ドメインとるならお名前.com

登録実績2,000万件突破!国内シェアNo.1のドメイン登録サービス

希望のドメイン名が取得できないときの考え方

希望のドメイン名が取得できない場合の考え方を4つご紹介いたします。

※2019年3月自社調査。調査方法はこちら

集客を左右するポイント

別の言葉を加えてみる

希望のTLDがない場合は新ドメインで再建策がおすすめ

大前提、ドメインはTLD(トップレベルドメイン)によって、取得自体の難易度が異なります。

たとえば、[ .com ] や [ .jp ]は非常に競争率が高いですが、[ .work ] や [ .inc ]は比較的空いていることが多いため取得しやすくなっています。つまり、希望のTLDがなかった場合は諦めずに新ドメインで再検索してみることをおすすめします。

年々、新ドメインの種類も増えてきているため、Webサイトの目的に合ったTLDを選ぶことも可能になってきています。ぜひ希望の文字列と組み合わせて検索してみましょう。

ハイフンを追加する

希望のドメインが取得できない場合はハイフンを追加すると取得しやすくなる

文字列の途中に「ハイフン」( - )を追加することで希望の文字列に似たドメイン名を取得する方法もあります。

たとえば「aaa」が取得できない場合は、「a-a-a」と、間にハイフンを追加することで取得しやすくなります。

数字を追加する

文字列の途中に数字を加える方法のおすすめ

文字列の途中に数字を加える方法もおすすめです。たとえば「onamae」であれば、末尾に年号を加えて「onamae2019」としてみたり、アルファベットの「o」(オー)を「0」(ゼロ)に置き換えることで、「0namae」という、見かけ上そっくりな文字列にして代用したりと、組み合わせ方は豊富です。

単語を省略する

省略することで覚えやすくスペルミスも起こりにくいドメイン名になる

正式な単語をあえて省略することによって、固有名詞ではない「造語」を作ることができます。

これによって文字数が少なくなり、逆に覚えやすく、スペルミスも起こりにくいドメイン名にすることができます。

SEO対策や集客に効果的なドメイン名は競争率が高く、多くの場合、既に第三者が取得してしまっています。

そのような場合でも、諦めずに記述したような方法で再度、検索してみてください。希望に近いドメイン名が取得できるかもしれません。

まずは、第一希望のドメインを検索してみましょう!

  • このページは、【インターネットでお店やろうよ!2005年 ネットショップの新常識】に掲載された内容をもとに構成しています
  • ※ 「国内シェア」は、ICANN(インターネットのドメイン名などの資源を管理する非営利団体)の公表数値をもとに集計。gTLDが集計の対象。
  • ※ 日本のドメイン登録業者(レジストラ)(「ICANNがレジストラとして認定した企業」一覧(InterNIC提供)内に「Japan」の記載があるもの)を対象。
  • ※ レジストラ「GMO Internet, Inc. d/b/a Onamae.com」のシェア値を集計。
  • ※ 2019年3月時点の調査。