ドメインとるならお名前.com

登録実績2,000万件突破!国内シェアNo.1のドメイン登録サービス

集客を左右するドメイン名

お店のドメイン&サイト名をもう一度見直そう!

※2019年3月自社調査。調査方法はこちら

ドメイン名・サイト名は
こんなとき集客を左右する

検索エンジン経由の集客が無視できない現在、ドメイン名やサイト名には、何より「わかりやすさ」が求められます。

「ドメインを正確に入力すればアクセスできないはずはない」
「サイト名で検索されたら1位に来るはず」
たしかにそのとおりです。ただ、下記のケースではどうでしょう。

口コミやメディアでショップの存在を知る→記憶に残っている情報でショップを検索する

集客で無視できない口コミやメディアの効果を十分に生かすには、いかに記憶に残りやすく、入力ミスしにくいものが重要になるか、わかっていただけるでしょうか。

口コミやメディアでショップの存在を知った人は、不安感や抵抗感も少なく、購入意欲も高いもの。その人たちが「あなたのショップ」を探しているのです。すぐに見つけられないのは致命的。たとえ入力ミスや探し方が悪いのだとしても、「たいした店じゃないな」と思われてしまうかもしれないのです。

もちろんドメインやサイト名は店の看板ですから、オーナーのこだわりが反映されて当然。ただ、次のページで紹介するような注意やコツを理解しておくと、より“有効”な看板になってくれるのです。

ケース その1

  1. 1新聞や雑誌に自分のショップが紹介された!

    新聞や雑誌の取材を受け、ショップやあつかっている商品の記事が掲載されたとする。

    もちろんサイト名やドメインも記事にあわせて紹介される。

    新聞や雑誌でショップが紹介された場合
  2. 2興味をもった人は、「覚えやすい」ほうで探す。

    その店や商品に興味をもったアクセスしたい人は、基本的に覚えやすい情報で探す。

    (1)サイト名・商品名が覚えやすい

    →キーワードで検索する

    (2)ドメイン名が覚えやすい

    →URLを直接入力

    興味を持った人は覚えやすい情報で探す
  3. 31位表示されていないと販売チャンスの損失に。

    (2)なら、お客さんが打ち間違えないかぎり来店できるが、(1)の場合は商品名・サイト名で検索されて1位に表示されていないと、お客様はサイトを新たに「探しなおす」可能性があり、販売チャンスを逃す可能性大。

ケース その2

  1. 1テレビで紹介、ないし人づてに紹介される。

    テレビや友人などからショップの情報を得る場合は、基本的に目で見たり、耳で聞いた情報でアクセスしなければならない。

    テレビや友人などからショップの情報を聞いた場合
  2. 2記憶に残っている情報で検索する。

    雑誌と違い確認できないので、パソコンに向かったとき耳にした記憶を頼りにサイト名・商品名・URLで検索することになる。
    覚えやすければ間違える可能性は低くなるが、英文字とカタカナなど入力する文字による“ズレ”は発生しやすい。

    記憶に残った情報で検索する
  3. 3最初の検索で見つからないと、再検索してくれる可能性は低くなる

    こちらも検索結果の1位に表示されないと、販売チャンスを逃してしまう。仮にお客さんの打ち間違いだとしても、「どうしてもそのショップにアクセスしたい」という意思がないならば「検索し直す」可能性は低い。

  • このページは、【インターネットでお店やろうよ!2005年 ネットショップの新常識】に掲載された内容をもとに構成しています
  • ※ 「国内シェア」は、ICANN(インターネットのドメイン名などの資源を管理する非営利団体)の公表数値をもとに集計。gTLDが集計の対象。
  • ※ 日本のドメイン登録業者(レジストラ)(「ICANNがレジストラとして認定した企業」一覧(InterNIC提供)内に「Japan」の記載があるもの)を対象。
  • ※ レジストラ「GMO Internet, Inc. d/b/a Onamae.com」のシェア値を集計。
  • ※ 2019年3月時点の調査。