ドメインとるならお名前.com

登録実績3,300万件突破!
国内シェアNo.1の格安ドメイン登録サービス

メニューを閉じる

そんぽ24損害保険 ハナコアラ『ウェブの家』

キャラクターのファンづくりに特化したサイトで、企業ブランドの認知を向上

※2024年2月自社調査。調査方法はこちら

そんぽ24損害保険 ハナコアラ『ウェブの家』

2004年10月、新社名「そんぽ24損害保険」のスタートとともに、「そんぽ24自動車保険」のキャラクター「ハナコアラ」が登場。テレビCMが開始すると、若い女性や子どもの間で瞬く間に人気者となった。同年12月からは、ハナコアラ専用のウェブサイト「ハナコアラ『ウェブの家』」がオープン、独特のハナコアラワールドを展開している。

ハナコアラ『ウェブの家』 キャラクターのプロフィールやテレビCMのダンスの振り付け、さらに壁紙、マウスポインターのダウンロードといった、ハナコアラファンのためのコンテンツが充実している。

企業サイトから切り離したファンのためのサイト

鼻が電話になるという意表をついた設定で、人気キャラクターの仲間入りをした「そんぽ24自動車保険」(そんぽ24損害保険)のオリジナルキャラクター「ハナコアラ」。専用のウェブサイト「ハナコアラ『ウェブの家』」では、キャラクターのプロフィールやテレビCMが見られるほか、「見直しダンス」の振り付けをマスターするためのコーナーがある。また、壁紙やペーパートイなどのダウンロードが可能で、ファンにとっては楽しみなコンテンツが充実している。 「ハナコアラ『ウェブの家』」は、企業サイトからは完全に独立し、純粋にキャラクターのブランディングサイトとして位置付けられている。商品ページへのリンクはトップページの一カ所のみで、商品やサービスの紹介は行わないという徹底ぶりだ。 「自動車保険の販売を行っているそんぽ24損害保険のサイトでハナコアラを紹介すると、どうしてもトーンが合わないという事情もありましたが、オリジナルドメインの方が、ハナコアラというキャラクターの世界観を世の中に浸透させやすかった。まずはハナコアラを好きになってもらい、ハナコアラ=そんぽ24の連想から会社も好きになってもらいたいと考え、このサイトをつくりました。従ってここでは、保険商品の情報は入れず、ハナコアラのファンの方たちに純粋に楽しんでもらえるコンテンツは何かということを大切にしています」と同社企画本部・小関有香氏は話す。

企画本部マネージャー 渥美直己氏(左) 企画本部 小関有香氏(中) 企画本部 在田正弘氏(右)

サイトでしか見られない情報で口コミ効果を狙う

キャラクターのブランディングサイトを運営するにあたり重要なことは、「ファンの方に何度も訪れてもらえるようなコンテンツを用意すること」と小関氏。ダンスの振り付けを載せているのも、練習のたびに何度もアクセスしてもらいたいという意図がある。また、「3匹にそれぞれ名前があることや、1匹だけワンテンポ遅れて踊っていることなど、テレビCMからだけでは分からないハナコアラ情報を掲載することで口コミ効果も狙っています」と話す。 サイト自体の告知はしていないが、CMの効果もあり、企業サイトに匹敵するほどのアクセスがあるという。「企業サイトへのトラフィックは重視していない」(企画本部・在田正弘氏)ものの、ファンからの感想メールなどは毎日途切れることがなく、当初の目的どおり確実にファンを増やしている。 今後の展開について小関氏は、「ファンの方の声を紹介したり、ファン同士が交流出来るようなコミュニティサイトに発展させていきたい」と抱負を話している。

  • ※表示価格は、全て税込です。
  • ※サービス品質維持のため、一時的に対象となる料金へ一定割合の「サービス維持調整費」を加算させていただきます。
  • ※1 「国内シェア」は、ICANN(インターネットのドメイン名などの資源を管理する非営利団体)の公表数値をもとに集計。gTLDが集計の対象。
    日本のドメイン登録業者(レジストラ)(「ICANNがレジストラとして認定した企業」一覧(InterNIC提供)内に「Japan」の記載があるもの)を対象。
    レジストラ「GMO Internet Group, Inc. d/b/a Onamae.com」のシェア値を集計。
    2024年2月時点の調査。