特定の地域に居住する個人や団体でなければならない場合もあります。一部のccTLDはgTLD同様に登録要件などはなくどなたでも取得することが可能です。

ドメイン 用途・特徴
.jp 日本を意味するドメイン
.us アメリカを意味するドメイン
.id インドネシアを意味するドメイン
.tv ツバルを意味するドメイン
.co コロンビアを意味するドメイン

4.属性型jp

.co.jp(企業)や.ac.jp(大学等)など組織ごとに分けられたドメインのこと。登録要件があり、さらに1組織が登録できる数は1種類のみです。

登録要件が厳格なためユーザーの安心感と信頼を得やすいので、企業や各種団体の公式ホームページとして利用されることが多いです。

ドメイン 用途・特徴
.co.jp 日本国内で登記を行っている会社向けのドメイン
.or.jp 財団法人・社団法人・特殊法人向けのドメイン
.ac.jp 高等教育機関および学校法人向けのドメイン
.go.jp 日本の政府機関や各省庁所管の
研究所向けのドメイン
.ne.jp 日本国内のサービス提供者による
ネットワークサービス向けのドメイン

まずは検索!ドメインは早い者勝ち

  • ドメインを検索
  • NEW!ドメインを
    考えてもらう

ドメイン名の決め方

ドメイン名を決める上で最も重要なのは、ユーザーがわかりやすく、覚えやすいものを選ぶことです。
以下のポイントを意識しながらドメイン名を決めましょう。

主なポイントは以下の3つです。

  • 一目でわかりやすい文字列にする
  • ブランド名・企業名・商品名を使う
  • 用途を伝える新ドメインを使う

▼一目でわかりやすい文字列にする

シンプルで短めなドメインを意識してみてください。
サイトやブログを見るユーザーからスムーズに覚えてもらえるよう、わかりやすくコンテンツの内容と結びつくようなものを使用するとよいでしょう。

単語の間に「-(ハイフン)」などを入れるのもおすすめです。

▼ブランド名・企業名・商品名を使う

ご自身の社名や提供するサービス、商品名を使って作成してみましょう。
ドメイン名とブランドサービスを関連付けることで、ユーザー認知を高めるといった効果が期待できます。

ドメインと社名が同じであれば、安心感や信頼性にもつながります。

▼用途を伝える新ドメインを使う

ドメインには種類があるとお伝えしました。
それぞれにしっかりと意味や意図があるため、それを利用してベストなドメイン名を決めましょう。

例えば、旅行関連のサイトやブログを作成するなら「.travel」など、瞬時に「これに関連するページなのだな」とわかるようにすることをおすすめします。

詳しくはこちら

ドメインの種類一覧

まずは検索!ドメインは早い者勝ち

  • ドメインを検索
  • NEW!ドメインを
    考えてもらう

サーバーとは?

ドメインとはインターネット上の住所のようなものですので、ホームページやブログサイトの「家」を建てるには「土地」が必要になります。その「土地」の役割をするのが「サーバー」であるというイメージを持っていたただければ、わかりやすいかと思います。
そのためホームぺージやブログを作成するには、ドメインとサーバーが必要になります。

ホームページやブログを作成する

ホームページを作りたい方におすすめなのが、ドメインとレンタルサーバーのセットプランです。

お名前.comで提供しているレンタルサーバーは、Web表示が超高速で、容量はオールSSDの200GB。
新設で使いやすい操作画面と丁寧なガイドを完備しています。
使いやすさと高機能を両立したレンタルサーバーです。

また、ドメイン登録と同時にレンタルサーバーをお申込みいただくことでドメインの登録料金が無料になります。
人気の.com/.net/.jpなども無料対象のため、同時申し込みがおすすめです。

メールアドレスを作成する

お名前メール

メールアドレスは通常、利用しているサービス(例えばGmailなど)から提供されるため、それ専用のドメインが使われています。
しかし、独自ドメインを取得することでメールアドレスにもこの独自ドメインを設定し、世界に一つだけのオリジナルメールアドレスを作成することが可能になります。

お名前.comではドメイン取得とともに、オリジナルのメールアドレスを作成できるサービス「お名前メール」をご用意しております。

お名前.comとは?

ドメインポータルサイト「お名前.com」は、GMOインターネットグループ株式会社が運営する、国内最大級のドメイン公式登録サービスです。.com .net .jpドメインなど、620種類以上のドメイン取得が可能で、ドメインを活用できるサービスもご用意しています。

ドメインは、登録するだけではなくその後の運営が肝心です。お名前.comには、ドメイン知識と蓄積してきたノウハウがあります。「ドメインって何?」というお客様にも安心してご利用いただけるよう、年中無休で電話・メールでのサポートを行っています。また、お客様からいただく質問は「よくある質問」として、Webサイトで公開しています。

あなたも、日本国内や世界で有名な企業も多数利用しているお名前.comで、安心のドメイン登録・ドメイン管理をはじめませんか?

まずは検索!ドメインは早い者勝ち

  • ドメインを検索
  • NEW!ドメインを
    考えてもらう
  • ※表示価格は、全て税込です。
  • ※サービス品質維持のため、一時的に対象となる料金へ一定割合の「サービス維持調整費」を加算させていただきます。
  • ※1 「国内シェア」は、ICANN(インターネットのドメイン名などの資源を管理する非営利団体)の公表数値をもとに集計。gTLDが集計の対象。
    日本のドメイン登録業者(レジストラ)(「ICANNがレジストラとして認定した企業」一覧(InterNIC提供)内に「Japan」の記載があるもの)を対象。
    レジストラ「GMO Internet Group, Inc. d/b/a Onamae.com」のシェア値を集計。
    2024年1月時点の調査。