ドメインとるならお名前.com

登録実績2,200万件突破!国内シェアNo.1のドメイン登録サービス

メニューを閉じる

お知らせ(2018年)

サービスに関するニュースをお届けします。

RSS

【お知らせ】 【重要】[お名前.com]ドメイン移管手続きの仕様変更について

この度、ドメインを管理する上位機関(レジストリ)の方針変更に伴い、お名前.comでの移管手続き方法を変更させてていただきます。


変更点詳細は以下の通りとなります。

 

変更日時

2018年6月4日(月)12:00


※仕様変更のスケジュールは前後する可能性、または変更になる可能性がございます。

 

お名前.comへの移管手続き時の変更点


【変更点 1】
変更前:お名前.comへのお申し込み後にメール承認が<必要>
変更後:お名前.comへのお申し込み後のメール承認が<不要>

○詳細
お名前.comへのお申し込みをいただいた後、ドメインの管理担当者情報(※)
に設定されているメールアドレス宛にお送りしていた承認依頼メールの配信がなくなります。

(※)汎用JPドメインの場合は公開連絡窓口情報、属性型JPドメインの場合は登録担当者情報

 

お名前.comへ移管手続きをお申し込みいただき、移管料金の確認が取れ次第、上位機関(レジストリ)への移管申請を行う手順となります。

 

なお、ドメイン移管手続きにAuthCodeが必要なドメインは、今後もお申し込み時にAuthCodeが必要となり、

内容が誤っていた場合、ドメイン移管手続きは失敗となります。

 

【変更点 2】
変更前:Whois情報は前管理業者で設定されている情報を引き継ぐ
変更後:Whois情報が非公開もしくは不完全だった場合、仮情報でドメイン移管が行われる

○詳細

上位機関側にてWhois情報が公開されていない場合もしくは不完全だった場合、お名前.comへの移管完了時に

Whois情報に仮情報が設定されます。

仮情報が設定されている場合、移管完了後に別途情報修正を行っていただく必要がございますので、必ず登録情報をご確認いただき、

必要に応じて情報修正を行ってくださいますようお願いいたします。

 

※仮情報のままドメイン運用を続けますと、上位機関からドメインの利用を制限される場合がございますためご注意ください。

 

・ドメインWhois情報変更

https://www.onamae.com/guide/details.php?g=2

※前管理業者にて設定されているWhois情報が取得できた場合は、今まで同様にWhois情報に設定されている内容が引き継がれてまいります。

 

お名前.comから他社様への移管手続き時の変更点

【変更点 】
変更前:JPドメイン以外のドメインは承認手続きが<不要>
変更後:JPドメイン以外のドメインも承認手続きが<必要>

 

○詳細

JPドメイン以外のドメインは、お名前.comから他社様へ移管される際の承認手続きが不要となっておりましたが、

仕様変更日以降は他社様への移管手続き時に承認手続きが必須となり、承認手続きを行わない場合、不承認として移管拒否となります。

他社様への移管手続き前に、現在登録されているWhois情報に有効な情報が設定されているかをご確認くださいますようお願いいたします。

 

なお、仕様変更前にドメイン移管のお申し込みをいただいており、既に承認依頼のメールが配信される段階まで進んでいる場合は、

仕様変更前の動作にて処理が進みます。

 

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けいたしますが、何とぞよろしくお願い申しあげます。

 

※上位機関の方針により、お名前.comでの運用方針が再度変更になる可能性もございますので、何とぞご理解賜りますようお願い申しあげます。


今後ともお名前.comをよろしくお願いいたします。

  • ※ 「国内シェア」は、ICANN(インターネットのドメイン名などの資源を管理する非営利団体)の公表数値をもとに集計。gTLDが集計の対象。
  • ※ 日本のドメイン登録業者(レジストラ)(「ICANNがレジストラとして認定した企業」一覧(InterNIC提供)内に「Japan」の記載があるもの)を対象。
  • ※ レジストラ「GMO Internet, Inc. d/b/a Onamae.com」のシェア値を集計。
  • ※ 2019年3月時点の調査。