ドメインとるならお名前.com

ドメインの登録/移管/更新

これからドメインを取得される方
ドメインを登録する
新ドメインを登録する
ドメイン探しでお困りの方
他社で取得されたドメインのお引越し
ドメインの管理を移す
ドメインの期限を更新する
ドメインを更新する
お店・ECサイトのドメイン取得
.shopドメイン
登録者情報変更/ドメインの譲渡etc
登録情報変更
.com/.net/.jp550種類以上
ドメインの種類
ドメインの登録/更新/移管料金など
料金一覧
優良中古ドメインのオークション
.jpドメインオークション
.com/.netドメインオークション
優良中古ドメインの予約サービス
.jpドメインバックオーダー
.com/.netドメインバックオーダー

国内最大級の導入実績!高品質レンタルサーバー

レンタルサーバー 人気NO.1

必要な機能は全て標準装備
独自ドメイン+サーバーが1円で始められる
レンタルサーバー

VPS

Linuxの運用に最適な仮想化環境を用意。
VPS

ホームページ作成

誰でも簡単にホームページが作れる
SD-31プラン

メール配信システム

月790円〜で配信し放題 販売促進やリピーター獲得に!
メールマーケティング

Office 365

ビジネスでも個人でも!常に最新のOfficeが使える
Office 365
電子メールサービスだけを使いたい方に最適
Exchange Online

ネットショップ開業

.shopを使ってネットショップ始めるなら
MakeShop

※ 弊社が独自で調査したホスティングシェアの数字を基にしています

ドメインオプション

ドメイン登録者宛のメール転送も可能に
Whois情報公開代行
管理画面内での操作制限を可能に
ドメインプロテクション
メールアドレスを作成
お名前メール
お持ちのドメインを売るなら
ドメイン売買サービス
ドメインでお小遣い稼ぎ
ドメインパーキング
メール/URL転送
お名前.com転送Plus
10万枚以上の電子証明書発行実績
SSLサーバー証明書
レンタルDNS/セカンダリDNS
DNS管理サービス
ブランド戦略支援
商標登録サービス

ブロードバンド接続オプション

光・ADSL高速インターネット
ブロードバンド接続
高速モバイル定額接続サービス
高速モバイル
サーバー構築・VPN・WEBカメラなどに
固定IP接続サービス
接続サービス料金/お支払い方法
接続サービス料金一覧

ドメイン販売パートナー

自由にカスタマイズして提供可能
アドバンスト(本格運営型)
管理件数が多いパートナー様向け
ベーシック(管理代行型)

上記パートナープログラム比較紹介

ドメインプロテクトパートナー

各国のドメインを自社名義でお持ちの法人向け
プロテクト(自社管理型)

アフィリエイト

バナー広告などの掲載でお手軽に始められます
アフィリエイト(成果報酬型)

ドメインに関するご不明点を解消します

よくある質問とその回答
よくある質問
ドメイン設定のご案内
ドメインNaviご利用ガイド
サーバー設定のご案内
設定ガイド一覧
共用サーバー 初めての設定ガイド
共用サーバーSD活用ガイド
Weebly活用ガイド
メンテナンスと障害情報のお知らせ
メンテナンス・障害情報

すでに決めている人も、これからの人も検索エンジン経由の集客を効果的にするためにお店のドメイン&サイト名をもう一度見直そう!:お店の名前は文字どおり、そのショップサイトの“看板”、オーナーのこだわりの見せどころです。でも、ちょっとお待ちあれ。いまやインターネットは検索エンジン抜きでは考えられません。こだわりだけでなく、ドメインやサイト名にも、こんなエッセンスを加味してみては?集客効果が変わってくること間違いなしですよ!


ドメイン名・サイト名はこんなとき集客を左右する

検索エンジン経由の集客が無視できない現在、ドメイン名やサイト名には、何より「わかりやすさ」が求められます。

「ドメインを正確に入力すればアクセスできないはずはない」
「サイト名で検索されたら1位に来るはず」
たしかにそのとおりです。ただ、下記のケースではどうでしょう。
集客で無視できない口コミやメディアの効果を十分に生かすには、いかに記憶に残りやすく、入力ミスしにくいものが重要になるか、わかっていただけるでしょうか。

口コミやメディアでショップの存在を知った人は、不安感や抵抗感も少なく、購入意欲も高いもの。その人たちが「あなたのショップ」を探しているのです。すぐに見つけられないのは致命的。たとえ入力ミスや探し方が悪いのだとしても、「たいした店じゃないな」と思われてしまうかもしれないのです。

もちろんドメインやサイト名は店の看板ですから、オーナーのこだわりが反映されて当然。ただ、次のページで紹介するような注意やコツを理解しておくと、より“有効”な看板になってくれるのです。

ケース その1

  • 新聞や雑誌に自分のショップが紹介された!

    新聞や雑誌の取材を受け、ショップやあつかっている商品の記事が掲載されたとする。もちろんサイト名やドメインも記事にあわせて紹介される。

  • 興味をもった人は、
    「覚えやすい」ほうで探す。

    その店や商品に興味をもったアクセスしたい人は、基本的に覚えやすい情報で探す。
    (1)サイト名・商品名が覚えやすい
    →キーワードで検索する
    (2)ドメイン名が覚えやすい
    →URLを直接入力

  • 1位表示されていないと販売チャンスの損失に。

    左記(2)なら、お客さんが打ち間違えないかぎり来店できるが、(1)の場合は商品名・サイト名で検索されて1位に表示されていないと、お客様はサイトを新たに「探しなおす」可能性があり、販売チャンスを逃す可能性大。

ケース その2

  • テレビで紹介、ないし人づてに紹介される。

    テレビや友人などからショップの情報を得る場合は、基本的に目で見たり、耳で聞いた情報でアクセスしなければならない。

  • 記憶に残っている情報で検索する。

    雑誌と違い確認できないので、パソコンに向かったとき耳にした記憶を頼りにサイト名・商品名・URLで検索することになる。
    覚えやすければ間違える可能性は低くなるが、英文字とカタカナなど入力する文字による“ズレ”は発生しやすい。

  • 最初の検索で見つからないと、再検索してくれる可能性は低くなる

    こちらも検索結果の1位に表示されないと、販売チャンスを逃してしまう。仮にお客さんの打ち間違いだとしても、「どうしてもそのショップにアクセスしたい」という意思がないならば「検索し直す」可能性は低い。

このページは、【インターネットでお店やろうよ!2005年 ネットショップの新常識】に掲載された内容をもとに構成しています