ドメインとるならお名前.com

ドメインの登録/移管/更新

これからドメインを取得される方
ドメインを登録する
新ドメインを登録する
ドメイン探しでお困りの方
他社で取得されたドメインのお引越し
ドメインの管理を移す
ドメインの期限を更新する
ドメインを更新する
お店・ECサイトのドメイン取得
.shopドメイン
登録者情報変更/ドメインの譲渡etc
登録情報変更
.com/.net/.jp540種類以上
ドメインの種類
ドメインの登録/更新/移管料金など
料金一覧
欲しいドメインの取得待機サービス
バックオーダーサービス

国内最大級の導入実績!高品質レンタルサーバー

共用サーバー

人気No1! 必要な機能は全て標準装備
SD-11プラン
独自SSL標準搭載!ビジネス利用に最適
SD-12プラン
SEOに特化したWordPressテーマ
賢威パッケージプラン

VPS

Linuxの運用に最適な仮想化環境を用意。
VPS

メール

配信効果を追求したメルマガ配信スタンド
メールマーケティング

ホームページ作成

無料お試し付 誰でも簡単にホームページが作れる
SD-31プラン

Microsoft Office365

Officeだけを使いたい方におすすめ
Officeプラン
メールだけを使いたい方におすすめ
ビジネスメール

ネットショップ開業

.shopを使ってネットショップ始めるなら
MakeShop

※ 弊社が独自で調査したホスティングシェアの数字を基にしています

ドメインオプション

メールアドレスを作成
お名前メール
お持ちのドメインを売るなら
ドメイン売買サービス
ドメインでお小遣い稼ぎ
ドメインパーキング
メール/URL転送
お名前.com転送Plus
10万枚以上の電子証明書発行実績
SSLサーバー証明書
レンタルDNS/セカンダリDNS
DNS管理サービス
ブランド戦略支援
商標登録サービス

ブロードバンド接続オプション

光・ADSL高速インターネット
ブロードバンド接続
高速モバイル定額接続サービス
高速モバイル
サーバー構築・VPN・WEBカメラなどに
固定IP接続サービス
接続サービス料金/お支払い方法
接続サービス料金一覧

ドメイン販売パートナー

自由にカスタマイズして提供可能
アドバンスト(本格運営型)
管理件数が多いパートナー様向け
ベーシック(管理代行型)

上記パートナープログラム比較紹介

ドメインプロテクトパートナー

各国のドメインを自社名義でお持ちの法人向け
プロテクト(自社管理型)

アフィリエイト

バナー広告などの掲載でお手軽に始められます
アフィリエイト(成果報酬型)

ドメインから始めるWebブランディング

サイト戦略の第一歩は、キーワード×ドメイン×ブランディングから:いま、ネットの世界で「キーワード」ほど重視されているものはない。検索エンジンの隆盛で、集客の決め手がキーワード戦略にあるからだ。ここに、ブランド戦略が加われば、集めた顧客に対し、次なるアクションを喚起できる。そしてキーワードとブランド、2つの戦略を結ぶポイントになるのがドメインである



ブランディング視点から見たドメイン名登録の基本とコツ

ドメイン登録の際に気をつけたいのは、何より覚えやすいということです。
一般的には短い言葉ほど覚えやすいため、一語が望ましいといえますが、造語でもないかぎり、一語ではほとんど登録できないのが現状なので、ポイント2で述べたような手法を使って、覚えやすくブランディングしやすい組み合わせを考えるのがいいでしょう。

最近のおもしろい例として、東京メトロが「東京ドットネット」というサイトをオープンさせ、このドメイン名が「http://www.tokyoooooooo.net/」なのですが、「y」のあとの「o」の数はが2個から10個までなら同一サイトに誘導されるのです。つまり、9個のドメインを登録して運用しているわけですが、なかなかインパクトがあり、これならうろ覚えでもアクセスできます(路線数の8個「o」がつくのをメインにしている)。

要は言葉として耳に残りやすく、耳に残った言葉をそのまま綴ればよいならば、入力文字数が多くともOKといえるでしょう。また、綴りでいえばローマ字表記をさせる場合は「shi」「chi」など、ヘボン式を使うのが一般的なので、それ以外の綴りにするときは注意が必要です。
なお、メーカーなどで、自分たちの独自の技術や素材でドメインを登録する場合、そのドメインでどのようなサイト展開をするかを明確にしておくことが肝心です。

たとえば「ラスター□□」という技術を使って、独自の光沢をもった布「××クロス」を開発したとしましょう。衣料業界でシェア拡大を図るなら布名「××クロス」のブランディングを図るのがベター。しかし、光沢を出す技術で壁紙をつくるなど、他業種の新規顧客を開拓するなら、「ラスター□□」のほうがアピールしやすいかもしれません。
つまり、どこに向けてブランディングするのかを明確にしてはじめてそれに適したキーワードも生まれてくるのです。